弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2011年 08月 ( 88 )   > この月の画像一覧

『小説医療裁判-ある野球少年の熱中症事件-』

◆ 医療事件に真剣に取り組む

福岡県弁護士会の小林洋二先生から『小説医療裁判-ある野球少年の熱中症事件-』(法学書院)をいただきました.
現実の医療事件をドキュメントで書くと,複雑すぎてわかりにくくなりますので,このような新人弁護士(ノキベン)を主人公とする小説の方が,流れを理解するには適切でしょう.
b0206085_13244364.jpg
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

小林洋二先生は,あとがきに
「医療事故の被害者や遺族に共通する願いは,再発防止です。弁護士のやりがいもそこにあります。だから,医療過誤事件に真剣に取り組めば,事故再発防止対策,医療安全政策の問題に目を向けざるを得ません。」
と書いています.
小林洋二先生は,患者の権利法をつくる会事務局長,九州・山口医療問題研究会福岡事務局長の弁護士です.

その小林洋二先生の,医療事件への真剣な取り組みの経験が盛り込まれた小説です.

◆ 医療裁判の流れがわかる

法学書院によると

ストーリーに引き込まれつつ、医療過誤訴訟の流れがわかる!
熱中症で亡くなった息子の病院での治療をめぐり,不信感を抱いた夫婦が法律相談にやってきた。
相談を受けたのは,新人弁護士の各務一朗。先輩弁護士にいろいろと教わりながら,はじめての医療過誤訴訟に挑んでいく。
医療過誤における過失とは? 因果関係とは? そして裁判の行方は?

◎ 医療事故相談から事故調査を始め,裁判受任,法廷戦術,証人尋問,判決と一連の流れのなかで医療過誤訴訟がどのように進んでいくかがわかります。
◎ 一般の方々や大学生,ロースクール生,司法試験受験生,修習生,新人弁護士はもちろん,医師,医療関係の方々にもぜひお勧めしたい1冊です。


《目次》
新人弁護士各務一朗,初めての医療事故相談
過失論=医療水準論の判例研究会に参加する
医療事故調査を開始する
因果関係論の判例研究会に参加する
事件処理方針を決定する
各務一朗の入院と手術
裁判を受任する
医療過誤訴訟序盤戦─弁論準備手続が進む
尋問特訓から居酒屋談義へ
裁判は佳境へ─集中証拠調べ
医療過誤訴訟終盤戦─鑑定をめぐる攻防
とりあえずのエピローグ─一審判決

本文は261頁ですが,134頁までが訴訟受任前の話です.訴訟受任前の活動がいかに重要かを示しています.

推しの1冊です.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-25 13:22 | 医療事故・医療裁判

都立神経病院,患者が不審死

b0206085_8505098.jpg毎日「都立神経病院:酸素吸入器外れ、20代男性死亡--府中署捜査」(平成23年8月25日)は,次のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「東京都立神経病院(府中市、松原四郎院長)で8月上旬、入院中だった20代の男性患者の酸素吸入器が外れ、間もなく死亡していたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁府中署は病院側の届け出を受け、経緯を調べている。

 捜査関係者によると、男性は生まれつきの難病で入院していた。府中署は司法解剖して死因との因果関係を慎重に調べている。

 同病院は毎日新聞の取材に対し、「警察の捜査に委ねている」としている。

 同病院は80年に開設された脳神経疾患の入院専門病院。6月下旬には、一時的に容体が急変した40代の女性入院患者から大量の糖尿病治療薬「インスリン」が検出されたことが明らかになっている。女性は糖尿病ではなく、府中署が故意か誤って投与されたとみて捜査している。【小泉大士】」


今回,酸素吸入器が外れて死亡したのも,故意つまり殺人の可能性が考えられます.
病棟では,身動きのできない状態の患者の生命を奪おうと思えば容易な状況にあり,病院では患者の死は日常的におきています.病院で死亡した患者の中に,発覚していない犯罪死が含まれている可能性は,否定できません.
都立神経病院で起きたことは,他の病院でも起きている可能性があります.
病院内の不審な事件について,徹底解明が望まれます.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-25 06:22 | 医療事故・医療裁判

第12回薬害根絶デー,薬被連が厚生労働大臣に対し要望書提出

b0206085_9105447.jpg◆ 報道

全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)は,平成23年8月24日,厚生労働大臣に,次の内容の要望書を提出しました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

日経「副作用被害救済、制度拡充を要望 被害者団体が厚労相に」(平成23年8月24日)は,次のとおり報じています.

 「薬害根絶デー」の24日、全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連、花井十伍代表世話人)が細川律夫厚生労働相に、医薬品による副作用被害救済制度の対象を胎児にも拡充することなどを求める要望書を提出した。

 ほかに、医師・薬剤師国家試験での薬害に関する問題の出題なども求めた。再発防止をうたう「誓いの碑」前で要望書を受け取った細川厚労相は「命の尊さを心に刻み職務を誠心誠意全うしたい」と話した。

 薬被連は、肺がん治療薬「イレッサ」の副作用訴訟の早期全面解決を求めるとともに、和解勧告に反対する声明文案を同省が日本医学会会長に提供した問題の説明も求めたが、同省からは「後日改めて説明する」と回答があったという。」


◆ 要望書の内容

要望書は,以下の内容です.きわめて当然の要望です.

1、薬害イレッサの全面解決について

薬害イレッサ訴訟については、本年1月7日和解勧告が出されたにも関わらず、被告企業ならびに国はこれを拒否、大阪地方裁判所ならびに東京地方裁判所で判決が言い渡されました。和解勧告に対する学会等の評価について国の関与があったとの報道もあり、これら国の姿勢は被害者原告等に更なる苦しみを与える行為として、到底容認できません。国は自らの責任を認め、すみやかに薬害イレッサ全面解決に着手してください。

2、医薬品審査報告書の承認前公開について

「薬害肝炎の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討会」の提言を受け、「厚生科学審議会医薬品等制度改正特別部会」において薬事法改正に向けて議論が行われています。その中で、医薬品審査報告書を承認前に公開する可能性について意見が述べられていますが、現状の早期認可の体制の中では困難であるとされています。医薬品医療機器総合機構(以下PMDA)の人員は、審査並びに安全対策要員として増員がはかられてきましたが、今後、こうした審査の透明性確保に必要な人員も確保し、医薬品が承認される以前に国民が監視できる体制整備をはかってください。

3、一般用医薬品の販売方法について

内閣府「行政刷新会議」において、一般用医薬品のインターネット販売が検討されていますが、現在においてもすでに第3類医薬品はインターネットを介して販売されています。
よりリスクが高く、対面での情報提供が必要な第2類、第1類の一般用医薬品については、拙速にインターネット販売を認める事なく、安全性確保を優先した販売がなされる体制を確保してください。また、対面販売においても情報提供や相談応需が十分適切に行われるように指導や監視を強化してください。

4、「薬害肝炎の検証及び再発防止検討委員会」の最終提言の実現について

本最終提言は、初めて薬害を公式に検証し再発防止を提言した画期的な提言です。「厚生科学審議会医薬品等制度改正特別部会」における薬事法等の制度改革の議論においては、本最終提言に基づく法制化を最優先課題として行えるように取り計らってください。特に第三者監視機関の設置並びに添付文書を承認事項とする件については確実に実現してください。

5、陣痛促進剤のリスク情報の周知徹底について

陣痛促進剤(子宮収縮剤)の副作用による産科医療事故が後を絶ちません。再三要望しているとおり、母子健康手帳や母親教室のテキストに陣痛促進剤のリスク説明の記載を早急に実現してください。また、PMDAのホームページに出産時によく使用される医薬品の添付文書へのリンクをまとめたページを作成し、そのアドレスを母子健康手帳に記載して下さい。また、学会等のガイドラインにおいて陣痛促進剤の適正使用の記載が十分なされるよう働きかけてください。

6、医薬品副作用被害救済制度の充実と申請促進について

医薬品副作用被害救済制度において対象除外医薬品である抗がん剤を救済対象に含める検討が始まっておりますが、副作用被害で死亡した胎児の救済の枠組みについても早急に検討を始めてください。
また、医療法改正に伴い「医薬品の安全使用のための業務手順書作成マニュアル」を添付して発出された通知(平成19 年3 月30 日付け医政総発第0330001 号)をみなおし、副作用被害者に救済制度を説明し、その利用を促すことなどを業務に位置づけるよう指導してください。

7、医師、薬剤師国家試験への出題

文部科学省によるモデルコアカリキュラムには「薬害」が取り上げられています。つきましては、厚生労働省が所管する医師国家試験、薬剤師国家試験の試験問題に「薬害」の問題が出題されるよう取り計らってください。


谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-24 21:58 | 医療

山形大学医学部附属病院,調査専門委員会の調査結果(J字型ガイドワイヤーによる右室穿孔)

b0206085_719267.jpg山形大学医学部附属病院が設置した調査専門委員会の調査結果の概要が,平成23年8月23日公表されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

本件は,「J字型ガイドワイヤーを挿入した際に想定困難な状況が発生,右室穿孔をきたし,極めて短時間のうちにその穿孔部位より心嚢内に多量に出血,心タンポナーデをきたし心肺停止に至った」ものと推定しています.
「予見が難しく,かつその後の処置も適切であったにもかかわらず救命できなかった,非常に稀なケースであった」としていますが,「影響度レベル5(死亡)のアクシデント(過誤あり)と判定」しています.
以下,調査結果の内容です.

「1 患者さんは県内在住の70歳代の男性です。

2 5月下旬,抗癌剤の点滴並びに栄養状態の改善のために,中心静脈カテーテルを右鎖骨下静脈から挿入いたしました。この判断は医学的に妥当です。ガイドワイヤーやカテーテル挿入に明らかな問題はなく,手技は順調に行われ,所要時間は約25分でした。カテーテル留置後,患者さんに症状のないことを確かめております。

3 カテーテル留置約20分後に患者さんが急変し,主治医は直ちに蘇生処置を開始しました。同時に,病棟にいた医師4名と集中治療部医師に応援を要請し,救命を図りましたが,約1時間後に死亡されました。救命蘇生処置として特に問題はありませんでした。

4 病理解剖の所見では,心嚢内に400 mlの血液が貯留しており,これによる心タンポナーデが死因とされました。右心室(右室)の心外膜に約15×15 mmの暗褐色部があり,同部位を顕微鏡で観察すると,右室内腔側からのごく細いものによる穿通性損傷と判断される所見があり,ここからの出血が心タンポナーデの原因と考えられました。

5 病理診断の結果,直接的な死因は,右室の穿通によって起こった心タンポナーデであるとされましたが,今回のケースにおいては,物理的に穿通部位へ到達可能なのはガイドワイヤーのみでした。ただしガイドワイヤーは柔らかくかつ先端がJ字型をしており右室壁を穿通する確率は極めて低いと考えられました。

6 ガイドワイヤー等の細いもので右室壁を穿通したとしても,通常は心停止に至るまで1日~数日を要し,緊急手術等の対応で救命可能と思われます。今回,右室穿孔から心
肺停止に至る経過が極めて速かった理由は明らかにすることができませんでした。

7 上記の点を総合的に考え合わせると,J字型ガイドワイヤーを挿入した際に想定困難な状況が発生,右室穿孔をきたし,極めて短時間のうちにその穿孔部位より心嚢内に多量に出血,心タンポナーデをきたし心肺停止に至ったと推測されます。本事例は予見が難しく,かつその後の処置も適切であったにもかかわらず救命できなかった,非常に稀なケースであったと結論されます。

8 以上の調査結果に基づき,医療事故等防止対策委員会で慎重に審議した結果,本事例については,中心静脈カテーテル挿入にあたり,臨床実務的に明らかな手技上の問題があったとは言えず,急変後の処置も適切であったが,結果として,中心静脈カテーテル挿入手技中に右室壁の穿通を引き起こし,原因不明の急速な心タンポナーデを発症させ,不幸な転帰となったことを考慮し,影響度レベル5(死亡)のアクシデント(過誤あり)と判定しました。

9 患者さんのご家族には,これらの事実について説明いたしました。

10 調査専門委員会委員は,院内から病院長久保田功以下6名,外部から4名(医師3名,弁護士1名)の計10名です。」


「ガイドワイヤーは柔らかくかつ先端がJ字型をしており右室壁を穿通する確率は極めて低い」にしても,実際に右室壁を穿通しています.本件は,調査委員会を設置し,調査し公表されましたが,今まで原因不明,合併症として処理されてきた例もあるのではないかと思います.
右室壁の穿通を引き起こしたことについて,臨床実務的に明らかな手技上の問題があったとは言えないが,「過誤」があった(すなわち,賠償する)との判定です. この判定の仕方は正しいと思います.

なお,スポーツ報知「カテーテルのワイヤが心臓貫通し死亡」
によると,「久保田功病院長は「ワイヤの使用方法を変更するなどして、予防策を徹底する」と話した。」とのことです.

J字型ガイドワイヤーによる右室穿孔事故について,院外の委員もいれての,この調査結果は,貴重です.J字型ガイドワイヤーによる穿孔事故の確率は極めて低いにしても,対策が必要ですので,予防策徹底の具体的内容を知りたいところです.
読売「患者死亡 山大病院「過誤あった」」
によると,「同病院では今後、中心静脈カテーテル挿入時のマニュアルを策定する予定」とのことです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-24 06:40 | 医療事故・医療裁判

日本薬剤師会,「埼玉県で発生した調剤事故による死亡事例について」を発表

b0206085_23282231.jpg埼玉県薬剤師会の小嶋富雄前会長と,小嶋前会長が開設した小嶋薬局の管理薬剤師が8月19日に書類送検されたことは,すでに報道されたとおりです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

これについて,日本薬剤師会は,8月22日,「埼玉県で発生した調剤事故による死亡事例について」を発表しました.
抜粋してご紹介いたします.

「当該薬局では4月1日に調剤過誤に気付きながらも、管理薬剤師は患者への服薬中止の指示や、調剤薬の回収をするなどの安全対策を講じず、放置していたことが判明しています。また、当該薬局の開設者は埼玉県薬剤師会の前会長で、本年1月までは本会の理事とを努めていた指導的な立場にある薬剤師であります。」

「薬剤師が誤りを認識しながら、適切な対応を取らなくては、患者の安全確保は望むべくもありません。これは医薬分業の理念の根幹を揺るがす問題であります。」

「今回の事例は国民・患者からの医薬分業や薬剤師に対する信頼を大きく損なう行為であるとともに、会員への周知策がなお十分でない証左として、極めて遺憾であり重大に受け止めています。
本会では、亡くなられた患者さんに対しまして心よりご冥福をお祈りしますと同時に、今回発生した事例を真摯に受け止め、二度とこうした自体を惹起せぬよう、調剤過誤防止に向けた会員への指導並びに周知を一層強化する所存です。」


調剤過誤防止だけではなく,当然と言えばあまりにも当然ですが,やはり万一調剤過誤がおたしたとき,患者への服薬中止の指示や,調剤薬の回収をするなどの安全対策を必ず講じるよう会員への指導並びに周知徹底も御願いしたいものです.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-23 23:21 | 医療事故・医療裁判

大和市立病院,1500万円で和解へ(ベッド上のいすから転落後骨折がわからず出血死した事案)

◆ 報道
b0206085_11252138.jpg
神奈川新聞「市立病院で患者がベッドから転落後死亡、市が遺族と和解へ/大和」(平成23年8月23日)は,次のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「大和市は22日、90歳代の男性患者がベッドから転落後、死亡した市立病院の事故で、男性の遺族に損害賠償金1500万円を支払うことで和解する確認書を締結した、と発表した。

 市によると、男性は2006年8月から心不全や高血圧などで通院。翌07年6月、血栓の超音波検査中に臨床検査技師の女性からベッド上のパイプいすに座るように指示を受けた。しかし、立ち上がる際にバランスを失い、床に転落、肋骨を折るなどした。

 男性は翌日、呼吸不全で死亡した。遺族側は大和署に業務上過失致死容疑で告訴。司法解剖では、骨折による左胸内の出血などが死因とされ、損害賠償を求めていた。

 病院側は「転落を回避できず、事故直後の診断で骨折を把握できなかった。結果的に骨折が容体急変の要因になった。診療に不十分な点があったことをおわびする」などと釈明。事故後、同様の検査では(1)危険性のある患者には複数で対応する(2)ベッド上にいすを置かない―などの再発防止策をとった。

 市は9月の市議会第3回定例会で補正予算案を提出。全額が病院賠償責任保険で支払われるという。」


◆ 感想

ベットの上にパイプいすを置いて90歳代の患者に座らせると,転倒転落する事態が生じることは,当然予見できます.また,胸部の検査も実施していますが,骨折を把握せず,事故の約23時間後、容体が急変し骨折による左胸内の出血が死因になったのですから,注意義務違反だけではなく,因果関係もあると言えます.
骨折を把握しなかったことが注意義務違反か否かが争われる事案がありますが,本件は,何れにしろ最初に,ベットの上にパイプいすを置いて90歳代の患者に座らせた時点で,注意義務違反がありますから,責任を免れることはできません.

病院が責任を認め,再発防止策をとったことは重要です.
90歳代でも,死亡慰謝料は本来2000万円ですが,和解による解決では1500万円は妥当な金額と思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-23 11:15 | 医療事故・医療裁判

個人輸入薬,13%で副作用,2008年以降疑い含め死亡3例

b0206085_7523247.jpg朝日「個人輸入薬、1割の人に副作用 疑い例含め3人死亡」(平成23年8月23日)は,次のとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

インターネットのサイトなどから個人輸入した薬をのんだ人の1割に意識障害や血圧上昇などの副作用が起きていることが、厚生労働省研究班の初の調査でわかった。こうした薬の中には、有効成分の量が多いなどの偽造品も多いが、個人で輸入して使うことは薬事法で規制されない。厚労省は対策強化の検討を始めた。

 研究班が薬を個人輸入した経験のある663人のうち、追跡調査に協力した157人に聞くと、13%が副作用を経験していた。薬の種類は、勃起不全(ED)治療薬が約3割で最多。育毛剤、ダイエット関連、睡眠薬が続いた。購入の理由は「安かった」が6割で、「病院に行かなくていい」が3割だった。

 ED治療薬を販売している4社による調査でも、ネット上でED治療薬を買った276人の約4割が頭痛やほてりなど副作用のような症状を経験していた。

 厚労省によると、2008年以降、タイのやせ薬をのみ、疑い例を含め3人が死亡した。10年6月に奈良県立医大病院にけいれんや意識低下を起こし運ばれた40代男性は、偽造ED治療薬をのんでいた。

 有効性や安全性が確認されていない薬でも、1、2カ月分程度を自分の責任で輸入、使うことは薬事法では規制されない。厚労省の部会では、個人使用の場合でも副作用を報告する仕組み作りや、広告やネットの監視強化などを求める意見が出ており、同省は年内にも規制強化策をまとめる。」


医薬品の個人輸入は,自己責任とされ,今まで被害実態の散発的な報告(重大な健康被害も結構多い)はあっても,まとまった研究報告がなかったため,貴重です.

医薬品の個人輸入といっても,実際にはインターネットを通じて日本国内で流通しているのと同じ状況なので,また健康被害も多いので,規制強化が必要でしょう.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-23 07:19 | 医療

妊産婦死亡症例検討評価委員会『母体安全への提言2010』, 妊産婦死亡,半数以上が回避可能性あり

b0206085_196578.jpg読売「出産時出血死の妊産婦10人救えた?治療に不備」(平成23年8月21日)は,次のとおり,報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「昨年1年間に全国で出産時の大量出血で死亡した妊産婦は16人おり、うち10人は、輸血などの処置が適切だったならば救命できた可能性が高いことが、厚生労働省研究班の調査でわかった。

 研究班は、体内での出血の進行の見落としや、輸血製剤の不備などで、治療が手遅れになったと分析している。

 研究班は、日本産婦人科医会の協力で、全国約1万5000人の産婦人科医からカルテなどの提供を受け、死因や診療内容の妥当性を分析した。

 16人の年齢は26~42歳で、17~1・4リットルの出血があった。このうち、兵庫や東京、埼玉など9都県の10人が、救命できた可能性が高いと判断された。

 年間数千件の出産を扱う大規模な産婦人科病院のケースでは、39歳の母親が子宮破裂で出血。血圧が異常低下して、1時間後に輸血が開始されたが、輸血製剤が不足し、止血のためのガーゼが子宮に過剰に詰め込まれた。各委員からは「輸血体制が不備だった」「ガーゼで傷が悪化したのでは」などと問題点が指摘された。」


妊産婦死亡事故は,半数以上が回避可能であった可能性が高いということになります.

昨年1年間に全国で出産時の大量出血で死亡した妊産婦は16人おり、うち10人は、輸血などの処置が適切だったならば救命できた可能性が高いということです.

つまり,出血の進行に留意し,出血進行を見落とすことなく早期に治療を開始すれば,また輸血製剤供給体制を整備すれば,妊産婦死亡は半数以下になる,ということを意味します.
この報告を,患者の安全につなげていただきたい,と思います.

詳細は,「母体安全への提言2010 平成23 年4 月 妊産婦死亡症例検討評価委員会 日本産婦人科医会」ご参照.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-22 18:48 | 医療事故・医療裁判

日本医療機能評価機構,産科補償制度の再発防止の報告書まとめる

b0206085_192268.jpgキャリアブレイン「産科補償制度の再発防止で初の報告書- 医療機能評価機構」(平成23年8月22日)は,つぎのとおり報じています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「分娩に関連して一定の条件下で発症した重度脳性まひ児に対し補償金を支払う「産科医療補償制度」を運営する日本医療機能評価機構は8月22日、記者会見を開き「再発防止に関する報告書」を初めて公表した。同制度が始まった2009年以降に補償対象になり、昨年末までに原因分析報告書を公表した15例について検証し、再発防止策などを提言する内容。同制度に加入する施設や関係団体に配布して周知を図るという。

 報告書では15例について、「テーマに沿った分析」と「数量的・疫学的分析」を行っている。

 テーマに沿った分析では、(1)分娩中の胎児の心拍数聴取(2)新生児蘇生(3)子宮収縮薬(4)臍帯脱出―の4点に着目。(1)(2)(3)については、日本産科婦人科学会や日本産婦人科医会などの診療ガイドラインが徹底されていない例があったため、現場にガイドライン徹底を呼び掛ける。
 また、(4)が起こった3例には、▽経産婦▽分娩誘発▽人工破膜―などの共通点があったことを踏まえ、学会などに対し、事例を集めて因果関係を分析するよう提言している。

 数量的・疫学的分析では、新生児が生まれた時間や妊産婦の年齢、体重などに分けて集計した。ただし、「15例と対象が少ないため、何らかの結論を導くことは難しい」としている。

 報告書をまとめた同機構の「産科医療補償制度再発防止委員会」の池ノ上克委員長(宮崎大医学部附属病院院長)は会見で、「現場では当然行われていると思われる内容も含まれているが、日々の診療行為の確認に活用し、産科医療の質の向上に取り組んでいただきたい」と述べた。」


産科補償制度で事例を集積する中で,ガイドラインすら遵守していない,低レベルの医療が行われていて,それが産科事故につながっている,という実態が判明してきたようです.
産科医療の実態がようやく明らかになってきたことで,今後の改善がすすむものと思われます.
再発防止に関する報告書」の検証,提言内容の周知徹底とその実行に期待いたします.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-22 18:29 | 医療事故・医療裁判

津波被害,美空ひばりさんの「塩谷の岬」が・・・

b0206085_1145526.jpg


b0206085_1147225.jpg

事務局Hです.
お休みをいただき,両親の実家のある福島県いわき市に帰省してまいりました.

震災後,私は初めていわきに行ったのですが,崩れたまま直されていない墓石や,不規則に凹凸が生じてしまった道路を見て,地震被害の大きさを目の当たりにしました.
ですが,地震被害,津波被害,原発による風評被害を受ける中,地元の方々は明るく元気に生活していたことが救いでした.

叔父に,帰省の度に訪れては貝殻を拾ったりして遊んでいた海岸に連れて行ってもらいました.
美空ひばりさんの「みだれ髪」で歌われる灯台がある海岸なのですが,
そこも大きな津波被害に遭い,住宅が密集していた海沿いの住宅街がなくなりました。
数か月前まではがれきの山だったそうですが,がれきがある程度撤去され,住居の土台を残して更地になっていた光景もまた,とても現実のものとは思えない,寒々しい印象を受けました.
幼い頃から見慣れた風景がまるごとなくなってしまったことがただただショックで,しばらく言葉が出ませんでした.
b0206085_1155439.jpg

その中でも,家の庭があったところには,きれいな花が咲いていて,荒れてしまった土地に,生命を感じた気がしました.

谷直樹法律事務所
応援のクリックを御願いいたします.クリックがランキング順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-08-22 11:48 | 休暇・休日