弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2014年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

大阪地裁,乳がん患者の治療の機会を奪った自称宗教家に約6000万円の賠償を命じる

産経新聞「ニセ霊能者「神さんに聞いた。癌と違う」、デタラメ“洗脳”の悲劇…すがった女性の乳癌は進行し3年後に亡くなった」(2014年8月29日)は,次のとおりました.

「乳がん患者の女性は、自称宗教家の「おはらい」を受けることで治療したと思い込んでいたというが、3年後にがんが進行し亡くなった。この宗教家に対し女性の遺族が損害賠償を求めた大阪地裁での訴訟の中で、宗教家は自らに霊能がないと告白するなどし、地裁は計約6600万円の賠償を命じた。

乳がん患者の女性は、自称宗教家の「おはらい」を受けることで治療したと思い込んでいたというが、3年後にがんが進行し亡くなった。この宗教家に対し女性の遺族が損害賠償を求めた大阪地裁での訴訟の中で、宗教家は自らに霊能がないと告白するなどし、地裁は計約6600万円の賠償を命じた

 「神さんに聞いた。あなたの病気はがんと違う」

 乳がんに倒れた女性は、ニセ霊能者のでたらめな言葉をすがるような思いで聞いたに違いない。「病気を治す」と嘘を言い、兵庫県内の女性=当時(47)=にがん治療の機会を与えず死亡させたとして、女性の遺族が、自称宗教家(66)などに損害賠償などを求めた訴訟の判決が7月、大阪地裁であった。女性はこの男性宗教家の施した「おはらい」を治療と思い込んだというが、宗教家は訴訟で自ら霊能がないと告白。地裁は宗教家に計約6600万円の賠償を命じた。信仰心の強さ故の悲劇だが、現代社会でも“宗教”に救いを求めるケースは少なくない。

“洗脳”期間3年

 判決によると、女性は夫と子供2人の4人家族。家事と子育てにいそしむ主婦生活に影が差したのは平成19年1月のことだった。

 乳がん検診で左乳房に2・5センチ大のしこりが見つかり、後にがんと判明した。医師には、手術か化学療法のいずれかの治療を選ぶよう告げられた。

早期がんのため、この時点で女性が適切な治療を受けていれば命が助かる可能性は高かった。ところが女性と夫は、かねてから心酔していた自称宗教家に助言を依頼。これが悲劇の始まりだった。

 宗教家は、女性に胸のしこりについて「神さんのお告げによれば、がんとは違うできものだ」と説明。「医者には治せない。霊能のある私しか治せない」と言い、自身のおはらいを受けるよう勧めた。

 女性は宗教家の言葉を信じ、しばらく手術などを見送ることを決意。おはらいを受けるため、週に1~4回、大阪市阿倍野区にある宗教家の事務所に通うようになった。おはらいは頭や肩をたたくだけの行為で、1回2万円。他に「胸に光を入れる」と女性をあおむけに寝かせ、胸の上に手をかざすこともあった。

 ただ、宗教家は特殊能力も医学的知識も持ち合わせてはいなかった。女性の病状は21年6月には、手の施しようがない末期がん(ステージIV)に進行。しこりは10センチ大になり、乳頭からは膿や血が出るようになった。

医師は抗がん剤治療を受けるよう女性と夫を強く説得した。それでも、宗教家は「できもんを小さくするためには膿は出さなあかん」「元は背骨が悪い。病院は背骨なんか見ないから乳がんと言う」などと女性を“洗脳”し続けた。女性は抗がん剤治療を拒み、比較的副作用の少ないホルモン療法を頼った。

 結局、女性はがん発見から約3年後の22年1月、家族に見守られながら自宅で亡くなった。この時、がんは肺に転移していた。

本業はかばん製造販売

 女性が宗教家に支払った「おはらい料」は少なくとも384万円に上るとされる。当然全額が賠償に含まれたが、女性に命の危険が迫る中、虚言を弄して金をもうけた宗教家とは一体何者なのか。

 昭和44年ごろ、大阪市阿倍野区でかばんの製造販売業を営み始めた。宗教家を名乗るのは59年ごろ。「雷神」を崇拝し、副業として心身の不調を訴える人々へのおはらいを始めた。亡くなった女性の夫とはこのころ、本業を通じて知り合っている。

宗教家の事務所は「教会」と呼ばれるようになり、信仰に篤い人々や特殊能力を持つ人々が集まるようになった。例えば女性と同時期に事務所に通っていた男性(30)は、小学3年生のころから叔母に連れられて教会に通った。景色や人物に独特の色が見えることに悩み、おはらいを受けていたのだという。

 ただ、宗教家には当初から霊能がなかった可能性が高い。宗教家は訴訟の中で自身を「市井の宗教家」と表現。他人の体内に存在する病変を見つけたり、治療したりする能力はないと認識していたと告白した。

 さらに、女性から病状の相談を受けた際、「がんではない」と発言した覚えはなく、むしろ病院に行くよう助言したと主張。度重なるおはらいについては「社会通念上相当な宗教行為だった」と訴えた。

 一方、地裁判決は、宗教家の主張を「信用できない」と一蹴。言動は宗教行為ではなく、不法行為にあたるとした。

 その上で、宗教家の振る舞いと女性の死亡との因果関係を認定。宗教家の嘘を信じた女性や夫に落ち度はなかったとし、宗教家に遺族5人に計約6600万円の高額賠償を支払うよう命じた。

刑事事件のケースも

 結局、宗教家が主催する宗教がどんな教義を持っていたのかは分からない。ただ、宗教上の理由から患者の治療の機会を奪って死亡させるトラブルは、刑事事件に発展するケースもある。

 福岡県警は平成22年、アトピー性皮膚炎が悪化した生後7カ月の長男に治療を受けさせず、感染症で死なせたとして、福岡市の宗教法人職員で信者の夫婦を殺人容疑で逮捕した。

 県警は親が合理的な理由なく子供に治療を受けさせない「医療ネグレクト」にあたると判断。夫婦は宗教の教義に従い、手をかざす「除霊」と呼ばれる行為で自然治癒を目指していたという。長男の死因は殺菌感染による敗血症だった。

 また、患者が自らの宗教上の信念で治療の機会を放棄する事例もある。

 科学技術の発達した現代社会では、人の命を救う役割を担っているのは医学的治療であり、宗教が救済するのはあくまで人の「心」が中心だ。とはいえ、病に倒れた人々は、苦しい闘病生活からの解放を願い、宗教に頼るケースがまだまだ多いのかもしれない。

 訴訟は控訴され、高裁で再び主張が争われることになった。今後の展開が注目される。」


がんではないとは言っていない,病院に行くよう助言した,とすれば,患者は病院を受診し治療を受けたはずですから,患者がこの宗教家のお祓いに頼ったという事実からすれば,宗教家はがんでないと述べたと考えられるでしょう。
宗教家に洗脳されている人は,宗教家に「がんではない」と言われれば,その言葉を信じたくなるでしょう.
本件は,宗教活動の限界を超えた違法悪質な行為と思います.
判決が因果関係を認めた点も正しいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-04 08:15 | 医療事故・医療裁判

医療過誤に遭ったロボット

2112年9月3日生まれの子守用ネコ型ロボットと言えば,「ドラえもん」です.
修理ロボットの医療過誤のため,耳がありません.
「ドラえもん」の設定は,シュールにみえますが,医療過誤は誰にも起きうることです.

私の同期に,そのドラえもん似の風貌から「ドラちゃん」と呼ばれていた元銀行員の修習生がいました.今は,判事となって,と或る支部で民事も刑事もひとりで担当しています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-03 08:04

民法改正案~法定利率

来年の通常国会に民法(債権関係)改正案が提出される運びとなりました.

医事訴訟に大きな影響があるのは,時効と法定利率です.

現在は法定利率は5%なのですが,改正案では次のとおり3%となり,省令により変更されます.

「1 変動制による法定利率
民法第404条の規律を次のように改めるものとする。

(1) 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、当該利息が生じた最初の時点における法定利率による。

(2) 法定利率は、年3パーセントとする。

(3) (2)にかかわらず、法定利率は、法務省令で定めるところにより、3年ごとに、3年を一期として(4)の規定により変更される。

(4) 各期の法定利率は、この(4)により法定利率に変更があった期のうち直近のもの(当該変更がない場合にあっては、改正法の施行時の期。以下この(4)において「直近変更期」という。)の基準割合と当期の基準割合との差に相当する割合(当該割合に1パーセント未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)を直近変更期の法定利率に加算し、又は減算した割合とする。

(5) (4)の基準割合とは、法務省令で定めるところにより、各期の初日の属する年の[6年前の年の5月から前年の4月まで]の各月における短期貸付けの平均利率(当該各月において銀行が新たに行った貸付け(貸付期間が1年未満のものに限る。)に係る利率の平均をいう。)の合計を60で除して計算した割合(当該割合に0.1パーセント未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)として法務大臣が告示する割合をいう。
(注)この改正に伴い、商法第514条を削除するものとする。

2 金銭債務の損害賠償額の算定に関する特則
民法第419条第1項の規律を次のように改めるものとする。
金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、当該債務につき債務者が遅滞の責任を負った時の法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、その約定利率による。

3 中間利息控除
中間利息控除について、次のような規律を設けるものとする。
将来において取得すべき利益についての損害賠償の額を定める場合において、その利益を取得すべき時までの利息相当額を控除するときは、損害賠償の請求権が生じた時の法定利率によってこれをしなければならない。」


中間利息控除が3%となるのは逸失利益の計算においては良いのですが,遅延利息も3%となることからケースによっては被害者の受領賠償額が現状より減少することもあります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-03 05:31 | 医療事故・医療裁判

茨城県立中央病院,「医療問題中立処理委員会」(医療ADR)で和解

毎日新聞「医療事故:中央病院で昨年12月 県、認める 遺族に2300万円賠償へ/茨城」 (2014年8月28日)は,次のとおり報じました.

「県立中央病院(笠間市)で昨年12月、救急搬送された県西地域の90代女性が適切な措置を受けられず、亡くなっていたことが27日、分かった。県は「対応が不十分だった」と責任を認め、遺族に損害賠償2300万円を支払うことを決めた。関連議案を来月1日開会の9月議会に提案する。」

この90歳代の女性は,2013年12月22日午前県西総合病院を受診し,同院は県立中央病院に救急搬送しました.医師は,腹部CTで慢性出血の診断を下し,輸血を行い,血圧が回復したことから,入院させることなく帰宅させ,女性は帰宅後急変し出血性ショックで死亡しました.

茨城県は,年齢等を考慮して帰宅させずに経過観察していれば結果は違った可能性がある,として責任を認め,茨城県医師会の「医療問題中立処理委員会」(医療ADR,Alternative Dispute Resolution)で和解が成立したとのことです.

輸血を行って血圧が一時回復しても安心はできません.帰宅という判断は,医師からみても不適切で,因果関係も肯定できる事案なので,和解が成立したものと推察します.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-03 04:45 | 医療事故・医療裁判

SGLT(ナトリウム/グルコース共輸送体)2阻害薬の重篤な副作用。再び注意喚起

CBニュース「SGLT2阻害薬の使用で2度目の注意喚起-糖尿病の専門家グループ」(2014年9月1日)は,次のとおり報じました.

「糖尿病の専門家でつくる「SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会」は、糖尿病の新たな治療薬として注目されている「SGLT2阻害薬」の使用方法について、医療者に注意喚起を行った。注意喚起は8月29日付で、6月に続いて2度目。副作用の報告では、皮膚症状が500例を超え、このうち全身に症状が出るなど重篤なケースは80例以上に上った。【敦賀陽平】

 SGLT2阻害薬をめぐっては、製薬会社の「アステラス製薬」(東京都中央区)と「MSD」(同千代田区)が4月中旬、国内の一番手として「スーグラ」(一般名イプラグリフロジン)の販売を開始。その後、各社が新製品を相次いで発売している。

 今回の注意喚起は、スーグラに加え、「ルセフィ」(同ルセオグリフロジン)、「フォシーガ」(同ダパグリフロジン)、「アプルウェイ」「デベルザ」(同トホグリフロジン)の5製品(4剤)について、8月17日までの副作用の報告を基に行われた。

 治験の段階から薬との関連性が認められていた尿路・性器感染症については、膀胱炎など尿路感染症が120例以上、外陰部膣カンジダ症など性器感染症が80例以上に達した。尿路感染症では、腎盂腎炎などの重篤なケースが12例報告された。

 皮膚症状は薬疹、発疹、皮疹、紅斑など軽度なものを含めると、500例以上の報告があり、最も頻度が高い副作用だった。このうち、重篤と判定された事例は80例以上に上り、重篤なスティーブンス・ジョンソン症候群とみられる事例も1件確認された。こうした重篤な皮膚障害は、治験の段階ではほとんど報告されていなかった。

 皮膚症状は薬の投与から約2週間以内に発生していた。皮疹の症状が落ち着いた後、別の種類のSGLT2阻害薬に切り替えたところ、症状が再発したケースも数例あった。このため、同委では薬疹の症例について、「SGLT2阻害薬以外の薬剤への変更を考慮すべき」としている。

 こうした副作用の報告を踏まえ、同委では、▽高齢者(65歳以上)への投与は慎重に適応を考えた上で開始、薬の発売から3か月以内に投与する場合は全症例を登録する▽尿路感染や性器感染に関しては、問診(質問紙の活用も推奨)や検査を適宜行って発見に努め、発見時は泌尿器科や婦人科に相談する▽当面の間、原則として他の2剤程度までの併用が推奨される―など7項目の対策を提言した。」


委員会は,2014年6月13日に策定した「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」 を「8月17日の時点での各製剤の副作用報告によれば、予想された副作用である尿路・性器感染症に加え、重症低血糖、ケトアシドーシス、脳梗塞、全身性皮疹などの重篤な副作用がさらに増加している」ことから,2014年8月29日に改訂しました.
次の副作用が報告されたとんことです.

低血糖114例.そのうち重症低血糖12例.

腎盂腎炎、膀胱炎などの尿路感染症が120例以上.
外陰部膣カンジダ症など性器感染症が80例以上.
皮膚症状は500例以上.そのうち80例以上が重篤な皮膚障害.粘膜に病変を認める重篤なスティーブンス・ジョンソン症候群1例.
脳梗塞が12例.
心筋梗塞・狭心症6例.
重症の脱水15例.

Recommendation の7項目は,次のとおりです.

「1.インスリンやSU 薬等インスリン分泌促進薬と併用する場合には、低血糖に十分留意して、それらの用量を減じる(方法については下記参照)。インスリンとの併用は治験で安全性が検討されていないことから特に注意が必要である。患者にも低血糖に関する教育を十分行うこと。
2.高齢者への投与は、慎重に適応を考えたうえで開始する。発売から3ヶ月間に65歳以上の患者に投与する場合には、全例登録すること。
3.脱水防止について患者への説明も含めて十分に対策を講じること。利尿薬との併用は推奨されない。
4.発熱・下痢・嘔吐などがあるときないしは食思不振で食事が十分摂れないような場合(シックデイ)には必ず休薬する。
5.本剤投与後、薬疹を疑わせる紅斑などの皮膚症状が認められた場合には速やかに投与を中止し、皮膚科にコンサルテーションすること。また、必ず副作用報告を行うこと。
6.尿路感染・性器感染については、適宜問診・検査を行って、発見に努めること。問診では質問紙の活用も推奨される。発見時には、泌尿器科、婦人科にコンサルテーションすること。
7.原則として、本剤は当面他に2剤程度までの併用が推奨される。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-02 02:58 | 医療

山科疏水散策

昨日,京都の山科で患者の権利オンブズマンの会議があり,その後,琵琶湖疏水の分線である山科疏水を散策しました.
山科駅は京都駅から1駅ですが,駅周辺から落ち着いた住宅街が広がり,その中を山科疏水が静かに流れていました.南禅寺(水路閣),哲学の道へ続いています.緑が美しく心地よかったですが,できれば桜の季節に来たいと思いました.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-09-01 05:05 | 趣味