弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2012年 08月 ( 59 )   > この月の画像一覧

宝塚市立病院,誤って気管チューブ本体の横から出ている空気漏れ防止のためのチューブを切断,事故調査へ

宝塚市立病院は,2012年8月16日,以下のとおり「-宝塚市立病院:医療事故の概要-」を発表しました.

「1.患者様の初期情報
50 代女性。甲状腺機能亢進症(甲状腺クリーゼ状態)の既往歴がありました。7月末に心肺停止状態で当院に救急搬送され、心肺蘇生により心拍は回復しましたが、低酸素脳症で意識の回復はなく、多臓器不全を伴っており当院に入院され治療中でした。患者様は自発呼吸のない状態で気管挿管の上、人工呼吸器での呼吸管理をおこなっていました。また、心機能補助のため大動脈内バルンパンピングも行っていました。

2.事故の内容
平成24年8月1日午後2時30 分 看護師が気管チューブを固定していたテープの取り替えのため、テープをハサミで切ったところ、誤って気管チューブ本体の横から出ている空気漏れ防止のためのカフの内腔1㎜程度のチューブを切断してしまいました。

3.患者様の容体カフチューブの切断により、気管チューブ自体の交換が必要となり、直後に気管チューブの交換を実施しましたが、交換までに時間を要しその間に血圧、脈拍などの循環動態が悪化し、緊急的に経皮的心肺補助装置を装着しました。
8月7日、患者様は血圧、頻脈が回復し、このときに装着した経皮的心肺補助装置は離脱し、8月9日、大動脈内バルンパンピングも離脱し、事故前とほぼ同じ状態となりました。
その後、治療を継続しておりましたが、8月13日午後2時35分、多臓器不全のため亡くなられました。

4.事故後の対応
以上の事実につきましては患者様のご家族に説明し、謝罪を行いました。
また、所轄の宝塚警察署、宝塚市健康福祉事務所には報告いたしました。

5.原因究明と再発防止
事故調査委員会により、事故原因の検証と再発防止策を取りまとめます。」


妙中信之病院長は「事故と死亡に因果関係はないが、心肺補助装置をつける状態にしてしまったことに責任を感じている。補償については家族と相談したい」と話した,とのことです(毎日新聞「医療事故:人工呼吸器チューブ誤って切断、女性死亡 宝塚」(2012年08月16日))

事故調査委員会の調査により,事故原因が解明され,実効的な再発防止策がとられることを期待いたします.

医療事故のうち,(1)過失(注意義務違反),(2)損害,(3)過失(注意義務違反)と損害との間の因果関係が3つとも認められるものだけが医療過誤として損害賠償を求めることができます.単に,医療事故があった,医療ミスがあった,というだけでは,医療過誤とは言えません.

過失(注意義務違反)によりチューブを切断したことと,本件患者の死亡との因果関係がなければ,死亡についての損害賠償責任は生じません.過失(注意義務違反)によりチューブを切断したことと,心肺補助装置をつける状態にしてしまったこととの間に因果関係があれば,その限度(慰謝料,心肺補助装置の費用等)での損害賠償責任を負うことになります.
しかし,ご遺族の方は,損害賠償より,なぜこのようなこと(チューブの切断)が生じたのか,その原因,経緯について本当のことを知りたい,というお気持ちになることが多いように思います.
その意味で,事故調査に期待いたします.

【追記】

宝塚市立病院は,2013年2月27日,そのホームページに次のとおり事故調査の概要を掲載しました.

平成24(2012)年8月1日発生の医療事故について(報告)
1 はじめに

本院は、平成24(2012)年8月1日に発生した気管チューブカフ送気用チューブの切断による医療事故に関し、同年10月4日に2名の外部有識者を含む医療事故調査委員会を設置し、以降4回の委員会を開催して事故原因の検証、再発防止策について、検討を行ってまいりました。

  12月10日開催の第4回委員会を終え、報告書全般にわたる文章表現の微調整作業は残るものの、同日、事故調査報告書として提出がありました。

本年1月中旬、事故調査報告書の取りまとめが完了しましたので、この報告書を踏まえ、今回の医療事故に関し、次のとおり本院の考え方を明らかにするとともに、報告書の公表を行います。


2 今回の医療事故に関する本院の考え方について

(1)事故原因について

 今回の医療事故については、「事故調査報告書」の中で 1)CCU看護師の支援体制、2)気管チューブ固定法などの指導・教育体制、3)人工呼吸器管理中の気管チューブトラブルの知識と対応、4)院内緊急事態発生時の応援要請システムの運用、5)医療用監視モニターの操作とデータ保全の5点について、職員教育やその習熟、及び院内における徹底ができていなかったとの指摘がありました。この点については真摯に受け止め、本院としてこのような事故が再び起こらないよう、再発防止に向けて懸命に取り組んでいく所存です。

(2)「事故調査報告書」の指摘に対する本院の対応について

ア 医療安全意識の向上に対する教育の充実

看護師の教育の機会と内容を見直し、院内で開催されている蘇生講習会、呼吸療法講習会の内容を再確認し、看護師間での教育内容に反映します。また、本件事案や疑似事案を題材に、危険予知トレーニングを毎年実施してまいります。

イ 気道管理に関する職員の再教育

気道管理の重要性を再認識し、院内で開催されている蘇生講習会や呼吸療法講習会の指導内容を見直しました。

今後、院内における各講習会においては、この見直し内容を活かして指導してまいります。また、主に医師を対象として、気管挿管の院内標準手順を周知徹底し、麻酔科医師を講師とした気管挿管研修会を開催し、気管挿管の最新情報や本件事故を踏まえたトラブル対応についても徹底をしてまいります。

  ウ 気道管理におけるトラブル発生時の応援態勢の再構築

院内の緊急事態発生時に行う従来の“ドクターハート”コールに加え、気道管理におけるトラブル発生時には気道管理に精通した医師が駆けつける“エアウェイ” コールを新たに設けました。

エ 医療機器の整備

院内で使用されている医療用監視モニターは数種類あり、各機器の操作に精通できていないことが見受けられました。このため、今後、各医療用監視モニターの操作に精通し緊急時のデータ保全が確実に行えるよう周知徹底してまいります。

また、併せて医療用監視モニターについては、機種を統一し標準化を進めてまいります。さらに、困難な気管挿管事案を想定し、これに対応できる各種気管挿管用具を整備し“エアウェイ” コールの現場では、これらの用具一式が活用できるようにしてまいります。


3 今回の医療事故が患者様の生命予後に与えた影響について

患者様につきましては、既に本院に救急搬送された時点で心肺停止の状態であり、救急外来で蘇生が成功し心拍は再開したものの、これ以降臨床的には「脳死」に近い状態が続いておりました。したがいまして、本件事故発生当時においても、患者様は、ほぼ脳死状態が継続し、救命することが不可能な状況にありましたので、本件事故が患者様の生命予後に影響を与えたとは考えておりません。


4 おわりに

今回の医療事故につきましては、看護師が気管チューブカフ送気用チューブを切断したことに端を発したものですが、主治医が救急搬送時から患者様家族の意向に応えようと懸命に治療を行った中で、事故調査報告書に掲げられた「事故の背景にあると考えられること」のため、気管チューブの再挿管に困難を極める事態に至ったもので、主治医を含めた担当診療科の医師の手技に起因するものとは考えておりません。

  今回の事故調査報告書を踏まえ、病院組織を挙げて、医療事故の再発防止に取り組むとともに、更に職員の医療安全管理意識を徹底させ、市民の皆様が安心して治療を受けられる医療環境を目指してまいります。」

【追記】
msn産経「医療事故300万円で示談へ 宝塚市立病院 人工呼吸器の管切断」(2014年5月23日)は,次のとおり報じました.

「宝塚市立病院(兵庫県宝塚市小浜)で平成24年8月、50代の女性入院患者の人工呼吸器の管を看護師が誤って切断し、死亡した医療事故で、同病院は22日、300万円を支払うことで示談すると発表した。23日開会の同市の6月定例議会で、議決を経て正式に決定する。

 病院によると、女性は甲状腺の病気を患っており、同年7月末に心肺停止状態で救急搬送され、心肺蘇生(そせい)処置を受け、入院した。同8月1日、看護師が女性の口に差し込まれている人工呼吸器の管を固定していたテープを貼り替えようとした際、誤って管の一部をはさみで切断。女性は同月13日、多臓器不全のため死亡した。

 病院が設置した事故調査委員会は、固定テープを切断する際、はさみを使用しないという指導が行われなかったうえ、担当医師への連絡が迅速に行われなかったなどトラブル発生時の対応が不十分だったと病院側の過失を指摘した。これを受け、病院と女性の遺族の代理人の間で示談交渉が行われていた。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-16 19:48 | 医療事故・医療裁判

熊本大学医学部附属病院, 筋弛緩剤エスラックス紛失

筋弛緩剤エスラックスは,薬事法で毒物に指定され施錠した場所での保管が定められています.

熊本大学医学部附属病院のサイトに「筋弛緩剤“ロクロニウム臭化物(エスラックス静注)”の誤廃棄について」 が掲載されています.

「本年7月31日、手術室内で定数管理している筋弛緩剤“ロクロニウム臭化物(商品名;エスラックス静注)”について、実際の使用量より空き瓶が1本多いことが判明しました。

調査の結果、未使用瓶1本を空き瓶と間違えて廃棄し、その結果、空き瓶が1本多くなったものと判断しました。

 現在は、再発防止策を講じています。」


msn産経「筋弛緩剤1本を紛失 熊本大病院、誤破棄か」(2012年8月15日)は,次のとおり報じています.

「熊本大病院(熊本市)で7月末、麻酔用の筋弛緩剤「エスラックス」の50ミリグラム入り瓶1本が紛失したことが15日、分かった。薬事法で毒薬指定されており、成人3人分の致死量に相当する。

 病院によると、筋弛緩剤は手術室内の施錠した保管庫で薬剤師が管理。7月31日に保管数を確認したところ、手術で使用した本数より、空き瓶が1本多いことが発覚した。誤って未使用瓶を廃棄した可能性が高いという。

 病院の担当者は「施錠などの管理体制に問題はなかった。今後は廃棄時に未使用瓶がないかの確認を徹底し再発防止に努める」と話している。」


空き瓶と間違って未使用瓶を廃棄したということなのでしょうが,そのような間違いもあるのですね.
施錠さえしていれば管理体制に問題がないというわけではないと思います.

なお,筋弛緩剤の紛失は,以下のとおり報道されています.

佐賀大学医学部付属病院で平成22年12月(但し公表は平成23年6月)に1本
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センターで平成23年1月に10本
独立行政法人国立病院機構千葉医療センターで平成23年9月に1本
愛知厚生連海南病院で平成23年9月に1本
有田市立病院で平成23年9月に10本
浜松医療センターで平成23年9月に1本
NTT東日本札幌病院で平成23年12月に2本
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院で平成23年12月に3本
市立室蘭総合病院で平成24年3月に1本
地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市立こども病院・感染症センターで平成24年7月に1本
公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院で平成24年7月に5本
熊本大学医学部附属病院で平成24年7月に1本

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-16 00:09 | 医療

熊本県議会による「国の喫煙率低減目標」への反対議決 に関するアンケート調査結果,県民は反対議決不支持

熊本県は,県内学校のうち敷地内を全面禁煙にしている割合は65・0%で,全国平均の82・6%を17・6ポイント下回っています.禁煙については後れをとっている県である,と言ってよいでしょう.
熊本県議会は,6月定例会で「国の喫煙率低減目標」に反対する議決を行いました.驚愕の決議です.
葉タバコ耕作全国一の産地であることは,そもそも理由になりません.
また,飲食店の売上げ減少を懸念しての決議ですが,禁煙で飲食店の売上げが減少するなどというのは,どこに根拠があるのでしょうか.
喫煙者は,飲食を諦めるのではなく,喫煙を諦めるのではないでしょうか.
もちろん,非喫煙者は,タバコの煙のない飲食店を選びます.

市民団体「くまもと禁煙推進フォーラム」(代表 橋本洋一郎熊本市民病院診療部長)は,これに対するアンケート結果をとりまとめ,2012年8月13日熊本県議会事務局に提出しました.アンケートの結果,県議会の反対決議は,県民に支持されていないことがわかりました.

熊本日日新聞「「喫煙減に異議」県議会に反対6割超 市民団体」(2012年8月13日)は,次のとおり報じています.

「市民団体「くまもと禁煙推進フォーラム」は7月2日~8月8日、県民アンケートを実施。県内に住む20歳以上の3015人から回答を得た。

 意見書への賛成は全体の30・0%、反対が66・4%だった。賛成した人は「吸うのは個人の自由。国が干渉することではない」(21歳女性)などと指摘。反対意見には「時代に逆行しており、恥ずかしい」(39歳男性)などがあった。

 一方、政府の数値目標設定に対する賛成は86・5%に上り、反対は11・8%。喫煙者でも、賛成は56・3%と半数を超えた。

 フォーラムの高野義久副代表は「たばこは多くの人に疾病や死亡をもたらすので、禁煙施策を推し進めるべきだ」と話している。(潮崎知博)」


詳細は「熊本県議会による「国の喫煙率低減目標」への反対議決 に関するアンケート調査」ご参照

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 19:39 | タバコ

五山送り火

明日,8月16日は,五山送り火です.今出川通は混雑するでしょうね.

・大文字 如意ケ嶽 午後8時00分点火
・妙 法 松ケ崎西山と東山 午後8時10分点火
・船 形 船山 午後8時15分点火
・左大文字 大北山 午後8時15分点火
・鳥居形 曼荼羅山 午後8時20分点火

なお,昨年物議をかもした陸前高田の松は,放射性物質が検出された表皮を取り除いて小さな仏像が作られたとのことです.表皮の処分方法は決まっていません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 17:59 | 日常

調剤ミスの薬局に業務停止30日間

読売新聞「調剤ミスで患者死なせた薬局、業務停止30日間」(2012年8月14日)は,次のとおり報じています.

「埼玉県薬務課は13日、薬の調剤ミスで女性患者を死なせたとして摘発された調剤薬局「小嶋薬局本店サンセーヌ薬局」(越谷市)に対し、薬事法違反により30日間の業務停止命令を出した。

 2010年、調剤を誤り患者に連絡もしなかったとして業務上過失致死罪に問われた当時の薬剤師に、さいたま地裁で今年6月、執行猶予付きの有罪判決が下り、確定したことから、県が処分を決めた。」


調剤ミスを犯しただけではなく,調剤ミスに気づきながら連絡せずに放置し,薬による中毒で死なせた事案です。
この処分は相当でしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 16:57 | 医療事故・医療裁判

JTらオーストラリア連邦最高裁判所で敗訴,たばこの箱は警告メッセージ・写真と緑地に銘柄名だけに

ロイター「豪連邦最高裁がたばこの新広告規制を支持、新興国への拡大も」(2012年 8月 15日)は,次のとおり報じてます.

「オーストラリア連邦最高裁判所は15日、同国で12月1日から施行予定のたばこの新広告規制について、これを支持する決定を下し、大手タバコ会社による異議を退けた。
 今回の決定で、巻きたばこやたばこ製品を販売する際、ブランドのロゴなどを入れず、オリーブグリーンのパッケージで販売することが求められるほか、健康被害を警告する画像なども表示しなければならない。

 同最高裁は短い声明で、7人の裁判官の過半数がこの規制がオーストラリア憲法に違反しないと判断したと明らかにした。

 英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)(BATS.L: 株価, 企業情報, レポート)、英インペリアル・タバコ(IMT.L: 株価, 企業情報, レポート)、米フィリップ・モリス(PM.N: 株価, 企業情報, レポート)、日本たばこ産業(JT)(2914.T: 株価, ニュース, レポート)は新広告規制が知的所有権を侵害し、違憲であるとして異議を申し立てていた。

 オーストラリアの全政党はこの規制案を支持しており、将来的に政府が方針転換をする可能性は少ない。

 BATオーストラリアのスポークスマンは決定後、この法律は受け入れがたく、道端で違法にたばこを売る犯罪組織のみが恩恵を受ける、と述べた。

 業界アナリストは、同様の規制案がブラジル、ロシア、インドネシアなど新興国に広がり、売り上げに影響する可能性があると指摘した。」


タバコ広告を規制しても,闇タバコが増えるとは考えられません.

日本たばこ産業(JT)は,判決を受けて「最高裁が合憲性を支持したことを遺憾に思う」とするコメントを発表しました.
しかし,「国民の健康権」と「タバコ会社の商業的表現の自由」とを比較考量すると,本件の合憲性は明らかです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 15:14 | タバコ

ハンセン病,無関心な人は無関心のままです

毎日新聞島根地方版「閑想閑話」(2012年08月14日)は,「聞いてくれる人は聞いてくれるが、無関心な人は無関心のままです」という宮里良子さんの言葉にはっとさせられた,新聞記者として、聞き流すことはできないと感じた,と伝えています.

「「聞いてくれる人は聞いてくれるが、無関心な人は無関心のままです」。先日、益田市内で講演したハンセン病の両親から生まれた看護師、宮里良子さんを取材した際、はっとさせられた言葉だ。新聞記者として、聞き流すことはできないと感じた」

1)ハンセン病の両親から生まれた宮里さんは,ハンセン病に対するいわれなき差別と偏見に長年苦しんだ,
2)看護師として働く職場の病院でも,先輩からハンセン病に対する偏見に満ちた言葉を聞き,40年間口を閉ざした,
3)母親にすら「産んでくれてありがとう」と伝えられなかったと、今も悔やむ,
と伝えています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 01:37 | 医療

歯科インプラント手術の現状

読売新聞「歯科インプラント手術 安全な治療へ対策急務」(2012年8月14日)は,次のとおり伝えています.
 
「インプラント(人工歯根)手術が元で顔の神経まひなどの障害が生じ、後に大学病院などで治療が行われた例が、2009~11年の3年間に421件あったことが日本顎がく顔面インプラント学会の調査でわかった。歯科関係学会や団体は、事故防止策を進める責任がある。

 インプラントは、歯を失った場合の治療法の一つ。手術は、歯がなくなった部分の歯肉を切開し、あごの骨(歯槽骨)にドリルで穴を開けてチタン製の人工歯根を埋め込み、人工の歯を取り付ける。

 保険が利かない自費診療だが、入れ歯に比べ違和感なくかむことができ、ブリッジのように周りの歯を削らないですむ長所がある。年間の出荷本数は約60万本。歯科診療所の約2割でインプラント治療を行っている。

 歯科診療の中では、比較的大きな負担を患者の体にかける外科手術だ。

 07年には東京都内の歯科医院で、出血多量による死亡事故が起きている。しかし、インプラント治療のほとんどが中小の歯科医院で行われているため、全体のトラブル件数や実態は把握できていなかった。

 日本顎顔面インプラント学会が集計した421件のトラブルのうち、手術の際に神経を傷つけたケースが158件(37・5%)と最も多かった。インプラントが上あごの骨を突き抜けて副鼻腔びくうに入ってしまった例も63件(15%)あった。神経が傷ついたケースの半数以上は、治療でも良くならず、まひが残った。

 トラブルは「ここ10年ほどで急に目立ってきた」と、日本大学松戸歯学部の加藤仁夫准教授(口腔インプラント学)は話す。

 材料や器具の改良が進んだことが、歯科医院がインプラント治療に参入する壁を低くし、かえってトラブル増につながったという。「20~30年前は、歯科医自身がうまくできそうな歯を選び、慎重に実施していた。近年は経験が乏しい歯科医が見通しがつかないままに手術を行った結果うまくいかず、患者が大学病院に回ってくる」(加藤准教授)。

 また、歯科医院は競争の激化で保険診療だけでは経営が厳しいことから、収入確保のため1本30万円程度と高額なインプラント治療が無理に実施されているとの指摘もある。

 適正化に向け、関係団体は対策に動き出した。

 日本歯科医学会は国の委託を受け、安全にインプラント治療を行うための歯科医向けの指針を作成し、早ければ今年度中に周知を図りたい考えだ。厚生労働省は、歯科医師国家試験に、インプラントと医療安全の項目の出題の割合を増やすことも検討している。

 また、日本口腔インプラント学会は、同学会の専門医約800人だけが、インプラント専門医として広告表示できるよう、国に求めている。同学会の渡辺文彦理事長(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)は「ネットやチラシの一部に不適切な広告が見られ、患者を惑わしている。学会の専門医表示が認められれば、専門医取得の意欲が高まり、治療水準の向上につながるはずだ」と話す。

 歯科医院の治療体制全体を評価しようとの試みもある。NPO法人・歯科医療情報推進機構(藤本孝雄理事長)は、専門家で作る審査委員会が歯科医の技量と安全確保の体制を評価し、基準を満たした施設への「インプラントセーフティーマーク」を交付している。今年2月末までに45施設が取得した。

 患者自身も最低限の知識を備える必要がある。手術に伴う危険や治療後の継続した手入れについての説明、治療の成否に関わる全身の健康状態や歯周病の検査を治療前に実施しているかも、重要なポイントだ。(医療情報部 渡辺理雄)」


インプラント事故の相談が減らないわけです.
材料や器具の改良が進んだことが,歯科医院がインプラント治療に参入する壁を低くし,かえってトラブル増につながったというのは皮肉な話です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-15 01:00 | 医療事故・医療裁判

金星食

今日は,金星の前を月が横切る,26年ぶりの金星食の日です.
今日を逃すと,次回は2063年5月31日ですから,見逃すわけにはいきません.

東京から見ると, 2時44分から 3時29分まで金星が月に隠されます.
2時44分前後,3時29分前後が見所です.とくに欠けた月の右上から金星が現れるところが見たいです.
ネットで2時から4時まで中継してくれますので,便利です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-14 01:03 | 日常

アラウンドサーティー☆

今日も出勤している事務局Hです.
お盆でも,お客様が3組いらっしゃいました.

数ヶ月前,とうとう“アラサー”の仲間入りをしました.
“アラウンド”というにはまだ早いのかもしれませんが,四捨五入すれば三十路.
年齢を重ねることそのものよりも,中身が年相応に成長していないことに焦りを感じます.
中学時代はもう10年前なのか・・・と思うと少なからず衝撃を受けるので,せめてもの気休めにと,時代は四捨五入ではなく五捨六入だよね,と自分に言い聞かせています.

友人らからも,ファンデーションが法令線に溜まる,傷が治らない,吹き出物が顎にできるようになった,等々アラサートークが飛び出すようになり,
男性の先輩からは,「曲がり角 曲がればあとは 下るだけ」という格言(?)をいただいて,
いっそう肌のお手入れなどには気を遣わねばならないなぁと思う今日この頃です.
せめて,お化粧を落とさないままソファで力尽きることはやめようと・・・.

周りを見ると,素敵に年を重ねていらしたり,そもそも年齢を感じさせない綺麗な女性が沢山いらっしゃるので,
私も見習って,素敵なレディを目指したいなと思っています.

谷直樹法律事務所 事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-13 18:41 | 日常