弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2014年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

大阪高判平成26年12月19日判決、旧奈良病院の産婦人科医の当直時間帯すべてが労働時間と判断

産経新聞「旧奈良病院の当直訴訟 二審も「全て労働時間」 産科医に割増賃金 大阪高裁」(2014年12月19日)は、次のとおり報じました.

「県立奈良病院(現奈良県総合医療センター)の産婦人科医の当直時間帯すべてが「労働時間」に当たるかが問われた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は19日、一審奈良地裁と同様に労働時間と判断し、病院側に未払いの割増賃金など計約1280万円の支払いを命じた。

 病院側は、患者の急変など業務に携わる時間だけを割増賃金の対象としてきたが、水上敏裁判長は判決理由で「当直の全時間を通じ病院長の指揮命令下にあり、十分な休息を確保する見込みはない」と退けた。

 訴えていたのは産科医2人。2006-07年、当直勤務をそれぞれ1200時間以上こなした。

 昨年9月の一審判決は奈良県に約1900万円の支払いを命じたが、控訴審は「医師数の増員など、病院側も労働密度の低下にある程度努力している」として、付加金(制裁金)を減額した。訴訟を引き継いだ県立病院機構は「判決を精査し対応する。今後も医師の処遇改善に取り組む」とコメントした。」


産科医師の当直業務の内容・実態に照らし、当然の判決でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-20 02:16 | 医療

東京女子医科大学病院集中治療室においてプロポフォールを投与された小児患者における死亡例の検討結果報告

小児患者が東京女子医科大学病院集中治療室(ICU)内でプロポフォールの投与を受けて死亡した症例について、外部評価委員会は、プロポフォールと死因の関連性を検討し報告しました.

「東京女子医科大学病院集中治療室(ICU)においてプロポフォールを投与された小児患者における死亡例の検討結果報告」は東京女子医科大学病院のサイトに掲載されています.

外部評価委員会のメンバーは、賀藤均氏(国立成育医療研究センター病院長)、志馬伸朗氏(国立病院機構京都医療センター救命救急センター長)、鈴木康之氏(国立成育医療研究センター病院麻酔・集中治療部長)、益田宗孝氏(横浜市立大学医学部外科治療学教授)です.

◆ 小児に対する比較的大量かつ長期間の使用
死亡例全員で最大投与量が4.0mg/kg/hrを超えており、1Omg/kg/hr以上となった症例も5例存在していた。投与日数にいたっては、48時間(2日)以内で終了していた症例はなく、全員、長期使用例であった。90日以上が5例で、症例6では300日を超えていた。症例10では最大投与量17.9rag/kg/hrで、総投与日数が94日であった。」とのことです.
かなり大量のプロポフォールが、かなり長期間にわたって投与されていたことがわかります.

◆CKの計測はほとんどなされなかった 
小児に対して比較的大量かつ長期間の使用を行っているにもかかわらず、定期的なCKの計測はほとんどなされていなかった。」とのことです.そこで限られたデータから推察し、「死亡に直結する横紋筋融解はなかった」と判断したとのことです.

◆ PRIS(Propofol infusion syndrome、プロポフォール注入症候群)起因の代謝アシドーシス否定
外部評価委員会は,「1)代謝性アシドーシス、2)進行′性の心不全を伴う横紋筋融解の双方かどちらか一方が存在する場合」をPRISと定義しています.
PRISに起因すると考えられた代謝アシドーシスは、血液ガス分析結果とその前後における投与薬剤の種類をチェックすることで、全例でなかったと判断した。」とのことです.

◆ 感染リスク
プロポフォールには大豆油が含まれていて、投与時に感染の危険性が高まることを指摘しています.
4例について,感染症否定できず,と判定しています.

◆ 6系脂肪酸による病態の悪化
大豆油は6系脂肪酸を多く含む。この6系脂肪酸は、炎症反応を増強し、免疫能を低下させる脂質メデイエーターの材料となるアラキドン酸に代謝される。したがって高度な炎症を生じている患者や大きな侵襲を受けた患者に過剰なの6系脂肪酸が投与されることによって病態が悪化することがある。」と指摘しています.
病態の悪化は他の要因によっても生じますので、6系脂肪酸による病態の悪化がどの程度死亡に影響したかは、判定が難しいようです.
2例について,心機能低下否定できず,と判定しています.

◆ 肝臓への悪影響が否定できない
プロポフォールの大豆油の濃度は、静脈栄養のために使用する脂肪乳剤に比し低いが、長期過量した場合の肝臓網内系への影響は否定できない。特に、連続時間の使用日数が長期に渡った場合における影響は否定しきれない。」とのことです.

◆まとめ
外部評価委員会は、「診療スタッフにおいて、1)集中治療室における人工呼吸中の小児でのプロポフォール使用が禁忌とされていること、2)これは文献上報告されている重篤な合併症や危険性に関連していること、3)国内外文献で危険性が示唆されている用法・用量が存在すること、への認識が十分に存在しなかった可能性があった」と認定しています.

今回検討を行った11例は全て重症心疾患患者であり、プロポフォール投与がなされていなかったとしても最終的に患者が死亡していた可能性が決して低くはない、と委員全員が判断したことを付記する。」と結ばれています.
法的な事実的因果関係は、もしプロポフォールを投与しなかったら(適切な医療が行われていたなら)現実に死亡した時点で生存していた高度の蓋然性があるか否か、で判断されます.
報告書は、「最終的に」と記載しているところからすると、プロポフォールを投与しなかったら(適切な医療が行われていたなら)現実に死亡した時点で生存していた高度の蓋然性があると考えているようにも読めます.

なお、NHK「東京女子医大 「中央ICU」を閉鎖へ」(2014年12月19日)は、次のとおり報じました.


「東京女子医科大学病院でことし2月人工呼吸器を付けた子どもへの使用が原則、禁止されている鎮静薬を投与された男の子が死亡した医療事故について、病院は十分な医療体制が整っていなかったことが事故の背景にあったとして、男の子が治療を受けていた集中治療室をことしいっぱいで閉鎖することを決めました。

東京・新宿区の東京女子医科大学病院ではことし2月、首の腫瘍を取る手術を受けた当時2歳の男の子が、人工呼吸器を付けて集中治療が行われている子どもへの使用が原則、禁止されている鎮静薬「プロポフォール」を投与され死亡し、警視庁が業務上過失致死の疑いで捜査を進めています。
病院の関係者によりますと、男の子が治療を受けていた「中央集中治療室」では主治医と術後の管理を担当する医師、それに薬剤師などが薬の安全性や副作用についての情報を共有せず、4日間、薬が投与され続けていたということです。
病院は、医療スタッフが足りず、スタッフ間の連携も不足するなど十分な医療体制が整っていなかったことが事故の背景にあるとして、ことしいっぱいで中央集中治療室を閉鎖することを決めました。
病院ではこの医療事故のほかにもプロポフォールの投与と死亡との関係は直接認められなかったものの薬の投与が感染症などを引き起こしたり悪化させたりするなどの可能性が否定できないケースが5件報告されていて、今後、病院は中央集中治療室のほかに7つある集中治療室間での情報共有を進めるなどして医療の安全を確保していきたいとしています。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-20 01:42 | 医療事故・医療裁判

レーシック手術で後遺症患者ら,品川近視クリニックと錦糸眼科を集団提訴(報道)

朝日新聞「二つの眼科に損害賠償求め提訴 レーシック手術患者ら」(2014年12月17日)は,次のとおり報じました.

視力回復のレーシック手術で目に不具合が残ったなどとして、「品川近視クリニック」と「錦糸(きんし)眼科」で手術を受けた全国の12人が、眼科を運営する二つの医療法人社団(いずれも東京都港区)に計約8千万円の損害賠償を求める訴えを17日、東京地裁に起こした。

 同手術はレーザーで角膜を削って視力を矯正するもの。訴状によると、12人は2006~13年に手術を受けた結果、物がはっきり見えなくなったほか、強度の目の疲れや痛み、目が乾燥するドライアイの長期化などの症状が出た。二つの眼科で、学会が定める指針に反する角膜の削りすぎがあったと主張。手術によるデメリットの説明も事前になかったと訴えている。

 弁護団は21日午前10時~午後5時、手術による健康被害について無料の電話相談(03・6869・6176)を受け付ける。

 品川近視クリニックと錦糸眼科はいずれも「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。」


読売新聞「「レーシック手術で後遺症」、患者12人が提訴」(2014年12月17日)は,次のとおり報じました.

「レーザーで角膜を削り視力を矯正するレーシック手術を受けた患者12人が17日、「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ、後遺症が生じた」などとして、2クリニックを運営する医療法人社団に計約8000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴えたのは、首都圏や九州に住む30~60歳代の男女で、2006~13年、品川近視クリニック(東京都千代田区)で手術を受けた10人と、錦糸眼科(港区)で手術を受けた2人。

 訴状などによると、原告側は品川近視クリニックについて、過剰な矯正によって目の疲労や痛みなどが生じる可能性があることを十分説明しないまま、手術を行ったと主張。錦糸眼科については、日本眼科学会の指針が示す角膜切除の限度基準を逸脱したとしている。

 レーシック被害対策弁護団には、他の医療機関の患者も含め、計174件の相談が寄せられており、今後、追加提訴する方針。

 クリニック側は「訴状が届いていないのでお答えできない」としている。」


ガイドライン違反(-6D以上の手術),説明義務違反の事案は,まだまだありそうですね.
被害に遭われたと思われる方は,12月21日に上記電話にかけてご相談されることをお奨めいたします.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-19 00:24 | 医療事故・医療裁判

米国の看護師健康追跡調査、主要道路の50m以内に住む女性は心臓突然死のリスクが増加する

QLife Pro「主要道路の近くに住むと心臓突然死リスクが増加する」(2014年12月17日)は、次のとおり伝えました.

「道路の近くに住むことが心臓突然死(SCD)のリスク増につながるか,そして,その他の冠動脈疾患のリスクがどうか,10万名規模のNurses’ Health Studyを利用し調査した(26年の追跡).期間中のSCDは523例で,住所から住居と道路の距離を算出したところ,主要道路の50m以内に住んでいる女性では交絡因子を調整した上でもSCDリスクが増加していた(HR 1.38; 95%CI 1.04-1.82).また,非致死性心筋梗塞のHRは1.08(95%CI 0.96-1.23),致死性心疾患では1.24(95%CI 1.03-1.50)であった.
Circulation. 2014;130(17):1474-82.」


Roadway proximity and risk of sudden cardiac death in women.

Hart JE1, Chiuve SE2, Laden F2, Albert CM2.
Author information
1From the Channing Division of Network Medicine (J.E.H., F.L.) and Division of Preventative Medicine (S.E.C., C.M.A.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA; and Departments of Environmental Health (J.E.H., F.L.) and Nutrition (S.E.C.), Harvard School of Public Health, Boston, MA. jaime.hart@channing.harvard.edu.
2From the Channing Division of Network Medicine (J.E.H., F.L.) and Division of Preventative Medicine (S.E.C., C.M.A.), Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA; and Departments of Environmental Health (J.E.H., F.L.) and Nutrition (S.E.C.), Harvard School of Public Health, Boston, MA.

Abstract

BACKGROUND:
Sudden cardiac death (SCD) is a major source of mortality and is the first manifestation of heart disease for the majority of cases. Thus, there is a definite need to identify risk factors for SCD that can be modified at the population level. Exposure to traffic, measured by residential roadway proximity, has been shown to be associated with an increased risk of cardiovascular disease. Our objective was to determine whether roadway proximity was associated with an increased risk of SCD and to compare that risk with the risk of other coronary heart disease outcomes.

METHODS AND RESULTS:
A total of 523 cases of SCD were identified over 26 years of follow-up among 107 130 members of the prospective Nurses' Health Study. We calculated residential distance to roadways at all residential addresses from 1986 to 2012. In age- and race-adjusted models, women living within 50 m of a major roadway had an elevated risk of SCD (hazard ratio=1.56; 95% confidence interval, 1.18-2.05). The association was attenuated but still statistically significant after controlling for potential confounders and mediators (hazard ratio=1.38; 95% confidence interval, 1.04-1.82). The equivalent adjusted hazard ratios for nonfatal myocardial infarction and fatal coronary heart disease were 1.08 (95% confidence interval, 0.96-1.23) and 1.24 (95% confidence interval, 1.03-1.50), respectively.

CONCLUSIONS:
Among this sample of middle-aged and older women, roadway proximity was associated with elevated and statistically significant risks of SCD and fatal coronary heart disease, even after controlling for other cardiovascular risk factors.

やはり、そうでしたか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-18 01:50 | 医療

医療安全情報No.97、肺炎球菌ワクチンの製剤の選択間違い

公益財団法人日本医療機能評価機構は、2014年12月15日、「医療安全情報No.97」を発表しました.

肺炎球菌ワクチンを接種する際、対象者の年齢が決められていることを知らず、製剤の選択を間違えて接種した事例が2件報告されています(集計期間:2011年1月1日~2014年10月31日)。」とのことです.

事 例 1
0歳2ヶ月の患児の母親から、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンを同時接種希望の予約が入った。予約を受けた外来看護師は、肺炎球菌ワクチンに接種対象年齢によって種類があることを知らず、患者の年齢を記載した予約票に「ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン」と記載し、薬剤科にワクチンを申し込んだ。担当薬剤師も肺炎球菌ワクチンに製剤ごとに接種年齢の区別があることを知らず、業者に「肺炎球菌ワクチン」と発注した。接種当日、外来看護師は、薬剤科からヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンを受け取り、医師の診察後に接種した。約1ヵ月後、患児の母子手帳にニューモバックスNPのロット番号が貼られていると他院より連絡があった。カルテを確認したところ、プレベナーを接種すべきところ、ニューモバックスNPを接種していたことが分かった。

事 例 2
医師は、自治体からの予防接種事業で肺炎球菌ワクチンの接種を行う際、2歳未満の小児にはプレベナーを接種するという認識がないまま、肺炎球菌ワクチンの払い出しを依頼した。薬剤師は接種対象者の年齢を確認しないまま、ニューモバックスNPを払い出した。医師は0歳6ケ月、0歳7ケ月、0歳10ケ月、1歳5ケ月の計4名の児にニューモバックスNPを接種し、ワクチン製剤の費用の請求書を自治体に提出した。その後、自治体から2歳未満の小児にニューモバックスNPを接種していると連絡があった。

事例が発生した医療機関の取り組み
・院内で実施している予防接種の種類、製剤の販売名、対象年齢の一覧表を掲示する。
・医師は対象者毎に肺炎球菌ワクチンの処方オーダを行い、薬剤師は鑑査を行ってから払い出す


肺炎球菌ワクチンは、肺炎の15~20%(1980年の米国の調査)が予防可能と報告されていますので、受けたほうがよいワクチンだと思います.

厚生労働省のサイトには、「肺炎球菌には 93 種類の血清型があり、平成26年10月からの定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。」と掲載されています.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-18 01:12 | 医療事故・医療裁判

EテレハートネットTV ,“緊急報告 子宮頸がんワクチン接種後の障害”

NHKのEテレハートネットTVで,2014年12月16日に“緊急報告 子宮頸がんワクチン接種後の障害”が放映されました.
子宮頸がんワクチン接種後に,遅発性に生じる多様な症状に苦しむ患者,家族の姿が放送されました.中高生の患者が重篤で深刻な症状に苦しんでいるのですが,臨床医学的に不明なことが多く,有効な治療薬・治療法がなく,暗中模索の状態であることが伝えられました.
記憶障害のため両親が両親であることを忘れてしまうことに,驚きました.
治療法を早急に研究開発すべきで,現段階の「治療」は研究のためですので患者の負担を無くすべきではないでしょうか.
有効性と安全性を確認できたワクチンについてのみ接種を実施することはもちろんで子宮頸がんワクチンは果たして安全か検討が必要ですが,すくなくとも子宮頸がんワクチン接種後に発生した因果関係が否定できない副作用事例(その認定は緩やかでよいと思います)についての実効的な補償を急ぐべきと思いました.

再放送は,12月23日(火曜)午後1時5分~1時34分です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-17 20:50 | 医療

フィブリノゲン製剤投与,155施設1009人が新たに判明

厚生労働省は以下のとおり発表しました.
過去の調査では「投与判明者なし」と回答していた施設のうち、今回の書面調査で初めて「フィブリノゲン製剤を投与されたことが判明した方」がいると回答のあった医療機関が155施設あり、これらの施設から新たに製剤投与が判明した方が1009人いました。

公表医療機関等一覧
※ 平成26年12月15日までの医療機関ごとの情報

特定フィブリノゲン製剤等によってC型肝炎に感染した被害者は,「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」により1200万円から4000万円の給付を受ける権利がありますが,この法律の施行の日から起算して十年を経過する日までに請求しなければなりません.

薬害肝炎弁護団の連絡先はコチラ


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-17 07:40 | 医療事故・医療裁判

抗菌薬耐性による死者数,2050年までに年間死者数1000万人でがんによる死亡を超える

AFP「薬剤耐性の影響、2050年までに年間死者数1000万人に 英検証」(2014年12月16日)は,次のとおり報じました.

「英国政府が委託した抗生物質への耐性についての検証結果がこのたび公開された。この検証結果によると、薬剤耐性の影響により、2050年までに毎年世界で1000万人が死亡する他、各国の国内総生産(GDP)が2~3.5%減少するとされた。

 デービッド・キャメロン(David Cameron)英首相が発表した「抗菌薬耐性についての検証(Review on Antimicrobial Resistance)」は、米投資銀行大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)の元チーフエコノミスト、ジム・オニール(Jim O'Neill)氏が率いた。英公衆衛生上級専門家らも参加した。

 発表された検証結果によると、抗菌薬耐性による死者数が最も多くなるのはアジア地域の470万人で、アフリカの410万人がそれに続いた。また欧州では39万人、米国でも31万7000人に上る可能性があるという。

 また死亡要因として2番目に多いとされたのはがんで、2050年までに年間820万人に上ると推計された。

 シンクタンクのRand Europeとコンサルティング・グループのKPMGによる既存の調査結果を基に行われた今回の検証によると、肺炎かん菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌については、すでに薬剤への耐性獲得の兆候を示しているという。

 米国では、年間約2万3000人の死亡例および200万人の疾患に抗生物質の効かない感染症が関係していると指摘されている。

 また抗菌薬耐性による年間の経済的損失は、直接的な医療コストの超過で200億ドル(約2兆3800億円)、生産性の低下で350億ドル(約4兆1600億円)と試算された。」


ちなみに,2013年の日本人の死因(2014年9月11日公表)は,がん,心疾患,肺炎,脳血管疾患,老衰,不慮の事故,自殺,腎不全,慢性閉塞性肺疾患,大動脈瘤及び解離の順です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-17 02:10 | 医療

生体腎移植後HTLV―1関連脊髄症を発症した5症例報告

朝日新聞「生体腎移植でウイルス感染、5人が歩行・排尿困難に」(2014年12月12日)は、次のとおり報じました.

「厚生労働省は12日、家族らから生体腎移植を受けた患者5人が、両足がしびれ、歩行や排尿が困難になる難病「HTLV―1関連脊髄(せきずい)症」を発症していたと発表した。移植を通じて原因ウイルスに感染した。通常より高い発症率で重症化も早いことから、厚労省は研究班を立ち上げ調べる。

 聖マリアンナ医大の山野嘉久准教授が、2000~13年に生体腎移植で原因ウイルスのHTLV―1に感染し、脊髄症を発症した5人を確認した。発症率は5%以上で通常の20倍以上と推定。いずれも移植から5年以内に発症し、その後数年で歩けなくなるなど重症化も早かった。

 HTLV―1は白血病ウイルスの一種で、母乳などで感染する。日本人は男性で0・66%、女性で1%程度が感染、感染者の約0・25%が脊髄症を発症するとされる。提供者が感染していても、重い腎臓病患者への生体腎移植は学会指針では禁じられていない。

 厚労省は12日、腎移植を受ける患者と提供者に感染検査をするほか、移植手術を受ける際には重症例について説明して同意を得ることを医療機関に求めた。」



難病情報センターのサイトには、次の説明があります.

「HTLV-1というウイルスはヒトのリンパ球に潜在感染しており、母親から子への母乳を介して、あるいは性交渉を介して夫から妻へ伝搬し、ヒトの進化歴史と共に生き続けているウイルスです。感染者は全国に108万人といわれますが、その大多数は全く健康に過ごしています。しかし、一部の人では脊髄に慢性の炎症がおこり脊髄が傷害されるために、両下肢のつっぱり感、歩行困難、しびれ感、排尿困難や便秘で発症し、徐々に進行します。」


日本移植学会と日本臨床腎移植学会は、2014年12月12日、「腎移植における HTLV-1 感染に関する注意喚起」を発表しました.

「腎移植後の免疫抑制状態により、一般的な HTLV-1 感染症の臨床経過とは異なる可能性は否定できません。前記の研究班の調査研究により、実態が解明されることとなりますが、それまでの間、下記の事項を腎移植施設が遵守されるよう、注意を喚起します。

1,今後の腎移植症例の全ドナー、レシピエントの HTLV-1 感染の検査を行なう。
2,陽性ドナーからの腎移植、陽性レシピエントの腎移植を行う場合には、HTLV-1 関連脊髄症(HAM)が早期に発症し、重症化した症例があったことの告知と同意。
3,腎移植後の HTLV-1 感染レシピエントに対する厳重な経過観察。」


腎移植に感染のリスクがある以上対応は必要でしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-14 02:07 | 医療

裁判官は正義より出世が命か?“法医学者が見た 再審無罪の真相”

押田茂實先生の新刊がでました.
「法医学者が見た 再審無罪の真相」(祥伝社新書)

法医学の第一人者押田茂實先生の医学鑑定により無罪となった裁判が多数あります.
それでも、まだ裁判所が押田鑑定を受け入れていないものもあり、裁判・裁判官の限界を痛感したのでしょう.
裁判官は正義より出世が命か?
帯が目を引きます.(ただし、amazonの写真には帯がありません)
通儒碩学の押田先生が、司法の問題を明らかにします.

目次
第1章 再審無罪事件
袴田事件 死刑判決事件の再審決定…事件後四八年;
東電女性会社員殺人事件 無期懲役のネパール人の苦悩…一六年
足利幼女殺害事件 無期懲役の幼稚園バス運転手の苦悩…一七年
布川事件 再審無罪まで四四年
氷見事件 誤認逮捕の強姦・強姦未遂事件

第2章 再審開始が争われている事件
福井女子中学生殺人事件 再審開始決定がなぜ覆る
飯塚事件 死刑が執行された事件の再審請求
姫路郵便局強盗事件 ナイジェリア人のDNA型鑑定

第3章 注目されるワイセツ事件
電車内ワイセツ事件 審理の問題点
温泉場ワイセツ事件 DNA型鑑定の評価
ある痴漢事件の証拠の評価 埼玉県職員の痴漢容疑

第4章 再審無罪に関する問題点
DNA型鑑定の歴史と大きな誤解
日本におけるDNA型鑑定の進歩と問題点
神酒事件


お奨めの1冊です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-12-14 01:40 | 司法