弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 08月 ( 59 )   > この月の画像一覧

ケアネット調査,喫煙医師1.5ポイント減少

株式会社ケアネットの2012年8月の調査によると,医師の中の喫煙者の割合は7.1%で,11ヵ月前の調査結果8.6%から1.5ポイント減少した,とのことです.
喫煙医師の減少は,とてもよいことです.

アンケートの自由記載が紹介されていますが,興味深いです.

・「患者によくないという以上、医者が喫煙していたらまったく信頼が得られない。」(40代,男性,外科)
・「喫煙する医師は患者からどう見られているか考えた事が無いのだろうか?また人に迷惑をかけてはいないという言い訳は成立しない。」(40代,男性,代謝・内分泌科)


喫煙医師に対する患者の冷ややかな視線を感じると,吸っていられないのでしょう.

・「COPDの患者さんから『先生、俺みたいになりたくないなら、タバコはやめたほうがいいよ』と言われたのがきっかけで、ニコチンパッチやガムを使ってやめました。」(40代,男性,麻酔科)

これは,医師ならではの禁煙動機です.他に結婚,子どもができたなどのきっかけでタバコを止めたという記載もあります.

・「自分だけへの影響であれば自己責任だが、間接喫煙として周囲へ悪影響を及ぼすため、売られていること自体間違い。」(30代,男性,総合診療科)
・「全面禁煙に賛成です。ある意味、周りの人に迷惑がかかると考えると麻薬より悪いかも。」(40代,男性,循環器科)
・「『タバコは嗜好品ではなく薬物』 『喫煙者は病気であり治療が必要』 『その害を国が率先してお墨付きを与え国民にまき散らしている』 という啓発が必要。」(30代,男性,神経内科)
・「喫煙は中毒(依存症)です。誰かが適切に指導すれば禁煙もその継続も可能です。個人的には、あの臭いはもう受け付けないです。」(40代,男性,内科)


タバコ喫煙は,喫煙者自身だけではなく周囲の人にも害悪を及ぼします.そもそも喫煙しないよう予防することが大事と思います.タバコ喫煙は依存症なので,喫煙者には治療が必要です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-31 18:51 | タバコ

アコースティックギターの名前

事務局Hです.
ツタンカーメン展の後,自分用のアコースティックギターを買ってしまいました.
少し小さめサイズですが,サイズの割によく鳴るギターです(と店員さんがおっしゃっていました.私はよく解りません.).

持ち物に名前を付ける習慣があり,エレキギターにはエイちゃんという名前を付けて可愛がってきたので,
新しいアコースティックギターの名前は何にしようかとあれこれ考えた挙げ句,
「チューヤン」にしました.

名前の由来は長くなるのですが,
・ギターの穴の回りの装飾が少しエスニックな雰囲気だった.
・さらに,せっかくツタンカーメン展を見た日だから,それにちなんだ名前にしたかった.
・ツタンカーメン展のメインの黄金の棺が「チュウヤ」という人物の棺であった.
・「チュウヤ」といえば,以前電波少年に出演していた「チューヤン」って今なにをしてるんだろう?という話になった.
という流れを汲んでの「チューヤン」です.

たくさん弾いて,めいっぱい可愛がろうと思います.

谷直樹法律事務所 事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-30 21:09 | 趣味

 財団法人日本ダウン症協会,遺伝子検査に関する指針作成についての要望

財団法人日本ダウン症協会は,2012年8月27日,公益社団法人日本産科婦人科学会に,「遺伝子検査に関する指針作成についての要望」を提出したと報じられています.
その内容を抜粋すると以下のとおりです.

「当協会は、「出生前検査・診断がマススクリーニングとして一般化することや、安易に行われることに断固反対」の立場をとっています。

胎児の遺伝子診断が高精度で一般の検査同様に血液検査で同じようにできるからといって妊婦に紹介されたり実施されたりすることには、当事者団体として強く異議を申し立てます。貴学会見解においても、胎児の情報を安易に知ることは生命倫理に鑑み一定の条件内でのみ行われるべきであるとされています。

しかしながら、マスコミ等では今回の診断技術が一般検査と同等であるかのように紹介される事態を招いてしまっています。こうした流れが、やがては産科領域のみならず、他医療領域でも安易な遺伝子診断の実施につながることを当協会は強く危惧しています。

貴学会としても現状を重く捉えて頂き、貴学会の基本理念が更に広く伝わる形で見解を示してくださることを切にお願い申し上げます。当協会も、これまで以上に啓発活動を展開していく所存ですが、再度上記についてご検討を下さり、検査の安易な紹介及び実施には歯止めをかけてくださるようお願い申し上げます。」


まさにそのとおりです.

要望書は,出生前検査に関する事前説明の充実も求めています.
さらに,「遺伝子検査指針作成にあたっても是非医師、看護師、助産師、遺伝カウンセラー等の協力によるチーム医療の推進を盛り込んでいただきたいと思います。 また、このチーム医療の中にはピアカウンセリングの導入も不可欠であると考えます。特に、出生前検査により胎児がダウン症であるとの診断を受けた妊婦とその家族に対して正確な情報を提供し、彼女らを精神的に支えるためには、ピアカウンセリングが重要かつ有効であります。当協会としてはピアカウンセリングが導入された場合には、積極的にご協力したいと考えております。」と述べています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-29 23:58 | 医療

患者の権利オンブズマン東京,医療基本法に「患者の苦情調査申立権」を明記することを提案する意見書発表

患者の権利オンブズマン東京は,2012年8月29日,各団体の医療基本法案を検討し,以下のとおり「医療基本法に「患者の苦情調査申立権」を明記することを提案する意見書」を発表しました.日本医師会,患者の権利法をつくる会,東京大学公共政策大学院医療政策実践コミュニティー(H-PAC) 医療基本法制定チーム等に送り,参考にしていただきたいと要請しました.

1994年のWHO(世界保健機関)ヨーロッパ会議で採択された「ヨーロッパにおける患者の権利の促進に関する宣言」には,「患者は、自分の苦情について、徹底的に、公正に、効果的に、そして迅速に処理され、その結果について情報を提供される権利を有する。」と明記されています.
患者の権利オンブズマン東京は,これと同じ文を医療基本法に明記することを提案しました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



[ 提 案 ]

「患者は、自分の苦情について、徹底的に、公正に、効果的に、そして迅速に処理され、その結果について情報を提供される権利を有する。」
患者の権利オンブズマン東京は、この一文を、「医療基本法」に明記することを提案いたします。

[ 提 案 の 理 由 ]

1 はじめに

患者の権利オンブズマン東京は、2002年に創設された市民団体です。
患者の権利オンブズマン東京(事務局:東京)とNPO法人患者の権利オンブズマン(事務局;福岡)は、患者家族の苦情が、医療施設・医療従事者との誠実な対話を通じて、患者の権利に関する国際的基準に準拠して、迅速・適切に解決されるよう、患者家族の相談を受けてきました。そして、必要に応じて、オンブズマン会議が、公正中立な第三者として、患者の権利に関する国際的基準(1981年第34回世界医師会総会において採択され1995年第47回世界医師会総会で改訂された「患者の権利に関するリスボン宣言」、1994年WHO(世界保健機関)ヨーロッパ会議で採択された「患者の権利の促進に関する宣言」等)に準拠して、苦情調査を行ってきました。これは、苦情から学んで医療福祉サービスの質を向上させるという裁判外苦情手続の趣旨にもとづくものです。なお、調査の結果、権利侵害が認定される場合には、それを是正し改善するための具体的な勧告を行ってきました。

2 苦情調査の実例から

私たちは、これまでの苦情調査活動を通じて患者家族の苦情を真摯にとりあげ、調査することが、患者家族のみならず医療者にとっても有益であると実感しました。
私たちには、苦情が誤解に基づくものであった場合でも、苦情調査の過程で重大な問題を発見し、そこでの医療サービスの質の向上、利用者の権利の促進につなげることができた経験があります。

患者の権利オンブズマン東京の第3号の苦情調査は、患者は乳癌の手術後から背中に強い痛みを感じるようになったため、医師が広背筋皮弁を用いた乳房再建術を無断で実施したのではないかという疑念を有したことが契機になって行われたものでした。
調査の結果、医師が無断で広背筋皮弁を用いた乳房再建術を実施した事実はないことは明らかになり、患者の疑念は解けました。しかし、他方でこの患者の疑念が、再建を含めた乳がんの術式についてのインフォームド・コンセントが適正にできなかったこと及び患者が乳がん手術後の神経障害性の疼痛について十分なケアを受けることができなかったことにより生じたものであるという問題も明らかになりました。そこで、患者の権利オンブズマン東京のオンブズマン会議は、医療機関に対して、①乳房の再建について患者が適正にインフォームド・コンセントができるように図ること②乳癌手術後の患者の神経障害性の疼痛について緩和ケア治療を実施することを勧告しました。この苦情調査の報告と勧告については患者と医療機関の双方から肯定的な評価を受けています。

また、NPO法人患者の権利オンブズマン・オンブズマン会議が調査した例ですが、患者の家族から患者が風呂場でホースで水をかけられているという苦情があり、調査したところ、看護師が重大事故が起こりうるという認識がなく気管切開をしていた患者をストレッチャー上に寝かせてシャワー浴をさせていたという事実が判明しました。この事案では、苦情を申し立てた家族は、その主張が誤解によるものとしてそのまま認められなくても事実が判明したことにより満足し、他方、医療者にとっては重大事故の発生を未然に防止でき、医療サービスの質の向上にもつながったと思います。

このように患者の苦情を真摯にとりあげて調査することによって、その原因について解明すれば、患者と医療機関の相互理解を促し、同種の問題につき実効的な再発防止策を作り上げ医療の質の向上を図ることができるのです。
そこで、医療基本法に患者の苦情調査申立権を明記し、苦情調査を保障する実効的な制度を法制化すべきと考えます。

3 苦情調査の意義

苦情調査は、法律上の責任の所在を解明するためのものではありません。責任の有無を調べ非難するものではありません。
患者家族と医療者の関係が紛糾しているケースの多くは、事実の認識に齟齬がある場合です。医療者が正確な事実を調べ、患者家族に伝えることで、患者家族と医療者の間に、事実について共通の認識が形成され、それをもとに、対話が行われます。この対話により、多くの場合、紛争は自ずと解決に向かいます。

医療法第6条の11・1号は、都道府県、保健所を設置する市及び特別区が設置する「医療安全支援センター」について「患者又はその家族からの当該都道府県等の区域内に所在する病院、診療所若しくは助産所における医療に関する苦情に対応し、又は相談に応ずるとともに、当該患者若しくはその家族又は当該病院、診療所若しくは助産所の管理者に対し、必要に応じ、助言を行うこと」と定めています。
医療法施行規則第9条の19は、「当該病院内に患者からの相談に適切に応じる体制を確保すること」と定めています。
患者サポート体制充実加算(平成24年度診療報酬改定で新設)には、患者や家族の相談を担うスタッフを配置することなどが必要とされています。
日本医療機能評価機構の評価項目の一つに、「苦情申立の権利」があげられています。
このように、患者の苦情に耳を傾けることは必要なことですが、それは第一歩にすぎません。これらの体制に加え、患者の苦情調査申立に対応して事実を調べる制度・仕組みをつくることで、対話による解決がみえてきます。
患者の主観的満足を得ることのみを目的として、患者の苦情を聴取するだけでは真の解決にはなりませんし、医療者が苦情から問題点を認識し、その改善を図ることにより医療の質を向上させる機会を失うことになります。前述のとおり苦情は医療の質を向上させる契機となり得るものであり、その意味で苦情は宝であるといえます。
なお、苦情調査申立権を明記することで、苦情が噴出し、対応に苦慮することになることを懸念するむきがあるかもしれません。しかし、むしろ、苦情調査申立権が保障されず、調査されない苦情を残すことこそ、患者の医療機関に対する不満や疑念を増幅させ、より深刻な紛争を招く危険があるのではないでしょうか。

4 医療基本法の提案

日本医師会は、「医療関係者と患者とは疾病克服のために相互に協力するとともに、相互の信頼関係を構築することが重要である。」と指摘し、「すべての国民が、安心、安全な医療を等しく受ける権利を有し、医療提供者と患者等の信頼関係にもとづいた医療が実現されることを目的とする」医療基本法を提案しています。日本医師会の案には苦情調査申立について定めがありませんが、私たちは、医療提供者と患者等の信頼関係を維持するためには、苦情調査申立の制度・仕組みが必須と考えます。

また、患者の権利法をつくる会は、医療基本法要綱案では、「患者は、自分の権利が侵害され、あるいは尊重されていないと感じるときには、当該医療施設の開設者に対して苦情を申し立て、その解決を求めることができる。」と、苦情を申し立て,解決を求める権利を提案しています。患者の権利法をつくる会の案では、苦情調査申立権が明記されていませんが、私たちは、苦情申立権と苦情解決を求める権利を明記する以上、苦情調査の重要性に鑑み苦情調査申立権も明記すべきと考えます。

5 各国の状況

1973年米国病院協会が制定した「患者の権利章典」は、各州の実定法に取り込まれています。ウィスコンシン州の「患者の権利法」は、「患者またはその代理人は、苦情を申し立てることができる。医療施設等から報復される恐れなく、手続を取ることができる」と規定しています。また、医療サービス等を必要とする人に対して提供されるすべての医療計画は、苦情解決システムを備えていなければならないとされています。 
ニューヨーク州の「患者の権利宣言」は、「現在受けている治療やサービスに関して、病院に口頭ないし文書で回答するよう申し立てる権利」を保障しています。 
イギリスの「患者憲章」は、「すべての国民は医療サービスに関して苦情を申し立てることができる権利を有する」「保健当局の局長や病院長から十分かつ迅速に書面による回答を受ける権利を有する」と規定しています。イギリスの「病院苦情手続法」は、「病院には苦情を受け付け、処理担当者が選定されていなくてはならない」と規定しています。
オランダの「患者苦情法」は、「医療提供者と患者との間で起きた紛争を、患者の苦情が発生した医療施設内のまさにその場において解決する」ことを原則としています。そのため、各医療提供者には患者からの訴えに対処できるような手続きを確立することを義務づけています。また、患者は、「地域委員会」に提訴することもできます。
ポルトガルの「国民保健サービス法」は、「受けた医療に対して苦情を申し立てることができる患者の権利」を認めています。保健省の中央サービス局ならびに公的医療サービス部門内に設けられた「利用者事務局」が、患者の苦情を受け付け、アドバイスし、患者としての権利を患者に知らせるなどの役割を担っています。
フィンランドの「患者の地位及び権利に関する法律」(1992年)の「第3章苦情及びオンブズマン」には「苦情」(第10条)、患者オンブズマン(第11条)の規定がおかれています。
リトアニアの「患者の権利及び保健に関する損害補償に関する法律」(1996年)の「第2章 患者の権利」には「苦情申立権」(第9条)の規定がおかれています。
アイスランドの「患者の権利法」(1997年)の「第7章 苦情申し立ての権利」には、「治療についての意見及び苦情」(第28条)の規定がおかれています。
デンマークの「患者の権利法」(1998年)の「第6章 苦情及び罰則」には、「苦情申し立て」(第33条)、「罰則」(第34条)の規定がおかれています。
トルコの「患者の権利に関する省令」(1998年)の「第8章 法的保護の信頼性及び方法」には、「苦情を申し立て、法的行為に訴える権利」(第42条)の規定がおかれています。
ノルウェーの「患者の権利法」(1999年)の「第7章 苦情」には、「実施に対する要求」(第7-1条)、「苦情」(第7-2条)、「苦情の形式及び内容」(第7-3条)、「義務違反の可能性の調査請求」(第7-4条)、「要求及び苦情の提出期限」(第7-5条)の規定がおかれています。
ベルギーの「患者の権利法」(2002年)の「第3章 患者の権利」には、「苦情申し立て権」(第11条)の規定がおかれています。
キプロスの「患者の権利保護法」(2004年)の「第3章 管理機構」には、「苦情調査委員会」(第23条)、「苦情提出のための患者への情報提供義務」(第24条)の規定がおかれています。
スロヴァキアの「保健ケア・保健ケア関連法」(2004年9月22日)の第11条には、「苦情申し立て」の規定がおかれています。
ブルガリアの「改正保健法」(2005年)の「第1章 第2節 患者の権利及び義務」には、「苦情申立」(第93条)の規定がおかれています。

1994年のWHO(世界保健機関)ヨーロッパ会議で採択された「ヨーロッパにおける患者の権利の促進に関する宣言」には、「患者は、自分の苦情について、徹底的に、公正に、効果的に、そして迅速に処理され、その結果について情報を提供される権利を有する。」と明記されています。これと同じ文を医療基本法に明記することを提案いたします。
以 上



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-29 23:00 | オンブズマン

東野圭吾ミステリーズ「白い凶器」

先週放送された「白い凶器」が話題になっています.
「白い凶器」とは何だと思いますか?


「白い凶器」とはタバコです.

喫煙が原因で亡くなった日本人は約12万9千人(東大の渋谷健司教授らの研究)と推定されています.
厚生労働省の研究班の報告では,受動喫煙で年間約6800人が死亡し,そのうち職場での受動喫煙が原因で年間3600人が亡くなっている,と推計されています.健康被害を受けた人はもっと多いでしょう.

なお,スウェーデンでの調査によると,職場での受動喫煙暴露を受けた妊婦は,そうでない妊婦に比べて2.16倍流産を起こしやすいことが分かっています.アメリカの調査では,妊婦の1日1時間以上の受動喫煙によって流産が1.5倍に増えることが分かっています.

このドラマでは,異常にタバコ喫煙の多い職場で,喫煙者連続殺人事件がおきます.ラストシーンで,捜査官はタバコを止めました.喫煙者も受動喫煙者もタバコの被害者で,連続殺人を引き起こした真の犯人はタバコ,というメッセージのように思いました.
ホラーにちかいドラマで,痩せた戸田恵梨香さんの演技は,鬼気迫るものがありました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 09:45 | タバコ

医療ミスと因縁をつけ1000万円を受け取ったとして恐喝で逮捕(報道)

時事ドットコム「「医療ミス」1000万円恐喝容疑=夫がん死、62歳女逮捕-茨城」(2012年8月27日)は次のとおり報じています.

「医療ミスがあったと因縁をつけ、開業医から1000万円を脅し取ったとして、茨城県警石岡署は27日、恐喝容疑で同県かすみがうら市宍倉、無職×××容疑者(62)を逮捕した。同署によると「現金を受け取ったが、相手から申し出たことで脅し取ってはいない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は2005年10月ごろ、内縁の夫=当時(53)、06年に病死=と共謀し、夫が通院していた石岡市内の内科医院院長の男性医師(50)に対し、「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と因縁を付け、暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅し、現金1000万円を振り込ませた疑い。
 同署によると、夫は消化器系の不調を訴え、同医院に01年から05年9月ごろまで通院していた。その後、同県土浦市内の総合病院に通院先を変えたところ、胃に悪性の腫瘍が見つかり、胃がんで死亡した。医師は05年11月に被害届を提出し、同署が捜査を進めていた。」


消化器系の不調を訴え01年から05年9月ごろまで通院していたのですから,医師に「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と述べるのが「因縁をつけ」にあたるのかいささか疑問の余地はありますが,暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅したとすれば,債権の行使方法が違法ですので恐喝となります.
本件は,当事者間の示談交渉ではなく,提訴し判決で解決したほうがよかったのではないでしょうか.本当に,胃がんの見逃しに過失があり,胃がんの見逃しと死亡との間に因果関係があれば,1000万円ではすまなかったはずです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 02:22 | 医療事故・医療裁判

大津市民病院,抗がん剤点滴血管外漏出の発見遅れ右腕にしびれが残る(報道)

京都新聞「大津市民病院で医療ミス 患者、腕に障害 市、賠償120万円計上」(2012年08月27日)は,次のとおり報じています.
 
「大津市民病院(大津市本宮2丁目)で2010年12月、入院中に点滴していた男性患者が、針の位置が変わり、薬剤が血管以外の体内に流入したため、右腕にしびれが残る後遺障害を負っていたことが27日までに分かった。市は治療費や慰謝料など損害賠償額の計119万円を、市議会9月定例会に提案する病院事業会計補正予算案に計上した。

 病院によると、大腸がんで入院していた男性患者(65)が外来診療の受診後、点滴の針が刺さっていた右腕に10センチ大のはれとしびれを訴えた。検証の結果、輸液ポンプによる点滴だったために針の位置がずれても抗がん剤が注入され続け、別の診療科での受診を認めたために発見が遅れるなど、病院の過失が確認されたという。

 病院は今年8月1日に締結した仮示談書に基づき、賠償額を算定。同6月に輸液ポンプの使用基準を新たに策定するなど、「再発防止に努める」としている。」


抗がん剤点滴血管外漏出は早期発見が大事です.そもそも早期発見が困難な状況では輸液ポンプは使用すべきではなかった,ということでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 01:53 | 医療事故・医療裁判

夏の上野動物園

事務局Hです.
ツタンカーメン展を見に行った際,せっかくなので動物園も見に行きました.
パンダの赤ちゃんが死んでしまってまだ日が浅いので,なんとなく神妙な面持ちでパンダのところへ行ったのですが,
シンシンとリーリーは相変わらずぐだっとしていて,平和そうに見えました.
大きなお尻がとっても可愛かったです.

ゴリラ一家の食事風景を見たり,
ホッキョクグマの泳ぎを眺めたり,
じゃれあうベンガルヤマネコに癒されたり,
木陰のベンチで友人と色々話したりと,
久しぶりにのんびりまったりと過ごせました.

ですが,とても日ざしが強い日でしたので,スポーツドリンクは必須でしたし,数時間外にいただけでこんがり日焼けしてしまいました.

谷直樹法律事務所 事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-27 14:01 | 動物

小宮山洋子厚生労働大臣,ハンセン病:療養所職員に歯止めをかけ13年度は実質増員を目指すことを約束

毎日新聞「ハンセン病:療養所職員、厚労相が「増員へ努力」」(2012年8月24日)は,次のとおり報じています.

「国立ハンセン病療養所の入所者たちが職員の削減に抗議してハンガーストライキを計画している問題で、小宮山洋子厚生労働相は23日、厚労省で入所者代表と面会し、来年度は職員が実質的に増員になるよう努力することを表明した。入所者側は「踏み込んだ発言で、一歩前進」と評価。今後もハンストなどの実力行使は構えつつ同省と交渉を続けていくことになった。

 全国ハンセン病療養所入所者協議会が7月、国家公務員の定員削減計画によって療養所職員が減り続け、医療や介護の質が大幅に低下しているとして、ハンストなどの抗議行動を決定。高齢の入所者の実力行使を回避しようと、超党派の国会議員懇談会が8月1日、定員削減計画の対象から療養所を外すよう、藤村修官房長官に申し入れ、官邸と同省、総務省が協議してきた。

 面会は非公開で、厚労省によると、小宮山厚労相は「削減計画の対象外にはできないが、毎年大幅に減る状況に歯止めをかけ、充実した介護体制を確保するよう最大限努力したい」と説明し、13年度は実質増員を目指すことを約束した。【江刺正嘉】」


とりあえず,ほっとしました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-26 00:11 | 人権

薬害根絶デーの報道など

昨日(8月24日)は,薬害根絶デーでした.
全国薬害被害者団体連絡協議会のサイトに,「文部科学省への要望書(2012)」と「厚生労働省への要望書(2012)」が掲載されています.

「厚生労働省への要望書」は以下のとおりです.

1、薬害イレッサの全面解決について
薬害イレッサ訴訟に関しては東京と大阪の高等裁判所によって極めて不当な判決が出されたと認識しています。国は、すみやかに全面解決に向けた取り組みを開始してください。
また、いわゆる「下書き問題」に関しては、二度とこのようなことのないように、徹底検証の上で再発防止に努めてください。

2、薬事法改正を含む再発防止策等の早期実現について
「薬害肝炎の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討会」の提言を受け、「厚生科学審議会医薬品等制度改正特別部会」において薬事法改正に向けてのとりまとめが示されました。これらの経緯を踏まえ、特に以下の施策を速やかに実現してください。
・薬事行政の第三者による監視組織の設置法を厚生労働省として国会に提出してください。
・あらためて添付文書を承認事項とする法改正を検討し、添付文書に関する国の責任を明確化してください。
・薬害研究資料館の設置については速やかに具体的準備に着手してください。

3、一般用医薬品の販売方法について
一般用医薬品の販売方法に関しては、改正薬事法の趣旨を踏まえ、リスク分類に応じた
専門家の介在を徹底してください。また、経過措置によって継続されている配置販売薬に
ついては経過措置を見直して、確実に専門家が配置に関与できる体制整備をおこなってく
ださい。

4、医師・薬剤師国家試験における薬害に関する出題について
薬学・医学教育のモデル・コアカリキュラムにも薬害が盛り込まれ、薬害教育の重要性に対する認識が深まっています。つきましては、医師・薬剤師国家試験における薬害に関する出題を強化充実してください。また、最近の出題における薬害関連問題を教えてください。

5、陣痛促進剤のリスク情報の周知徹底について
陣痛促進剤(子宮収縮剤)の副作用による産科医療事故が後を絶ちません。再三要望しているとおり、母子健康手帳や母親教室のテキストに陣痛促進剤のリスク説明の記載を早急に実現してください。また、PMDAのホームページに出産時によく使用される医薬品の添付文書へのリンクをまとめたページを作成し、そのアドレスを母子健康手帳に記載して下さい。また、学会等のガイドラインにおいて陣痛促進剤の適正使用の記載が十分なされるよう働きかけてください。

6、医薬品副作用被害救済制度の充実について
抗がん剤等による健康被害の救済に関する検討会が抗がん剤副作用の救済制度の導入を見送ったことは大変遺憾なことだと認識しています。検討会は、「政府は引き続き実現可能性について検討を続けるべき」としており、制度導入を検討するための基礎データの収集・分析に着手してください。また、胎児救済についての検討を開始してください。」


日本経済新聞「がん剤副作用の救済制度創設を 被害者団体が再検討要望」(2012年8月24日)は,次のとおり報じています.

「「薬害根絶デー」の24日、全国薬害被害者団体連絡協議会(花井十伍代表世話人)が厚生労働省を訪れ、同省の検討会が7月に導入見送りを決めた抗がん剤の副作用被害を巡る救済制度創設について再検討などを求める要望書を、小宮山洋子厚労相に提出した。

 薬害の再発防止をうたった「誓いの碑」の前で受け取った小宮山厚労相は「医薬品の安全性の確保を推進していかなければいけないという思いを強くした」と述べた。

 このほか要望書では、医薬品行政を監視する第三者組織の設置法案を厚労省が国会に提出することや、陣痛促進剤の副作用による医療事故を防ぐようリスクの周知徹底なども求めた。

 誓いの碑は薬害HIV訴訟の和解に基づき、1999年8月24日に建立された。薬被連はこの日を「薬害根絶デー」と定めている。」


朝日新聞「薬害防止へ行政監視の第三者機関など要求 被害者団体協」(2012年8月24日)は,次のとおり報じています.

「HIVやサリドマイドなどの薬害被害者でつくる11団体からなる「全国薬害被害者団体連絡協議会」は24日、薬害根絶のための要望書を小宮山洋子厚生労働相に手渡した。薬事行政を監視する第三者機関を設置する法案提出など、6項目の実現を求めた。

 2000年から毎年、薬害根絶デーのこの日に要望している。第三者機関の設置法案は、民主党が議員立法での提出を目指しているが、今国会への提出の見通しは立っていない。花井十伍代表世話人は記者会見で、「小宮山大臣は法案提出に対する考え方を被害者に説明する必要がある」と話した。」


新潟日報「全員救済求め署名活動 新潟・肝炎患者ら」(2012年8月24日)は,次のとおり報じています.

「「薬害根絶デー」の24日、「B型・C型肝炎救済全国センター」(新潟市中央区)に参加する県内の肝炎患者や支援者がJR新潟駅前に集まり、カルテがないなどの理由で「国に救済されていない患者がたくさんいる」と市民に訴え、救済のための署名を求めた。

 集まったのは肝炎患者や薬剤師ら約20人。注射器の使い回しなどで感染したとして、国に医療費の支払いなどを求め、午前7時半から約1時間、市民に署名を求めるチラシなどを配った。」


第14回薬害根絶フォーラムは,2012年11月24日土曜日13時から17時,広島大学医学部・階段状講義室で開かれます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-25 01:50 | 医療