弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2013年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧

有田市立病院,結核菌の培養検査で陽性と出ながら,結核患者として対応せず(報道)

読売新聞「結核陽性 患者に伝えず」(2013年1月29日)は,次のとおり報じました.
 
「有田市立病院(有田市宮崎町)が結核検査で陽性となった90歳代の男性に結果を伝えないまま、昨年2月から数か月間、診察を続けていたことがわかった。男性は別の医療機関の検査で結核が発覚し、12月頃に亡くなった。同市立病院の担当医は、保健所に連絡するなど、一部の必要な予防措置をとらなかったが、同室の入院患者や家族らへの感染はなかったという。

 男性は昨年1月下旬、肺炎の疑いで入院。結核菌の培養検査も実施したところ、2月下旬になって陽性との結果が出た。

 ただ、検査担当者から連絡を受けた男性主治医が感染症法に基づく保健所への届け出をせず、既に退院していた男性にも連絡しなかった。同病院は「主治医は、電話で聞いたので(対応が)あいまいになってしまったと説明している。反省しており、再発防止に努めたい」としている。

 男性はその後も入院したり、通院したりした上、検査結果を記した書類がカルテに張られていたが、主治医らは男性を結核患者として、対応をしなかった。

 男性は8月、せきや微熱を訴え、別の医療機関を受診。結核が発覚したため、専用病床がある美浜町内の病院に入院したが、12月頃に亡くなった。同市立病院は「死亡原因は結核ではないと聞いている」としている。

 公益財団法人「結核予防会結核研究所」(東京都)の加藤誠也副所長は「思い込みがあると起きるミス。結核は進行すると感染力が強くなるので、患者への連絡ミスが起こらない体制づくりが必要だ」としている。」


患者が別の医療機関を受診しなかったら,最後まで結核が見過ごされたままだったかもしれません.

主治医に結核菌陽性という認識がなかったため,患者にも保健所にも伝わっていなかったのですが,主治医が,検査担当者から陽性の報告を聞いていながら,また,カルテに検査結果が貼られていながら,結核として対応していなかったのは,どうしてでしょうか.報告をきちんと聞いていなかった,カルテを見ていなかった,ということなのでしょうか。


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-29 06:07 | 医療事故・医療裁判

にんにく卵黄との因果関係が疑われる薬物性肝障害,サプリメント連用中に発症したインスリン自己免疫症候群

いわゆる健康食品との因果関係が疑われる健康被害が報告されています.独立行政法人国立健康・栄養研究所のサイトで紹介されています.

◆ 「にんにく卵黄」との因果関係が疑われる薬物性肝障害

・複数の健康食品を摂取していた60歳女性 (日本) が、にんにく、卵黄、サフラワー油などを含む健康食品「にんにく卵黄」を1ヶ月程度摂取したところ (摂取量不明) 、黄疸、全身倦怠感、食欲不振などが生じて医療機関を受診。DLSTにおいて、当該製品のみ陽性、DDW-J2004薬物性肝障害スコアリングにおいてスコア10 (highly suspicious) であったため、当該製品摂取との因果関係が疑われる薬物性肝障害と診断された (肝臓.2012;53(11):748-53).

◆ サプリメント連用中に発症したインスリン自己免疫症候群

・15年前に急性肝炎 (非B型非C型) の既往歴があるが糖尿病加療歴のない70歳女性 (日本) が、約10年前より複数種のサプリメントを服用し、加えて2年前からメチオニンを70 mg/日摂取したところ、動悸・発汗が生じて医療機関を受診。同様の症状は夕食前や深夜に繰り返し生じ、糖質の摂取により軽減していた。空腹時血糖の低値 (32 mg/dL) および血清インスリンの異常高値 (4,660μIU/mL) が認められ、HLAハロタイプはDRB1*0406であった。全てのサプリメントの中止および加療により回復したため、サプリメント連用中に発症したインスリン自己免疫症候群 (IAS) と診断された (市立豊中病院医学雑誌.2012.12.71-4.)


いわゆる健康食品,サプリメントにも気をつけたいです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-28 02:22 | 医療

良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す

「良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す」
故池永満先生の座右の銘です。
b0206085_2156292.jpg

論説委員大矢雅弘氏が,朝日新聞2013年1月26日夕刊に,故池永満先生のことを書いています.

「彼は,いまの議論を20年前にすでにしていたことになる」(鈴木利廣氏)

「単に先見性を持つ人は多いが,組織力と実行力という三拍子そろった珍しい人だった」(安東毅氏)

「最先端の問題を,こんなふうにやろうと言いだし,闘うための仕掛けをつくっていく。そこが池永さんの真骨頂だ」(東島浩幸氏)

最先端の困難な問題に正面から向かい切り開いてきた故池永満先生に悔いはないでしょう.

なお,最もめざましい成果をあげたのは,患者の権利オンブズマンの活動と評価されています.
患者の権利オンブズマン東京は,2013年3月9日に総会記念講演会を東京・飯田橋で開きます.
事前申込はコチラから.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-27 22:00 | オンブズマン

ドラマ『メイドインジャパン』

『白い巨塔』(2003年フジ)の脚本家井上由美子さんが,再び唐沢寿明さんとタッグを組みました.
それが,『メイドインジャパン』(NHK土曜21時)です.
『メイドインジャパン』に喫煙シーンはありません.お奨めです.

タクミ電機の再建のために戦略チームが作られます.
熱い営業部長(唐沢寿明さん),冷静な財務課長(吉岡秀隆さん),技術者の工場長(國村隼さん),弁護士の法務部主任(マイコさん),海外企業との提携に長けている経営企画室員(斎藤歩さん),スパイ役の秘書室係長(中村靖日さん),リストラ担当の総務部部長付(平田満さん)がくせ者(嫌われ者)の7人の侍です.
現実には地味な仕事を担う実務スタッフも必要でしょうが,ドラマはキャラ設定の明確な7人ですすんでいきます.

唐沢寿明さんファン,吉岡秀隆さんファンも見逃せないと思います.
シアトル生まれのマイコさんにも注目です.

離婚直前の営業部長の妻役は大塚寧々さん,娘役は岩井俊二監督が注目する刈谷友衣子さん(『スープ~生まれ変わりの物語~』の反抗的な娘役はよかったです.)です.
会長役は,名悪役のイメージがすっかり定着した岸部一徳さんです.
社長役は,及川光博さんです.『白い巨塔』では病院側の弁護士役でしたね.

なお,私は,タイ製のニコンのカメラ・レンズも買いますし,メイドインジャパンにはまったくこだわりがありません.

第1回は昨日21時から放送されました.再放送が2月2日土曜16時からあります.

【追記】

第2回で,工場長がタバコを吸うシーンがありました.残念です.このドラマを見る気が失せました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-27 09:21 | 趣味

今期のドラマは・・・

事務局Hです.

新ドラマが始まり,
・『ラストホープ』(フジ火曜21時)
・『おトメさん』(テレ朝木曜21時)
・『最高の離婚』(フジ木曜22時)
・『信長のシェフ』(テレ朝金曜23時15分)
・『dinner』(フジ日曜21時)
の一話をそれぞれ見てました.

今期は,『ラストホープ』と『dinner』と『おトメさん』を見ようかな,と思います.
特に『dinner』は倉科カナさんの笑顔がとても可愛いし,イタリアンレストランの物語なので料理が美味しそうで目にも楽しく,
録画した第一話を夜中に見ていたら,無性にお腹が空いてしまいました.

あとは,綾瀬はるかさんの大河ドラマ「八重の桜」(NHK総合日曜20時)も,毎週録画して後で一気に観ようと思っています.
西島秀俊さんと長谷川博己さんがお目当て・・・というのももちろん否めないのですが,
私の両親が福島出身なので,会津が舞台の物語に親近感を覚えます.

今までは,ドラマは展開の面白さこそ重要だと思っていたのですが,
昔のようにテレビにかじりついて集中して観ることがなくなり,家事をしながら観るようになってしまったので,
近頃は,多少設定やストーリーがありがちでも,キャストや音楽,画面の雰囲気が好みであれば,毎週見たくなってしまいます.

最新の視聴率は
・八重の桜   18.1%
・おトメさん   12.1%
・dinner   11.9%
・ラストホープ 11.9%
・最高の離婚  10.8%
・信長のシェフ 9.9%
でした.


谷直樹法律事務所 事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-26 17:03 | 趣味

自民党の医薬品のネット販売に関する議員連盟,薬害被害者からヒアリング

自民党の「医薬品のネット販売に関する議員連盟」は,2013年1月25日,一般用医薬品のネット販売に関し,薬害被害者らの団体からヒアリングを行いました.

CBニュース「薬ネット販売の最高裁判決は消費者に不利益-自民議連ヒアリングで薬害被害者」(2013年1月25日) は,増山ゆかり氏と花井十伍代氏の意見と,それを受けての尾辻秀久氏のコメントを次のとおり,伝えています.


◆ 財団法人いしずえの増山ゆかり常務理事

「判決について、増山氏は「あくまでもネットを規制してはいけないということではなく、法律(改正薬事法)の体裁が整っていなかった、書きぶりが十分でなかったということで、規制がおかしいとなったということだと思う」と指摘。その上で、「一般用医薬品もそうだが、薬を売って利益を得る企業から見ると、消費者は本当に無力だと思う。(新たな)制度は、消費者の安全を確保できるような設計であってほしいと思っている」と強調した。」

◆ 全国薬害被害者団体連絡協議会の花井十伍代表世話人

「花井十伍代表世話人は,薬局などでの薬剤師による対面販売によって、消費者の状況を見て、必要に応じて医療機関の受診勧奨につなげることができると強調。その上で、ネット販売の権利を認めた最高裁判決に関連して「(対面販売の)原則が否定されるのであれば、否定されるだけの根拠をちゃんと検討した上で否定すべきであって、ネットで売るしかないという話は、ちょっと理論としておかしいのではないか」と訴えた。」

◆ 医薬品のネット販売に関する議員連盟会長尾辻秀久参院議員

「尾辻会長は「やはり、法律でそれなりの手当てをしておかないといけない」と、ネット販売の新たなルールの策定に改めて意欲を示した。また、ネット販売規制をめぐる過去の議論を振り返り、ネット販売の推進派が「事後評価でいいといつも言っていた。とりあえず(ネット販売を)やってみて、まずかったら変えればいいということを言っていた」などとした上で、「(新たなルールの検討に当たって)その辺がこれから一つの議論になるだろう」と指摘した。」


判決は,法で決めるべきことを政令で規制した点をとらえて違法としたのですから,立法による解決(合理的な内容の規制)が望まれると思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-26 09:43 | 医療

日本産婦人科医会,「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する指針(案)」への検討要望事項

公益社団法人日本産婦人科医会は,2013年1月21日,「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する検討委員会「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する指針(案)」への検討要望事項」を発表しました.

「本検査が適切に行われれば、従来2万件弱行われていた侵襲的な羊水検査、絨毛検査は、著減させることが可能となります。」と羊水検査,絨毛検査の延長上に母体血を用いた出生前遺伝学的検査(新型検査)を捉えています.しかし,新型検査を羊水検査,絨毛検査と同様に考えてよいかは,一個の論点となると思います.

日本産婦人科医会は,「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する指針(案)」が,本検査について「一般産科婦人科臨床に導入すべきではない」とした点について,検査の有用性の視点からの見解を追加するよう求めています.
しかし,日本産婦人科医会が,検査の有用性を述べるのみで,生命倫理との関係で新型検査についてどのように考えるのか,基本的な理念は必ずしも明確でないように思います.

また,日本産婦人科医会「一般の妊婦の当然の思いを叶えるために、早期に、施設の強い限定ではない、遺伝子カウンセリング体制の整備などの、厳しすぎる条件ではない、適切な方法で開始されることを強く望みます。」と述べています.

新型検査は,中絶のための検査です.「一般の妊婦の当然の思い」と断言していますが,検査・中絶を希望する妊婦が一般的。当然であることは実証されていません.
たしかに,中絶を希望する親は,新型検査が広く緩やかな条件で受けられることを望むでしょうが,出生に関し生命の価値に鑑みてどの程度どのようなコントロールが許されるかについては,社会のコンセンサスが必要なのではないでしょうか.
もし新型検査が広く緩やかな条件で受けられ,中絶が一般化したら,障がいをもって生まれた児に対する差別が助長されるかもしれません.
単にその妊婦が希望しているから,有用な検査だからという理由だけから判断できるほど単純な問題ではないように思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-25 06:10 | 医療

薬害オンブズパースン会議,一般用医薬品のインターネット販売に関する意見書

薬害オンブズパースン会議は,2013年1月23日,厚生労働大臣に対し,「一般用医薬品のインターネット販売に関する意見書」を提出しました.

「第1 意見の趣旨
 薬事法を改正して明文の規定を設けて、「対面販売の原則」を明記したうえで、一般用医薬品のインターネット販売を原則として禁止するべきである。

第2 意見の理由
1 一般用医薬品のインターネット販売について、本年1月11日、最高裁判所は、ケンコーコム株式会社及び有限会社ウェルネットが第1類及び第2類の一般用医薬品について、インターネット販売をすることができる権利(地位)を有することを確認した東京高裁判決に対する国の上告を棄却した。

2 この最高裁判決は、第1類及び第2類の一般用医薬品のインターネット販売を一律に禁止することは、憲法22条1項で保障された職業活動の自由を相当程度制限するものであるから、省令で規制するには、法律の委任が必要であるが、現行薬事法には根拠規定がなく、立法過程を考慮に入れても、省令で一律禁止することまで委任したとは読み取れないから、違法・無効であるとしたにとどまる。
 従って、法律に明文の規定を設けてインターネット販売を禁止することを違法としたものではなく、まして、インターネット販売で、一般用医薬品の安全な使用が確保できるとしたものではない。

3 現行の薬事法は、2006(平成18)年に改正されたものであるが、この改正は、リスクの程度に応じた専門家による実質的な情報提供と相談対応によって、一般用医薬品の安全な使用をはかることを目的として行われたものである。医薬品の安全な使用を確保するには、販売に当たり、専門家が購入者との双方向のコミュニケーションを通じて、副作用について注意を喚起したり、必要に応じて医療機関の受診を勧めたり、濫用が疑われるときには販売を断るなどの対応をすることが求められる。そこで、薬事法改正の元となった「厚生科学審議会医薬品販売制度改正検討部会報告書」は、「対面販売」を原則とするべきであり、対面販売になじまないインターネット販売については、第3類を除き、慎重に対応すべきであるとしたのである。
 混乱が生じた原因は、厚生労働省及び国会が、薬事法改正作業に当たり、上記検討会の結論を反映する明確な条文を薬事法に設けなかったことにある。従って、薬事法を改正し、明確な条文を設けるべきである。

4 これに対し、インターネット販売の規制は、高齢者や障害者、離島居住者などの利便性を損なうとの指摘があるが、これらの方々こそ専門家の関与の元で安全に医薬品を使用することが求められる。
 サリドマイドもスモンも一般用医薬品によって起きた薬害であり、現在も、スティーブンス・ジョンソン症候群など一般用医薬品による重篤な被害が発生している。医薬品の副作用被害は、ひとたび発生すれば、被害者の人生を全く異なるものとしてしまうことさえある。「安全性」があってこその「利便性」なのである。

5 厚生労働省は、最高裁判決を受けて、検討会を設置し、早急に新ルールを決定したいとしているようであるが、法律に明確な規定を設けることを怠り、それを判決で指摘されたからといって、基本方針まで変えるのは筋違いである。
 インターネットにおいて「対面販売」に匹敵する安全性を確保する方策はないのか、あるとすればそれはどのような方法かについて検討する場合は、まずは、一度決めた方針に従って薬事法を改正して明確な禁止規定を設けたうえで、時間をかけてしっかりと検討するべきである。

6 なお、店舗販売においても、「対面販売」を初め改正薬事法の趣旨が生かされていないという実態がある。登録販売者資格の不正取得問題も生じている。
 この際、店舗も含めて一般用医薬品販売の在り方を総点検して、薬事法改正の目的を貫徹させるべきである。   
                                                           以 上」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-23 23:56 | 医療

厚労省,利益相反に関する薬事分科会審議参加規程に沿った対応がなされなかった件への対応

化粧品の暴露評価の専門家として調査会に招致した参考人1名から,審議品目に含まれていた消炎鎮痛パップ剤(医薬品)の競合企業より500万円を超える寄付金等の受取がある旨、調査会の開催前に申告があったが,調査会において事務局から報告されず,審議参加規程第16条に基づく同参考人の発言が特に必要であるとの調査会による確認が行われないまま,審議が行われた,とのことです。

厚労省のサイトに,「平成24年10月11日開催の安全対策調査会における参考人の審議参加に関する取扱いについて」が掲載されています.

「平成24年10月11日に開催された薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において、「化粧品等のリスク評価について」の議論が行われた際、参考人の審議参加につき、利益相反に関する薬事分科会審議参加規程に沿った対応が行われていなかったことが判明しました。このため、以下のとおり対応しましたので、お詫びするとともにお知らせします。

[安全対策調査会(平成24年10月11日)における取扱い]

1.同参考人は、化粧品の暴露評価の専門家であり、この分野の専門家が少ないことから当日の審議に出席し発言を求めることが必要であった。調査会に出席した全委員に事後、同参考人の発言が特に必要であったと認められることを確認し、この旨を調査会の議事録に追記し本日公開した。
2.今後同様の事案の再発を防止するため、複数の職員による重層的な確認を徹底することとする。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-23 10:12 | コンプライアンス

膵臓がんの手術後に「ゲムシタビン」より「S―1」のほうが生存率が改善される可能性(報道)

共同通信「経口抗がん剤で生存率向上 膵臓がん手術後に使用」は,次のとおり報じました.


 「膵臓がんの手術後、これまで使われてきた点滴抗がん剤「ゲムシタビン」を投与すると2年後の生存率が53%だったのに対し、経口抗がん剤「S―1」を使うと同70%と大幅に向上したと、静岡県立静岡がんセンター(同県長泉町)などのチームが23日、発表した。

 国内33病院で患者計385人が参加した臨床試験の中間解析で大きな効果が見られたため、公表に踏み切ったという。これまでゲムシタビンを使っても約20%だった手術後の5年生存率が改善されるとみて、チームは調査を続けている。

 膵臓がんは早期発見が難しく、手術で切除できる患者は2~3割と少ない。」


膵臓がんは,早期発見・手術に至る症例が少なく,さらに手術後抗がん剤ゲムシタビンを使用しても5年生存率が著しく低い状況でしたが,S―1はゲムシタビンよりは生存率が向上する可能性があるという,臨床試験の中間解析です.

ちなみに,膵臓癌のリスク因子は以下のとおりです.

●家族歴
膵癌 13倍
遺伝性膵癌症候群 4.46倍

●合併疾患
糖尿病 1.8倍~2.1倍
肥満 BMI30以上では1.8倍
慢性膵炎 4~8倍
遺伝性膵炎 健常人の53倍
IPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍) 0.95~1.1%/年

●嗜好
喫煙 2~3倍


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-23 08:43 | 医療