弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧

ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の豊胸バッグ,仏,チェコに続き独でも摘出手術勧告.日本は?

b0206085_10272289.jpg

豊胸バッグには破裂の危険がありますが,ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の豊胸バッグは,とくに破裂の危険が高いことが指摘されています.

フランスとチェコに続き,ドイツ保健当局は,1月6日,PIP社製の豊胸材を使った手術を受けた女性に対し摘出手術を受けるよう勧告しました.手術を受けてから時間がたっている人ほど、早く手術を受けた方がよいとのことです.

なお,英保健省は同日,健康への影響は確認できず、必ずしも手術を受ける必要はないとの見解を発表しました.

日本でも,ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の豊胸バッグが使用されていましたので,厚生労働省の対応が注目されます.

スポニチ「破裂の恐れ…独も豊胸材摘出を勧告 仏、チェコに続き」(2011年1月7日)ご参照

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-07 10:34 | 医療事故・医療裁判

福岡県警南署,中村病院の介護士を業務上過失致死で書類送検

b0206085_10243969.jpg福岡市の特定医療法人社団相和会中村病院の介護士(介護職員)が,2011年5月11日午前9時頃,認知症のある患者(当時95歳)のおむつを替える際,転落防止用のベッドの柵を上げずにその場を離れ,患者がベッドから転落し,骨盤骨折などによるショックにより死亡した事故で,福岡県警南署は,1月6日,業務上過失致死容疑で介護士を福岡地検に書類送検しました.同署によると介護士は容疑を認めているとのことです.

ベッドからの転落事故で過失が問題となる事案は結構多いのですが,本件は,転落を防止するための柵を上げずにその場を離れた点に過失が認められる事案でしょう.

再発防止のためには,柵を必ずあげるよう徹底することも重要ですが,おむつ交換のときに必要なものをすべてワゴン等で運び,患者の傍を離れない手順にすることも必要と思います.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

時事通信「女性介護士を書類送検=ベッド転落の患者死亡―福岡県警」(2012年1月6日)は,次のとおり報じています.

「福岡市南区の中村病院で昨年5月、入院中の女性患者=当時(96)=がおむつ交換中にベッドから転落して死亡した事故で、福岡県警南署は6日、業務上過失致死容疑で作業に当たった女性介護士(39)=同区=を福岡地検に書類送検した。同署によると、容疑を認めているという。」

msn産経「女性介護士を書類送検 96歳女性ベッドから転落死容疑」(2012年1月6日)は,次のとおり報じています.

「送検容疑は昨年5月11日午前9時ごろ、吉村さんのおむつを替える際、転落防止用のベッドの柵を上げずにその場を離れ、吉村さんをベッドから転落させ骨盤骨折などによるショックで死亡させた疑い。」

【追記】

毎日新聞「患者ベッド転落死:介護士不起訴−−福岡地検」(2012年12月9日)は,次のとおり報じました.

昨年5月に南区老司の中村病院に入院中の女性(当時96歳)がベッドから転落し、死亡した事故で、福岡地検は業務上過失致死容疑で書類送検された女性介護士(40)を不起訴処分にした。処分は11月29日付。地検は「諸情状を考慮した」としている。」

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計がランキング順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-07 01:04 | 医療事故・医療裁判

元民弁教官大橋正春氏が最高裁判事に

b0206085_1031684.jpg

2月10日付で定年退官する那須弘平最高裁判事の後任に,弁護士大橋正春氏が任命されます.

私が司法修習生のとき,大橋正春氏には,民弁(民事弁護)教官として大変お世話になりました.
論理明晰で判断が迅速的確なことはもちろんですが,人間的にもすばらしい教官でした.
司法修習生のときに大橋教官からうかがったお話は,今でも鮮明に覚えています.
また,きれいに手入れされた広大な庭のあるご自宅におうかがいしたとき,同期の判事の方もいらしていて,最高裁のお話を聞くことができました.

経歴は,以下のとおりです.
1968年 司法試験合格
1969年 東京大学法学部私法コース卒業
1970年 東京大学法学部公法コース卒業
1972年 弁護士登録(第一東京弁護士会)(24期)
1972年 梶谷綜合法律事務所入所
1976年 ハーバード・ロースクール修了(LL.M)
1976年 ワイル・ゴッシェル&マンジス法律事務所勤務
1977年 梶谷綜合法律事務所復帰
1983年 阿比留・大橋法律事務所(現岡崎・大橋・前田法律事務所)開設

司法研修所民事弁護教官
更生会社三光汽船管財人代理
更生会社日本プスネス管財人
更生会社日本国土開発管財人
更生会社東京生命保険相互会社管財人
更生会社アエル管財人
株価算定委員会委員
最高裁判所司法修習委員会委員
日弁連法務研究財団評価委員会評価委員

岡崎・大橋・前田法律事務所のサイトより)

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-06 01:00 | 司法

日弁連会長の年頭挨拶

b0206085_10205596.jpg

2012年の日弁連会長の年頭挨拶で,宇都宮健児会長は,次のとおり述べています.

日弁連は、昨年5月27日に開催された第62回定期総会において東日本大震災に関する宣言を採択しています。この宣言の中で、日弁連は、復旧・復興の主体は被災者であること、復旧・復興の理念は憲法が保障する基本的人権を被災者が回復する「人間の復興」でなければならないことを明確にしています。日弁連は、この宣言を踏まえて、今年も昨年に引き続き被災者に寄り添いながら被災地に対する支援活動に全力をあげて取り組みたいと思っています。」

「今年は特に、①司法修習生の給費制の維持をはじめとする法曹養成制度の改革②取調べの可視化、検察官手持ち証拠の全面開示、人質司法の打破などえん罪を生まないための刑事司法制度の抜本的改革③市民が利用しやすい民事司法制度の改革、などに全力をあげて取り組んで参りたいと思っています。」

原発震災に対する取り組みなどはもちろん最重要課題ですが,日弁連の取り組むべき課題は多く,これら以外にも,障害者自立支援法を確実に廃止し,障がいのある当事者の意見を最大限尊重し,その権利を保障する総合的な福祉法の制定を求めるなど,まだまだ取り組むべきやることはあります.

ちなみに,昨年は,次のとおり述べていました.

「改めて業務妨害対策を徹底するとともに、離婚事件やDV事件などから生ずる業務妨害事件に対する会員への支援体制をしっかりと確立していきたいと思っています。

このほか、今年も昨年に引き続き、貧困問題、民事法律扶助の飛躍的拡充、裁判官・検察官の大幅増員と地家裁支部の充実、民事裁判・行政訴訟の改革、若手法曹に対する支援体制の強化と法曹養成問題、法曹人口問題、「人権のための行動宣言2009」の実現などに積極的に取り組んで参りたいと思います。」


谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-05 09:46 | 弁護士会

日本製薬工業協会会長の年頭所感,業界一体となったコンプライアンスの徹底を強調

b0206085_10155399.jpg日本製薬工業協会会長手代木功氏は,「製薬協は、このような環境の中、本年の課題として、▽業界一体となったコンプライアンスの徹底▽研究開発型製薬産業振興策の一層の充実▽安全対策の強化▽国際連携・国際協力のさらなる推進▽国民・患者貢献、経済成長への寄与等製薬産業に対する理解の促進――の5点を挙げ、中でもコンプライアンスの徹底を最重要課題としております。」とコンプライアンスの徹底を強調しました.

薬事日報「【年頭所感】コンプライアンス徹底が最重要課題‐日本製薬工業協会‐」(2012年1月3日)ご参照

「現在、世界的に利益相反に関連した情報公開法規範を整備する流れとなっており、製薬協においても「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を策定いたしました。

 これは、会員企業各社が「透明性に関する指針」を2012年度より新たに施行し、医療機関・医療担当者との金銭授受の詳細を各社ホームページで開示するというものです。同時に施行される医療用医薬品製造販売業公正競争規約の改正と相まって、製薬企業と医療機関・医療担当者との関係が今まで以上に透明化され、国民および世界の人々から、生命関連産業としての信頼をさらに得られるものだと確信しております。」


利益相反の問題は,医療・製薬業界の課題でしたので,不透明な部分が少しでも透明化されるよう,期待いたします.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-05 09:19 | 医療

大坪弘道著『勾留百二十日』

b0206085_1892899.jpg元大阪地検特捜部長大坪弘道さんの『勾留百二十日』をお正月に読みました.

裁判の主要な争点は,佐賀副部長から前田検事が故意にデータ改ざんを行ったことを聞き,それを過失ということにして隠避しようとしたか否かで,佐賀副部長も大坪さんもそれを完全に否認しています。大坪さんは,勾留期間中も否認を貫き通しました.

取り調べる側が取り調べを受ける側になる,そのこと自体で誇りを否定され,拘置所内で苦しんだことを書いています.
「しのびよる拘禁症状と自我崩壊の危機。バラバラに壊れそうな我が身を思うとき私が逮捕した幾多の被疑者たちの心情と苦悩が初めて痛切に理解できた。」と書いています.
また,村木厚子氏の心情を思いやり,自分が指揮した事件で,村木厚子氏を百六十三日拘置したのだから,彼女が受けただけの苦しみを私も引き受けなければならないだろうと思った,と書いてます.
部下の供述で,身柄をとり,自白を迫る点では,二つの事件はまったく同じ構造です.

大坪さんは,私の大学の同期です.
当時,私も水道橋駅近くの古い四階建ての建物で勉強していましたので,学生時代の大坪さんを知っています.
また,大坪さんの最も親しい友人で,癌で急逝した加藤済仁弁護士(仁邦法律事務所)は,私の担当する医療事件の相手方病院の代理人でした.

判決は3月30日です.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-04 18:04 | 司法

日本産科婦人科学会の調査,大学病院・専門病院の44%で他の病気のあるがん患者を受け入れ制限

b0206085_104654.jpg

日本産科婦人科学会の調査で,他の病気のある,卵巣がん患者,子宮頸がん患者等について,大学病院,専門病院のうち44%が受け入れを制限していることがわかりました.とくに各地のがんセンターは13施設中11施設が受け入れを制限しているとのことです.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

NHKニュース「合併症のがん患者 受け入れ制限」(2012年1月3日)は次のとおり報じています.    

「日本産科婦人科学会は、卵巣がんや子宮けいがんなどの治療で中心的な役割を果たす全国の大学病院やがん専門病院などに診療態勢について尋ね、65%に当たる483施設から回答を得ました。その結果、がん患者に糖尿病や統合失調症といったほかの病気がある場合、44%に当たる209施設が「受け入れを制限している」と答えました。特に各地のがんセンターを中心としたがん専門病院では、13施設のうち11施設が「制限している」としていました。受け入れを制限する病気について複数回答で尋ねたところ、透析が必要な患者で56%に上ったのをはじめ、薬を服用している統合失調症の患者で52%、インスリン治療をしている糖尿病の患者で14%となっていました。調査を担当した東京慈恵会医科大学の高倉聡講師は「合併症のある患者はより体調が悪いにも関わらず、手術可能な病院を求めて遠くに行かざるをえない実態があると考えられる。婦人科に限らず、ほかのがんでも同じような問題が生じているおそれがあるので、患者に合併症がある場合の診療態勢を整備していく必要がある」と指摘しています。」

がん専門病院はともかく,大学病院に,がん以外の疾患を診ることのできるスタッフがいないはずはなく,病院内の各科の協力体制を整えれば,他の疾患を合併するがん患者の治療にあたることは可能と思います.この調査結果を活かし,病院内の体制整備につなげていただきたいと思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-03 08:24 | 医療

デンゼル・ワシントンTOP5

b0206085_105265.jpgお正月にうちで旧作名画でも観ようかな,という方のために.
デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)に外れはない,と言われていますが,その中でも特にお奨めの5作品をご紹介します.

◆ 5 ペリカン文書(The Pelican Brief,1993) 

2人の最高裁判事が殺害されます.法学部の学生が真犯人を示唆するレポートを書き,命を狙われることになります.その学生を演じるのはジュリア・ロバーツです.デンゼル・ワシントンは,その学生を助ける新聞記者を演じています.

◆ 4 マルコムX(Malcolm X,1992) 

黒は美しい.これは,マルコムXの言葉です.マルコムXは,1965年2月21日に暗殺された過激な黒人公民権運動活動家です. 
マルコムX役はデンゼル・ワシントンをおいてはない,と思いました.演説シーンはリアルに凄いです.

◆ 3 トレーニング デイ(Training Day,2001) 

先輩警官が後輩に実践的な捜査を教える初日の出来事です.
その先輩警官は,犯罪多発地域にはびこる巨悪を倒すために違法捜査を行う悪徳警官でした.
先輩・後輩の車内の議論は白眉です.映画の結末には賛否両論があるでしょう.きつい映画ですが,良い作品です.
デンゼル・ワシントンは,珍しく悪徳警官を演じています.

◆ 2 ザ・ハリケーン(The Hurricane,1999)

偏見に基づき,無実の黒人ボクサーが裁判で有罪となり投獄されます.その無実を証明しようとする支援者の奮闘.これは実話です.
デンゼル・ワシントンは,冤罪のボクサー,ルービン・ハリケーン・カーターを演じています.

◆ 1 フィラデルフィア(Philadelphia,1993) 

2人の弁護士の物語です.デンゼル・ワシントンとトム・ハンクスの演技も素晴らしいですし,ブルース・スプリングスティーンの「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア」もいいです.以前のブログにも書いたとおり,気持ちが入り感動できます.













谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-02 11:25 | 趣味

謹賀新年~みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます

b0206085_10125682.jpg謹賀新年.
謹んで新春の寿ぎを申し上げます.

昨年は『看護業務をめぐる法律相談』(編集/看護法務研究会 代表/荒井俊行弁護士,新日本法規出版)を共同執筆いたしました.
また,共同執筆した『医療裁判から医療ADR』(編集/植木哲,ぎょうせい)も刊行されました.

谷直樹法律事務所は,仕事も順調な1年でした.
弁護士谷直樹は,健康で文化的な生活(海外の美術展が少なかったのは残念ですが)がすごせました.
事務局Iには,元気な長男が生まれました.
事務局Hは,終わりよければすべて良し,と言っています.

ただ,医療をめぐる情勢は決して楽観できるものではなく,法律事務所として取り組まねばならない課題も山積しています.みなさまのご期待に応えるよう本年も全力を尽くしたいと思います.

みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます.
本年もご支援ご指導のほど,よろしくお願い申し上げます.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-01-01 09:54 | 事務所