弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2014年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

東京医科大学病院,患者の個人情報が入ったUSBメモリを紛失

CBニュース「東京医科大病院、患者情報USBメモリ紛失-再発防止で職員教育強化」(2014年5月1日)は,次のとおり報じました.

「東京医科大病院は、患者の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したと発表した。USBメモリには脳神経外科手術の診療情報が記録されており、パスワードの設定やデータの暗号化がなされていなかった。同病院は個人情報保護委員会を開き、職員の教育・指導の強化や再発防止策について協議するという。【新井哉】

 同病院によると、学会出張中の職員が4月18日に脳神経外科手術33例の患者IDや氏名、手術日、腫瘍の大きさなどのデータが記録されていたUSBメモリを紛失。警察に届け出るとともに、関東信越厚生局と東京都に報告した。今のところ個人情報の流出や第三者による不正使用は確認されていないという。

 同病院は2006年に個人情報保護法への対応のためのガイドラインを制定し、個人情報の院外への持ち出し禁止や暗号化などを徹底するよう指導してきたほか、昨年6月に「個人情報管理室」を設置し、セキュリティ対策や個人情報保護の重要性などを伝えてきた。

 ハード・ソフト両面での漏えい防止体制を整えてきたにもかかわらず、職員が私物のUSBメモリを使って診療情報が院外に持ち出されたことについて、同病院は「極めて遺憾。このような事態を招き、深くおわび申し上げます」と陳謝。各部署でのUSBメモリの管理について具体的な検討を指示したという。

 今後、病院長が委員長を務める個人情報保護委員会を開催し、ガイドラインの順守や個人情報保護の徹底などについて話し合い、あらためて教職員の教育・指導を徹底する方針。」


ルールを遵守しない医師の紛失事故が,また報じられました.
教育・指導は,有効な再発防止策になるのでしょうか,東京医科大学は2012年10月にも紛失事故を起こしていますし,全国的にも紛失事故が続いていることから,疑問を覚えざるをえません.

◆ 2011年6月以降報じられた病院での個人電磁情報の紛失事故は以下のとおりです.

2011年 6月
慶應義塾大学病院スポーツ医学総合センター
北海道大学病院

2011年7月
医療法人 柏堤会(財団) 戸塚共立第1病院
藤田保健衛生大学病院
昭和大学歯科病院

2011年8月
筑波メディカルセンター病院

2011年9月
千葉県精神科医療センター
鹿児島大学病院

2011年10月
JA茨城県厚生連茨城西南医療センター病院
独立行政法人国立病院機構三重中央医療センター
独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院
大和市立病院

2011年11月
独立行政法人国立病院機構金沢医療センター

2012年1月
医療法人聖愛会
独立行政法人国立病院機構千葉医療センター
独立行政法人国立病院機構宇多野病院
東京女子医科大学附属八千代医療センター

2012年2月
京都府立洛南病院(ただし一時紛失)
岡山大学病院
藤沢市民病院
長崎大学病院

2012年3月
日本赤十字社医療センター
国立大学法人高知大学医学部

2012年4月
ごう在宅クリニック(札幌)
静岡県立病院機構静岡県立総合病院
広島大学病院
福岡大学病院

2012年5月
福岡大学病院

2012年6月
日本大学医学部附属板橋病院

2012年7月
日本大学歯学部付属歯科病院

2012年8月
名古屋大学医学部附属病院
順天堂大学医学部附属順天堂医院
愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院

2012年9月
沖縄県立中部病院
福岡歯科大学医科歯科総合病院
大阪リハビリテーション病院

2012年10月
医療法人社団恵仁会セントマーガレット病院
東京医科大学病院
昭和大学病院附属東病院
浜松医科大学医学部付属病院,浜松医療センター

2012年11月
九州大学病院
東京慈恵会医科大学附属柏病院

2013年2月
札幌医科大学附属病院

2013年3月
東京医科歯科大学歯学部附属病院

2013年4月
昭和大学歯科病院

2013年5月
市立岸和田市民病院

2013年7月
順天堂大学医学部附属順天堂医院
東京女子医科大学病院
一般財団法人神奈川県警友会けいゆう病院
埼玉県立がんセンター

2013年8月
さいたまほのかクリニック

2013年9月
新潟県立六日町病院
公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院

2013年10月
産業医科大学若松病院

2013年12月
筑波大学附属病院
岐阜大学医学部附属病院(その後発見)
JR東京総合病院

2014年1月
医療法人鉄蕉会亀田総合病院(その後発見)
兵庫医科大学附属病院
湘南藤沢徳洲会病院

2014年3月
公益財団法人がん研究会有明病院
鳥取大学医学部付属病院
大阪大学医学部附属病院

2014年4月
鳥取県立厚生病院
東京医科大学病院

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-05-02 22:56 | コンプライアンス

神戸市立医療センター中央市民病院、胸部エックス線画像を見ずに放置し肺がん見逃し

神戸新聞「胸部画像を放置、肺がん陰影見逃す 神戸・中央市民病院」(2014年4月30日)は、次のとおり報じました.

「神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)は30日、脳神経外科の30代の男性医師2人が、脳動脈瘤で入院した市内の50代男性の胸部エックス線画像を見ずに放置し、写っていた陰影を見逃した、と発表した。男性はその後、別の病院で肺がんと診断され、現在は中央市民病院で治療を受けている。

 同病院では結核の院内感染予防のため、全ての入院患者の胸部をエックス線撮影。男性についても昨年2、6月に撮影したが、医師は2人とも画像を一度も確認せず、結果的に陰影を見逃した。ともに「脳動脈瘤の治療に気を取られていた」と話しているという。

 男性は10月、別の病院の検査で肺がんと判明。治療で受診した中央市民病院の呼吸器内科の医師が、過去のエックス線画像を見て陰影に気付いた。同病院は「撮影時に確認していれば、早期治療ができたはず」として男性に謝罪した。

 同病院はこの問題を受け、現在の場所に移転した2011年7月以降のエックス線画像約3万5千件を調査。医師が一度も見ていないケースが494件あった。結核など病気の見逃しはなかったという。(田中陽一)」

医師が胸部エックス線画像を見ずに放置することは、実は、ときどきあります.
多くの場合は何事もないのですが、まれに肺がんが疑われる陰影が写っている場合があり、その場合は医師の責任問題になります.そのなかで、因果関係が認められる場合だけが、民事賠償責任を生じます.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-05-01 23:29 | 医療事故・医療裁判

停電事故と電子カルテ閲覧

週刊ダイヤモンド「東大病院がシステム事故を矮小化 電子カルテ閲覧不能を公表せず」(2014年4月30日)によれば,東大病院で2013年10月27日(日)午後2時半から翌28日(月)午前8時まで作業ミスによる停電のため全ての電子カルテが停止する事故が発生したことが分かったとのことです.
「週刊ダイヤモンド」の取材によると,全患者の電子カルテが閲覧できなくなり,医療事故防止のために入院患者が手首に巻く「患者認識用リストバンド」のバーコードも読み込めなくなったとのことです.
東大病院は,「(電子カルテの閲覧は)ウェブ系のデータ参照システムが障害発生中も利用可能だった。治療行為の遅延もなかった」と回答した,とのことです.
「週刊ダイヤモンド」の関係者への取材によると,電子カルテを参照できるようになったのは深夜に入ってからで,実際には入院患者に点滴ができなかったり,治療行為には確実に遅れが出ていた,とのことで,影響の程度には相違があります.
ほとんどの病院で,手書きのカルテから電子カルテに移行しましたが,これは,電子カルテの弱点を露呈した事故と思います.二重三重のバックアップ体制が必要なのではないでしょうか.

また,つい先日,IE(Internet Explorer)の脆弱性(セキュリティホール)が発見され,zero-day attackを懸念した米国,英国の政府がIE使用を控えるよう警告しました.私の事務所では,Chromeの使用が多いのですが,ドキッとする情報でした.
現代は,ツールが便利になった反面,危険と背中合わせです.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-05-01 06:22