弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧

田辺三菱製薬横浜事業所の研究員が酢酸タリウムによる傷害容疑で逮捕

b0206085_17563040.jpg田辺三菱製薬横浜事業所の研究員が昨年4月に同僚にお茶に酢酸タリウムを混入し飲ませた傷害の疑いで逮捕されました.

「調べに対して××容疑者は容疑を認め、「仕事が忙しくてストレスがたまり、グループ内の人間関係がうまくいってなかった」などと供述しているということで、警察が詳しい動機を調べています。」(NHKニュース「逮捕の研究員 人間関係で悩みか」)とのことです.

酢酸タリウムといえば,1981年の福岡大学医学部付属病院の臨床検査部の傷害事件,1991年の東京大学医学部付属動物実験施設の殺人事件,2005年のアスペルガーの静岡女子高生母親毒殺未遂(植物状態)事件などが知られています.いずれも陰湿で衝撃的な事件です.
なお,1991年の東大事件では,東大の管理責任が認められ,民事の損害賠償が認容事されています.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-13 19:40 | 司法

日弁連会長選挙

b0206085_17443763.jpg毎日新聞「日弁連会長選:4氏が立候補届け出」(2012年1月12日)は,次のとおり報じています.

「日本弁護士連合会の会長選が11日公示され、元日弁連副会長、尾崎純理氏(64)▽元第二東京弁護士会副会長、森川文人氏(49)▽元日弁連事務総長、山岸憲司氏(63)▽現職の宇都宮健児会長(65)=届け出順=の4氏が立候補を届け出た。立候補は16日まで受け付け、2月10日に投開票される。

 4氏は届け出後、各選挙事務所であいさつ。尾崎氏は「(司法試験)合格者数1500人の実現と若手へのサポート、職域開拓、原発被害解決を3大公約とする」と発言。森川氏は「原発の即時廃止を求め、弁護士増員政策に反対することが未来を取り戻す道」と述べた。

 山岸氏は「業務の拡大や(法曹)人口増のスピードダウン、法曹養成・法科大学院制度の改革、統廃合や定員削減にしっかりと取り組む」と訴え、宇都宮氏は「市民目線に立った第2の司法改革はまだ道半ば。原子力政策の転換運動や冤罪(えんざい)を生まない刑事司法改革などに挑戦者の姿勢で臨む」と語った。」


日本弁護士連合会の会長選挙など,一般の人は,おそらくAKB総選挙の10万分の1も関心をもたないのではないかと思うのですが,大新聞がこのように取り上げてくれています.しかも,限られた字数のなかで各候補の主張を要領よく紹介しています.昨今は,日弁連の会長選挙も注目されるようになったのですね.

なお,私は投票する人を決めています.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-13 00:59 | 弁護士会

イレッサ東日本訴訟弁護団の印紙納付ミスで,2名について高裁判決が確定

b0206085_12584188.jpgイレッサ訴訟で,最高裁は,2011年12月1日に訴訟救助申立却下決定を下し,印紙代を5日以内に納付するよう補正命令を出し,12月2日に代理人弁護士に送達されました.
ところが,期限の12月7日までに納付されませんでした.
そこで,最高裁は,上告状及び上告受理申立書の却下決定を下しました.
その結果,2名について高裁判決が確定しました.

これは,事務担当弁護士(東日本訴訟弁護団事務局長)のミスだそうです.
厳しく指弾されていますが,当然です.
将棋で言えば二歩の反則で負けたようなもの,野球で言えばベースを踏まずにアウトになったようなものですから.

控訴状,上告状及び上告受理申立書の提出と同様に,弁護士自ら納付手続を行うのが一番確実で安心できます.
もし誰かに納付手続を指示したなら,実行を確認する必要があります.

なお,最高裁は,訴訟救助申立に対し,厳しい態度をとっているように思います.
地裁,高裁で訴訟救助が認められた事案でも,最高裁で認めないということがあります.
古い話になりますが,私は,戦後補償裁判で最高裁が訴訟救助を認めなかったので,1円に請求を減縮して,印紙を貼ったことがあります.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-12 09:44 | 医療事故・医療裁判

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設は約3割にすぎません

b0206085_10584566.jpg

心臓血管外科手術は,外科医の力量だけではなく,看護師,薬剤師,臨床工学士,体外循環技術認定士,呼吸療法士などコメディカルと連携が不可欠です.
心臓手術では,施設の手術数が10例増加すると患者の死亡率が0.12%減少する,という報告もあります.
そのため,手術成績向上のためには,施設の集約化が必要です.
また,施設の集約化は,外科医の労働条件の向上にもつながります.

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設は年間100例以上,同関連施設は年間25例以上を,それぞれ基準としています.25例以上という基準は,影響を抑えるための経過措置でしたが,基準引きあげは震災の影響で先送りになっています.
海外に比べれば,年間100例以上という基準はあまりに少なすぎます.まして,25例以上という基準は,およそ基準になるようなものではありません.

日本では,未だに集約化が進んでいません.

「医療ガバナンス学会メールマガジンVol.355 乱立する心臓外科手術病院~7割は危ない病院~」(2012年1月5日)で,日本記者クラブ会員石岡荘十氏は,「認定基準である年間100例をクリアしているところ(基幹施設)は、332施設(日本胸部外科学会)。心臓手術の看板を掲げている病院942のうち7割近くが"危ない"病院、看板に疑問符がつく施設ということになる。年間100例をクリアした基幹施設は、機構のホームページで確認することが出来る。(http://cvs.umin.jp/inst_list/inst.html)」と述べています.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-11 10:18 | 医療

愛する人の死により,心臓発作のリスクは21倍に

b0206085_11132253.jpgハーバード大学付属病院ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンターの特別研究員エリザベス・モストフスキー氏らは,心臓発作に襲われながらも一命を取り留めた1985人の成人を対象に調査を行いました.

その調査の結果は次のとおりです.

 「愛する人を亡くすと、その日の内に心臓発作に見舞われるリスクが通常の21倍にまで上昇する。
 急上昇したリスクは日ごとに徐々に下がっていくものの、1週間後のリスクは依然通常の約6倍で、少なくとも1カ月はいくらか上昇した状態が続く。」


「調査リポートによると、短期的にリスクが急上昇するのは、強い精神的ストレスにより心拍数や血圧が上昇したり、血液凝固が進行することが原因である可能性が高い。モストフスキー氏によると、幸いそうした変化は短期的なものであり、日数の経過とともにリスクが徐々に低下するのもそのためとみられる。」とのことです.

WSJ「愛する人の死と心臓発作の関係性が初めて明らかに」(2012年 1月 10日)ご参照

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-11 00:57 | 医療

ピアニストのアレクシス・ワイセンベルク氏逝去

b0206085_19423554.jpgパーキンソン病を長年患っていたアレクシス・ワイセンベルク氏が,2012年1月8日スイス,ルガーノの医療施設で逝去したとのことです.謹んでおくやみ申し上げます

簡単に経歴をご紹介します.1929年ブルガリアのソフィアで生まれ,14歳でデビューし,神童と言われました.第二次世界大戦中は収容所に入れられ,アメリカに逃れました.1947年にレヴェントリット国際音楽コンクールで優勝し,ジョージ・セル指揮ニューヨーク・フィルハーモニックと共演しました.1956年から約10年間演奏活動を休止.1966年に復活し,1967年からカラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演しました.

アレクシス・ワイセンベルク氏の演奏は,硬質なタッチが特徴です.鋭く,透明で,曖昧なところがありません.

ドビュッシー,ラフマニノフ・・・など,普通はもっとソフトですが,ワイセンベルク氏の演奏で聴くと,別の魅力を感じます.

名ピアニストの名演奏が幾多あり,聞き慣れた曲ほど,ワイセンベルク氏の演奏の美しさに驚かされきます.例えば,月の光など.

万人向きではありませんが,この硬質なタッチの美しさは尋常ではありません.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-10 18:34 | 趣味

第7回水俣病事件研究交流集会

b0206085_1043553.jpg熊本学園大学水俣学研究センター主催の,第7回水俣病事件研究交流集会が,2012年1月7日から8日,水俣市公民館で開催されました.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村




◆ 岡山大学大学院頼藤貴志准教授らの報告

くまにち「毛髪水銀値 50ppm未満でも水俣病症状」(2012年1月8日)は,次のとおり報じました.

「岡山大大学院の頼藤貴志准教授(環境疫学)らが、熊本大医学部の「10年後の水俣病研究班」による1971年の調査を解析した結果、毛髪水銀値についてWHO(世界保健機関)が定める危険値の50ppm未満でも、高い割合で感覚障害など水俣病の主要な症状があったことが分かった。

7日、水俣市で開かれた水俣病事件研究交流集会で報告した。

熊本大の研究班は、汚染地域の水俣市と天草市御所浦町、非汚染地域の天草市有明町で約3千人を対象に症状などを調べている。毛髪水銀値は測っていないため、頼藤准教授らは県が実施した60年の毛髪水銀調査の結果を引用、両方で調査対象となった汚染地域の120人と非汚染地域の730人を比較した。

解析によると、毛髪水銀値50ppm以上の人で口周囲の感覚障害があった割合は、汚染地域は非汚染地域の220倍。しかし、50~20ppmの場合も210倍、20~10ppmも101倍、10~0ppmも23倍となり、いずれも汚染地域が高い割合を示した。50~20ppmでは、うまく発音できない構音障害も26倍、手足先などの感覚障害も14倍となった。

頼藤准教授らは、熊本大研究班の調査を「最初で最後の大規模調査」と位置付け、2007年から再解析を進めてきた。「50ppmは急性のばく露を基にした基準。慢性的なばく露では、それ以下でも症状が出ることを再解析の結果が示している」と話している。(石貫謹也)」


◆ 協立クリニック高岡滋院長の報告

西日本新聞「「被害者はまだいる」 水俣病研究交流集会」(2012年1月8日)は次のとおり報じていました.

「患者の診察やリハビリに当たる協立クリニック(水俣市)の高岡滋院長は、一昨年12月から昨年10月にかけ、救済法の対象地域とされた天草沿岸と、対象外地域とされた天草のほかの地区と芦北町山間部で住民を検診した結果を比較する形で紹介。すべての地域で感覚障害やめまいなど特有の症状が確認でき「被害実態は、救済法で定める地域内にとどまらない」と訴えた」

◆ 日弁連水俣病問題検討プロジェクトチーム座長の三角恒弁護士の報告

 「日弁連水俣病問題検討プロジェクトチーム座長の三角恒弁護士(熊本市)は、昨年末に環境省に救済状況を公開するよう要望して拒否された経緯に触れながら「どれほどの人が申請し、救済されたのか。そうした情報は、潜在的な患者が名乗り出るきっかけになる」と述べ、今後は国会への働き掛けも検討していることを明らかにした。」

◆ 斉藤恒医師の報告

朝日新聞「申請期限に反論続出」(2011年1月9日)は,次のとおり報じました.

「新潟水俣病患者の診察と研究を続ける斎藤恒医師は、新救済策の開始以降に新たに診察した患者の症例を報告。「診察の予約は先まで埋まっている。潜在的な患者はまだまだこれから出てくるのに、とても(救済申請を)やめられる状況ではない」と強調した。」

◆ 4訴訟の原告・代理人弁護士

毎日新聞「水俣病:裁判通じた解決訴える 4訴訟の原告や弁護士らが集会 /熊本」(2011年1月9日)は,次のとおり報じました.

「水俣病を巡って現在も係争中の4訴訟の原告や弁護士、支援者らが8日、水俣市公民館で「水俣病認定制度の根本を問う大集会」を開いた。4訴訟の関係者が一堂に会した集会は初めて。各裁判の争点になっている水俣病認定基準の見直しや、裁判を通じた水俣病問題の解決を訴える意見が相次いだ。

 係争中の裁判は行政訴訟と民事訴訟それぞれ二つ。行政訴訟は(1)水俣市の農業、溝口秋生さん(80)が、亡くなった母の水俣病認定を県に求めた裁判(熊本地裁で原告敗訴、福岡高裁で係争中)(2)元水俣病関西訴訟原告の女性(86)が県に認定を求めた裁判(大阪地裁で原告勝訴、大阪高裁で係争中)。

 一方、民事訴訟は(3)50歳前後の胎児性水俣病世代の9人が国と県、チッソに損害賠償を求めた訴訟(熊本地裁で係争中)(4)新潟の患者17人が国と新潟県、昭和電工に賠償を求めた新潟水俣病3次訴訟(新潟地裁で係争中)。このうち(1)は今年2月27日、(2)は4月12日にそれぞれ判決が予定されている。

集会では弁護士や医師らが「裁判を通じて、いまだ未解明な部分が多い水俣病の病像をはっきりさせ、水俣病問題の根本的な解決を求めたい」などと訴えた。原告の1人、溝口さんは「亡き母から押されたような思いで裁判に踏み切った。ようやくここまで来た」と2月の判決への期待を述べた。

 集会には約80人が参加した。水俣病を巡る裁判はこのほか、県の認定を受けた元関西訴訟原告の女性(76)がチッソに補償を求めた裁判が最高裁で係争中だ。【西貴晴】」
 

吉勝法律事務所山口紀洋弁護士(私の元所属事務所の所長弁護士)は,溝口訴訟の控訴人代理人です.溝口訴訟は,福岡高裁第5民事部(裁判長は西謙二判事)で,2012年2月27日午後1時10分判決言い渡しが予定されています.控訴人は,第63準備書面まで提出しています.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-10 01:14 | 司法

今年の運勢は・・・

b0206085_14321320.jpg事務局Hです.

去年の初詣の際,亀戸天神で引いた小吉のおみくじは,人に助けてもらう一年になる,と書いてありました.
去年一年を振り返ってみると,楽しかったことももちろん多かったのですが,それよりも辛かった出来事が先に思い出され,その都度,友人らに助けてもらった一年だったなあと思います.
辛いことがある度,友人らに恵まれていることを実感して,それはそれでとても幸せだとは思うのですが・・・.

今年は,祖母の家の近くのいわきの神社でおみくじを引いたのですが,大吉でした.
今年は,日々己の限界に挑戦しよう,と心に決めているので,大吉パワーにあやかって攻めの一年にしようと思います.

年明け早々,歯列矯正治療の一環で抜歯をし,去年の厄は全部その歯に込めたつもりでいるので,きっと今年は良いことだけある年になると信じて,ポジティブで,多少のことでは動転しない,強い女性を目指します.

今年もよろしくお願いいたします.

谷直樹法律事務所
応援のクリックを御願いいたします.クリックがランキング順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-09 14:27 | 日常

水俣病(メチル水銀中毒症)を食中毒として食品衛生法に基づき保健所に届け出

b0206085_1445454.jpg熊本水俣病は,チッソが廃液を海に流し,廃液に含まれるメチル水銀が魚介類に蓄積し,その魚介類を食べた人に発症した,メチル水銀中毒症です.
新潟水俣病は,昭和電工が流した廃液によって,同様に発症したメチル水銀中毒症です.
「水俣病」というより,「メチル水銀中毒症」というほうが実態を正確に表現しています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

岡山大学大学院教授津田敏秀氏らは,2012年1月6日,食品衛生法に基づき確認した被害を食中毒として,天草市の県天草保健所に届け出ました.

食品衛生法第58条1項は,「食品、添加物、器具若しくは容器包装に起因して中毒した患者若しくはその疑いのある者(以下「食中毒患者等」という。)を診断し、又はその死体を検案した医師は、直ちに最寄りの保健所長にその旨を届け出なければならない。」

この規定に基づいて届け出を行ったわけです.

2項以下は,次のとおりです.

2項  「保健所長は、前項の届出を受けたときその他食中毒患者等が発生していると認めるときは、速やかに都道府県知事等に報告するとともに、政令で定めるところにより、調査しなければならない。」

3項  「都道府県知事等は、前項の規定により保健所長より報告を受けた場合であつて、食中毒患者等が厚生労働省令で定める数以上発生し、又は発生するおそれがあると認めるときその他厚生労働省令で定めるときは、直ちに、厚生労働大臣に報告しなければならない。」

4項  「保健所長は、第二項の規定による調査を行つたときは、政令で定めるところにより、都道府県知事等に報告しなければならない。」

5項  「都道府県知事等は、前項の規定による報告を受けたときは、政令で定めるところにより、厚生労働大臣に報告しなければならない。」

このように,行政は,届け出を受けて調査・報告を行う義務があります.

くまにちコム「「水俣病は食中毒」 岡山大大学院教授ら届け出」(2012年01月07日)は,次のとおり報じています.

「水俣病で過去、行政は同法を適用したことがない。同法は、食中毒を確認した医師の保健所への届け出と、保健所の調査を義務付けている。津田教授らは2001年にも同様に届け出たが、保健所は「原因究明や被害防止が既に済んでいる」などとし、食中毒として取り扱わなかった。

 今回は、水俣病特別措置法の未認定患者救済が進む中で、同法の対象地域外にも被害者がいるとして、再び届け出た。対象地域から外れている上天草市姫戸町で、70代と60代の男性を診察。汚染された魚介類を多食した経歴や、感覚障害などの症状を確認した。

 その後、津田教授らは天草市の県天草保健所に「メチル水銀中毒症(水俣病)」を届け出。対応した担当者は「書類は預かります」と述べた。県健康危機管理課の末廣正男課長は「調査を始めるかどうか検討し始めた段階で、まだ結論は出ていない」としている。

 水俣病に対する食品衛生法の適用をめぐっては1957年、同法に基づく水俣湾の漁獲禁止の可否を熊本県が照会。厚生省(当時)は「水俣湾の魚介類すべてが有毒化しているという明らかな根拠がない」と回答し、県が適用を見送った経緯がある。(石貫謹也)」


水俣病は現在ではメチル水銀中毒症と判明していますから,食品に起因する中毒に該当しますので,調査開始を怠るわけにはいかないと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-09 09:26 | 司法

京都大学医学部附属病院,血液浄化装置取り違え患者死亡事故の再発防止は臨床工学技士の増員

b0206085_10102788.jpg

NHK「透析死亡事故 原因は“技士不足”」(2011年1月7日)は,次のとおり報じています.

「京都大学附属病院で、去年、人工透析を受けていた50代の男性が死亡した医療事故は、専門の技士が行っている透析の装置の部品交換を技士がいない夜間に医師と看護師だけで行ったことが原因とみられることが分かり、関係者は全国の医療現場における技士不足が背景にあると指摘しています。

去年11月、京都大学附属病院で、透析装置の血液中の老廃物を取り除く部品と誤って、血液の成分を取り除く部品が取り付けられ、人工透析を受けていた50代の男性患者が死亡しました。2つの部品は、よく似ていて、ふだんは専門知識を持った「臨床工学技士」が部品の交換をしていましたが、技士がいなかった夜間に医療事故が起きたということです。京大病院は、医師と看護師だけで高度な医療機器を操作したことが事故の原因だった疑いが強く、技士の数が十分でないことが背景にあるとして、臨床工学技士が24時間の対応ができるようことし4月から人員を増やし、正規の職員としても採用する方針を固めました。京大病院の一山智副院長は「医師が医療機器を扱うことに不慣れな場合もある。安全を確保するうえで、臨床工学技士の役割は極めて重要と考え、人数を増やす努力はしてきたが、すべての時間帯をカバーできていなかった」と話しています。

臨床工学技士は透析装置や呼吸器など生命を維持するための医療機器についての専門知識を持つ技士で、医療機器の操作や管理に高度な専門知識が必要になるなか、昭和62年に国家資格となりました。厚生労働省によりますと、臨床工学技士は全国で2万7000人余りで、病院への配置も法律で義務づけられていません。京都府臨床工学技士会の仲田昌司会長は「医療機器はどんどん高度化しているが、臨床工学技士は足りていない。技士が常にいるという状況にないため、医療機器のトラブルへの対処が遅れたり、適切にできなかったりするケースがある。医師や看護師が機能や特徴を熟知していない医療機器を扱うのは危険で、国は病院の役割や規模に応じて臨床工学技士の配置を義務づけるなど、改善を図ることが必要だ」と指摘しています。」


臨床工学技士法第2条1項は,「この法律で「生命維持管理装置」とは、人の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代替し、又は補助することが目的とされている装置をいう。」とし,第2項は,「 この法律で「臨床工学技士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作(生命維持管理装置の先端部の身体への接続又は身体からの除去であつて政令で定めるものを含む。以下同じ。)及び保守点検を行うことを業とする者をいう。」としています.

さらに,同法第38条で「臨床工学技士は、医師の具体的な指示を受けなければ、厚生労働省令で定める生命維持管理装置の操作を行つてはならない。」とされています.

臨床工学技士は,このように,医師の指示を受けて生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うのですが,医師が,高度の医療機器について臨床工学技士以上に熟知して取り扱えるわけではありません.

本件事故については,色も形も違うのにどうして間違えたのか,また疑問に思ったのにどうして確認しなかったのか,など個別の問題もありますが,根本的な再発防止策として,臨床工学技士が必ず対応する体制に変更することは,実態に即した合理的なものと思います.

【追記】

日本経済新聞「安全より効率優先」 京大医療事故で報告書 」(2012年9月26日)は,次のとおり報じました.
 
「京都大病院で昨年11月、脳死肝移植を受けた50代の男性患者が医療器具の装着ミスで死亡した事故で、京大の調査委員会は26日までに報告書をまとめた。事故の背景には「安全より診療科の縦割り体制と診療の効率性が優先される未成熟な組織文化があった」として、病院の体質を批判した。

 委員会は外部の専門家らを交えて構成。医師の教育不足や物品管理体制の不備、過去の医療事故の教訓が生かされていない点のほか、医師と看護師の確認不足も原因と指摘した。

 病院によると、男性は昨年11月5日に移植手術を受けた。12日夜に透析器具を交換した際、医師が間違って、血液ろ過器ではなく、血漿(けっしょう)分離器を装着。交換ミスに気付かないまま、男性は約15時間後に死亡した。器具は医師の依頼を受けた看護師が用意した。

 報告書によると、当時、形が似ている血液ろ過器と血漿分離器が棚に並び、内容が一見して分かるラベルもなかった。

 看護師は棚にはろ過器しかないと認識、装着した当直の医師2人は、器具の扱いの知識や経験が不足し、3人の間で確認作業も一切なかった。

 夜間や休日は、臨床工学技士ではなく医師が器具を扱うが、事故があった肝胆膵(すい)・移植外科の医師31人中、確実に扱えたのは7人だけだった。

 京大病院では2000年、精製水とエタノールを取り違え患者が死亡する事故が発生。報告書は「当時の原因分析や再発防止策が不十分で、病院の体質が変わらず、今回の事故に影響した可能性を否めない」とした。

 京大は、手術自体に問題がなかったとして、移植を続けたが、報告書は「一時的に移植を中止し、体制の問題を解決してから再開すべきだった」と指摘した。〔共同〕」


谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-08 01:47 | 医療事故・医療裁判