弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2011年 04月 ( 63 )   > この月の画像一覧

平成23年3月30日の医療事件の判決

b0206085_14291327.jpg
この間の判決報道は1件のみでした.病院の事故調査委員会の結論とは異なり,裁判所が医療過誤を肯定した事例です.

◆ 富山地裁平成23年3月30日判決(感染症)

富山医科薬科大(現富山大)付属病院で2004年9月大腸全摘出手術を受けた患者(女性,当時20歳)が感染症にかかって敗血症性ショックで同年12月12日死亡した事案です.
病院は,遺族の指摘で医療事故調査委員会を設置し,2005年9月に「明らかな医療過誤があったとは判断できない」との調査結果をまとめていました.

原告側は,発熱や下痢などの症状があり感染症が十分に疑われるのに担当医が早期に治療薬の投与などの処置を開始する注意義務を怠った,と主張しました.

被告側は,治療薬を投与した12月11日より早くに感染症を疑うのは困難だったなどと争っていました.

富山地裁は,12月4日の時点で患者には発熱や多量の下痢,脱水などの症状があったことから,感染症にかかっていた可能性が高く治療を開始すべきだった,とし,患者の死亡と担当医の治療の過失とには相当因果関係がある,としました.

「「治療に過失」富山大病院に7500万円賠償命じる判決」(朝日新聞)ご参照

【追記】 富山大学は4月11日名古屋高等裁判所金沢支部に控訴しました.

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ163サイトの順位のページに移動します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-04-02 14:29 | 医療事故・医療裁判

フレッシャーズ

b0206085_9125541.jpg事務局Hです.


4月に入り,新しい年度が始まりました.


新社会人の方々は,就職氷河期にくわえ,地震による卒業式や入社式の自粛等,お祝いムードに欠けた新生活のスタートで,少し気の毒に思います.


一方,谷事務所は,新卒採用は原則行っていないので,特に何も変わらないスタートです.

ただ,桜のつぼみがほころび始めると気持ちも明るくなりますし,いつ春のトレンチコートに衣替えしようかと考えると,なんだかわくわくします.
わくわくする私を横目に,谷先生は,このところ花粉が辛そうですが・・・.

さて,私は社会人になって二度目の春,今年度の抱負は「健康体」です.
体力がなく,疲れがち且つ腰痛持ちなので,少し筋肉を付けて代謝を上げようと腹筋を始めました.
仕事中に関節を鳴らして谷先生を驚かせることがなくなるよう,柔軟な身体を手に入れたいと思います.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-04-02 09:02 | 事務局

保活;弁護士会に託児施設を

b0206085_8535553.jpg
事務局Iです.
新婚早々,マタニティー生活中です.

子どもができると,つわりや,病院検診や,生活改善などなど,大変なことが多いですが,それにもまして,自分の中に新しい命が育まれていていくという,とても神秘的なことに,日々感動しています.

仕事を続けたいと思っているのですが,都内の保育所は,どこも待機児童が多く,就活(就職活動),婚活(結婚活動)に続き“保活(保育活動)”なる言葉まで出てきたそうです。
出産はまだまだ遠い先の話なのですが,区役所や友人たちに相談すると,動けるうちに,保育所,子ども園,託児所,保育ママへの,見学,相談,電話問い合わせなど,よく考えて準備をしておいたほうがよいとのアドバイスを受け,確かに就活以上に大忙しです.

子どもができるまでは特に関心を持っていなかったのですが,たびたび議題に上がっているようなので,そのうちに弁護士会に託児施設ができないかなあ,と期待しています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-04-01 08:39 | 日常