弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2011年 01月 ( 52 )   > この月の画像一覧

後期高齢者医療制度に代わる新高齢者医療の問題

b0206085_18224716.jpg

今日(1月2日)のお昼のNHKニュースで,「新高齢者医療 法案提出に曲折」と述べていました.

「厚生労働省は、後期高齢者医療制度を廃止し、新たな制度を実施するための法案をことしの通常国会に提出する方針ですが、民主党内や地方から、これに反対する意見が出ており、法案の提出までには、う余曲折が予想されます。

厚生労働省は、75歳以上を対象にした後期高齢者医療制度を廃止し、平成25年3月から新たな制度を導入する方針で、先月、75歳以上はサラリーマンに扶養されている人たちなどを除いて、自営業者らが加入する国民健康保険に入るとした最終案を取りまとめました。厚生労働省は、新たな制度を実施するための法案をことしの通常国会に提出する方針ですが、民主党内からは、案の中に70歳から74歳までの医療機関での窓口負担を引き上げる内容が盛り込まれていることに、高齢者の負担を増やすべきではないと反対する意見が出ています。また全国知事会も、制度の安定的な運営に必要な国費の拡充が不十分だと反対しています。厚生労働省は、今月地方側と協議を行い、理解を得たいとしていますが、法案の提出までには、う余曲折が予想されます。」

後期高齢者医療制度は,75歳以上の高齢者を別枠にして.公費5割,現役世代4割,75歳以上の高齢者1割という負担割合を定めた制度です.
政府は,後期高齢者医療制度を廃止し,新しい高齢者医療制度をつくろうとしていますが,これには,以下の問題があります.

後期高齢者医療制度は,75歳以上の高齢者を別枠にして,75歳以上の高齢者の負担と給付を関連付けようとするものです.新しい高齢者医療制度もそこは基本的に変わっていません.

新しい高齢者医療制度は,一言で言うと,国が負担する医療費を減らし,家計と地方自治体の負担を増やそうという内容です.
70~74歳までの負担は倍増となります.
75歳以上の低所得者の保険料軽減措置は段階的に縮小されます.
現役世代の1人当たり保険料は増加します.

さらに,2018年度から国保の都道府県単位化を掲げています.これが実現すると,都道府県が責任を負う(国は責任を負わない)ことになります.

新しい高齢者医療制度は,国が負担する医療費を減らすことはできますが,そのしわよせが家計と地方自治体にきます.
医療を受ける権利が実質的に侵害されるという事態になりかねません.
後期高齢者医療制度廃止は,民主党のマニフェストですが,廃止後の制度については,医療を受ける権利が侵害されることのないように,論議を尽くしていただきたいものです.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-02 18:23 | 医療

謹賀新年~みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます

b0206085_14473156.jpg
b0206085_14474441.jpg

元旦は鎌倉の建長寺にお墓参りに行きました.写真は,氷が張った建長寺の池です.

謹賀新年.
謹んで新春の寿ぎを申し上げます.

谷直樹法律事務所は,東京四谷にある,専門性の高い医療事件中心の法律事務所です.
谷直樹法律事務所は,個人事務所である強みを活かし,弁護士谷直樹がとくにシンパシーを感じ情熱を傾注できる医療事件を集中的に受任してきました.受任した事件は,一つ一つ精魂込めて大切に扱い,多くは適正な解決を実現してきたつもりです.

ところが,近年,患者側で医療事件を扱う弁護士が増え,裁判所から満足な訴状も書けないなど,患者側弁護士の質の低下を指摘されるようになりました.高額着手金目的で高額請求訴訟が行われているという話もきかれるようになりました.医療被害者の救済にとって,大変由々しき事態が生じています.
患者側弁護士の選択が重要な時代になってきたのですが,普通の市民が,患者側弁護士について的確な情報を得る手段は少なく,手軽にアクセスできるのは本とインターネットくらいしかありません.
そこで,昨年夏,ホームページを開設し,ブロクを始めました。

また,「患者のための医療法律相談」(法学書院)を編集執筆しました.これは,いままでの本とは違い,患者家族が医療について感じる疑問,問題を解決するためのノウハウを書いたものです.
執筆者に恵まれ,好評を得ることができました.
今年は,さらに看護に関する本の出版が予定されています.

私が幹事長をつとめる「患者の権利オンブズマン東京」も,カルテ開示実態調査を行い,厚生労働省がカルテ開示手数料の規制へ動くなど具体的な成果をあげることができました.

タバコ訴訟は,昨年横浜地方裁判所で敗訴しましたが,今年は東京高等裁判所での勝訴をめざします.

事務所としては,昨年上半期は相次いで医療事件が解決に至りましたが,患者家族のみなさまのご期待に応え,今年も多くの医療事件をすみやかに適正解決ができるよう全力を尽くし頑張ります.
今年の目標は,適正解決30件です.

みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます.
今年もご支援ご指導の程,よろしくお願い申し上げます.

谷直樹
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-01-01 07:38 | 日常