弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2015年 02月 ( 47 )   > この月の画像一覧

富士市立中央病院,乳がんを疑わせる悪性所見を見逃し800万円賠償へ(報道)

TNC「<富士市>中央病院検査、がん見落としで賠償へ」(2015年2月12日)は,次のとおり報じました.
 
「富士市は10日、市立中央病院が女性患者(51)のがん検査で悪性所見を見落としたとして、800万円の賠償金を支払うと発表した。2月定例会に関連議案を提出する。

 同病院によると、女性は2007年10月、右乳房の腫瘍を自覚し外来を受診。医師は、細胞検査などの結果、経過観察と伝えた。12年11月の定期検査で乳がんを疑わせる悪性の所見が認められ、病院が過去の記録を精査したところ、07年の診断で見落としていたと判明した。病院は女性に謝罪。女性は県立総合病院で治療を受け、現在再発などはみられないという。【高橋秀郎】」


 検査で,乳がんを疑わせる悪性所見(カテゴリー3)を見逃したら,注意義務違反(過失)が認められると考えるべきでしょう.2007年の時点で見つかっていれば,2012年から治療を始めるのとは異なった経過をたどったと考えられます.再発がないなど,具体的な身体的損害が認定できなくても,上記の事情のもとでは,一定金額の賠償が相当です.乳がんを疑わせる悪性所見の見落としの場合,いろいろなケースがありますが,800万円は平均的な賠償金額です.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 18:50 | 医療事故・医療裁判

兵庫県立塚口病院,点滴漏れで皮膚が壊死した事案で700万円和解へ(報道)

神戸新聞「乳児の点滴漏れ事故和解へ 兵庫県、700万円支払い」 は,次のとおり報じました.

兵庫県病院局は12日、県立塚口病院(尼崎市)で1990年に起きた医療事故について、患者だった尼崎市内の20代女性に解決金700万円を支払い和解すると発表した。16日開会の県議会定例会に議案を提出する。

 同局によると同年11月、女性は当時生後3日で消化管出血のため治療中、点滴の針がずれて薬が漏れ、右手の甲や手首に水疱ができ、皮膚の一部が壊死した。女性はその後、皮膚移植などを行ったが、現在もあざが残っているという。

 女性は昨年7月、神戸地裁尼崎支部に損害賠償を求める訴訟を起こし、同11月に同支部が和解を勧告していた。当時の塚口病院では約4時間ごとに点滴を点検していたが、漏れに気付いたのが約8時間後と遅かった点などを踏まえ、同局は「病院側の過失は明らか」と判断し和解を決めたという。(金井恒幸)」


点滴漏れによる壊死は過失が明白です.
医療裁判の3分の2は和解で終わります.
訴訟前の示談交渉で解決できるのがさらによいですが.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 14:22 | 医療事故・医療裁判

群馬大学病院,肝臓の腹腔鏡手術第1例目の患者死亡の顛末(報道)

読売新聞「群大病院、肝不全状態で再入院させず…翌日死亡」(2015年2月12日1111119は,次のとおり報じました.

「群馬大学病院第二外科(前橋市)で肝臓の腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題で、うち1人の70代の患者が退院約1週間後に病状を悪化させて死亡していたことがわかった。」
「同科は2010年12月、肝臓の腹腔鏡手術を導入したが、関係者によると、最初の手術を受けたのがこの患者だった。手術から約3週間後、腹水がたまるなど肝不全とみられる症状があったが、正月を控えた年末でもあり、病院側は患者を退院させた。
 ところが、まもなく容体がさらに悪化し、翌11年の正月休み中に同病院の救急外来を受診。その際、手術を執刀した男性医師はおらず、当直医が対応。腹水がたまり、血液検査の数値もよくなかったが緊急入院させることはなく簡単な処置をして帰宅させた。翌朝、患者は自宅で重体に陥り、群馬大病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。」


 手術のみならず,術後の管理にも問題があるようです.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 04:40 | 医療事故・医療裁判

京都の駅弁

今日は,患者の権利オンブズマンの会議で京都・山科へ行っていました.
どこにも立ち寄ることなく,ただ往復しただけですが...
京都・山科の自販機には,お店で買うより4円高いのに普通に「別格日本冠茶」があり,さすが京都と感心しました.
京都駅構内に「田ごと」の駅弁がありましたので,購入しました.東京にも,同じくらいの値段の弁当があり,見た目は一見同じようなのですが,味がまったく違います.京都の弁当は格段に美味しいのです.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-11 21:37 | 休暇・休日

県立六日町病院、骨折の緊急手術を受けた患者が細菌感染により左足切除となった事案で800万円和解(報道)

新潟県は、2015年2月10日、「医療事故に係る和解の成立について(県立六日町病院)」をサイトにアップしました.
 
「下記の医療事故に係る訴訟案件について、裁判所の和解案に双方が同意する見込みとなったことから、平成27年2月議会に損害賠償額の決定について提案します。

1 病院名  県立六日町病院

2 患 者  南魚沼市在住の男性(70歳代)

3 事故概要
(1) 平成21年9月、はしごからの転落による重度の左下腿骨折、傷内外の著しい汚染のため、六日町病院で緊急手術を行い、汚染組織の切除や抗生剤の投与等を実施したが、同年10月、広範囲の感染により左下腿を切断。
(2) 平成25年5月、感染防止のための処置が不十分であったとして、患者が提訴。
(3) 平成26年11月、裁判所の和解案が提示され、同年12月、患者が同意する旨意思表示。

 ※議決後、早期に和解が成立する予定。

4 損害賠償額(平成27年2月議会提案予定)
 8,000,000円」


 一般的に、感染の事案は結果回避の立証が難しく、結果との因果関係について高度の蓋然性ではなく相当程度の可能性にとどまる場合もありますので、基本的に示談または和解で解決するのがよいと思います.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-11 01:25 | 医療事故・医療裁判

群馬大学病院肝臓手術被害対策弁護団結成

朝日新聞「群馬大肝臓手術死亡問題で弁護団結成 病院の調査開始」(2015年2月10日)は,次のとおり報じました.

「群馬大病院(前橋市)で肝臓切除手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、遺族の相談を受けた弁護士8人による「群馬大学病院肝臓手術被害対策弁護団」が2月初旬に結成された。腹腔(ふくくう)鏡手術で死亡した患者8人のうち2人の遺族から依頼を受け、病院の安全管理体制や手術に問題がなかったか調査を始めた。

 同病院では2010~14年、腹腔鏡手術を受けた患者8人が術後100日以内に死亡。ほかにも09~14年に開腹手術を受けた患者10人が死亡したことが発覚。いずれも第2外科の40代の男性医師がかかわったとされる。昨年末に同病院の調査委員会が腹腔鏡手術の中間報告書と改善報告書をまとめ、今年度中に最終報告書を出す予定だ。

 弁護団は、遺族から手術の映像記録やカルテなどの提出を受け、専門医に評価を依頼。ほかの遺族からも複数の相談を受けている。弁護団事務局長の梶浦明裕弁護士は「同じ医師の手術で18人も死亡していたとすれば、途中で止められなかったのは異常な事態。真実を究明し、問題があれば病院に再発防止を促したい」と話している。」


 銀座眼科被害対策弁護団でも事務局長をつとめた梶浦明裕先生(東京グリーン法律事務所)が事務局長です.ちなみに,弁護団は御遺族からの新たな御相談を受け付けているそうです.

 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-10 18:52 | 医療事故・医療裁判

群馬県立心臓血管センター,術後の血圧低下の報告を受けた医師が患者を診察せず死亡の事案で賠償(報道)

WSJ「医療ミスで4300万円賠償=60代女性が術後死亡—群馬県」(2015 年 2 月 9 日)は,次のとおり報じました.
「群馬県立心臓血管センター(前橋市)は9日、不整脈の手術を受けた県内の60歳代の女性患者が合併症で死亡する医療ミスがあったと発表した。県は遺族に謝罪し、賠償金4300万円を支払う。
 同センターによると、女性は2013年12月に不整脈の手術を受けた後、血圧が低下。看護師が2回にわたり主治医に報告したが、主治医は経過観察を指示し診察はしなかった。女性は心肺停止状態となり、合併症を起こしていることが判明。14年1月に死亡した。[時事通信社]」


日本テレビ「術後に容体悪化も医師は診察せず」(2015 年 2 月 9 日)は,次のとおり報じました.
「女性は、手術した日の夜遅くに吐き気や血圧の低下がみられ、それを看護師が医師に伝えたが、2人の医師は経過観察を指示するなどして直接診察せず、女性は心膜と心臓の間に体液が異常にたまる合併症で、心肺停止の状態になった。その後、女性は去年1月になって死亡したという。」

心臓手術後に縫合部から出血し,心タンポナーデをきたすことがあります.心タンポナーデは,心嚢内液体貯溜により循環に障害が生じている病態です.臨床症状として,ベックの三徴(頸静脈怒張,低血圧,心音減弱,ただし3つとも揃うわけではありません)等が知られています.
そこで,心臓手術後に血圧低下の報告を受けたときは,医師は,当然,出血,心タンポナーデの可能性を考えねばなりません.医師2名が経過観察を指示したのは,明らかな注意義務違反(過失)にあたります.血圧低下の報告を受けたときに,心タンポナーデの可能性を考え心エコー検査を実施していれば心タンポナーデを診断できたはずで,死亡結果は回避できたはずです.


【追記】

朝日新聞「手術後、ミス重なり死亡 県が4300万円賠償へ」(2015年2月10日)は,次のとおり報じました.

県立心臓血管センター(前橋市亀泉町)は9日、2013年12月に不整脈治療の手術をした県内の60代女性が翌月死亡した医療事故があり、術後の対応ミスで合併症の発症を見落としたことが死亡の原因となったとする調査結果を記者会見して発表した。県は責任を認め、遺族に約4300万円を賠償するための議案を16日開会の県議会に提出する。
 大島茂院長らによると、女性は13年12月、カテーテルを心臓内部に挿入して不整脈の原因の心筋部分を高周波電流で焼く「カテーテルアブレーション治療」を受けたが、翌日早朝に心肺停止状態となり、心臓マッサージで心拍が戻ったものの、脳死状態と診断され、14年1月に死亡した。
 女性は手術終了から約7時間後の午後11時ごろに吐き気などを訴え、血圧も66に低下していた。看護師が吐き気止め薬を注射するなどした後、当直医と主治医に報告し、主治医が輸液と経過観察を指示したが、ともに診察はしなかった。翌日午前5時10分ごろ、夜勤の看護師が心電図モニターの電極パッドが外れ、心肺停止状態の女性を見つけた。心膜と心臓の間に体液がたまる心タンポナーデを発症したとみられる。」



 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-10 03:18 | 医療事故・医療裁判

未承認医療器機の「使用」について

朝日新聞「未承認の医療機器、使用条件を緩和 脳死女児がきっかけ」(2015年2月8日)は,次のとおり報じました.
 「厚生労働省は、未承認の医療機器を患者が使える新たな仕組みをつくる。」
 「これまでも未承認であっても、病状や年齢など基準を満たしていれば患者が治験に参加し、医療機器を使うことができた。厚労省がつくる新たな仕組みは、治験に参加する条件を満たしていなくても未承認の医療機器を人道的な配慮から特例として使うことができるようにする。ただし、ほかに治療法がなく命にかかわる場合に限る。」


未承認医療機器とは,薬事法が規定する厚生労働大臣の承認を受けていない医療機器のことです.薬事法は,未承認医療機器の「使用」を禁止してはいません.医師,医療機関が未承認医療機器を使用することを処罰する法律はありません.

一方では医療的必要性に疑問のある未承認の医療機器が未承認であることの説明もなく使用されており,他方では医療的必要性の高い未承認の医療機器が使用しにくい実態(メインテナンス,費用等の問題)があります.

未承認の医療機器について,治験での使用,人道的配慮からの使用を許し,それら以外の使用を許さないというのであれば,使用について線引きを行うこと(法規制)が必要でしょう.また,医療的必要性の高い未承認の医療機器が使用しにくい実態を改善するための具体策が必要でしょう.


 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-08 19:02 | 医療

順天堂大浦安病院と浦安市の卵子冷凍保存計画について

毎日新聞「<健康女性の卵子凍結助成>日産婦「推奨せず」との考え示す」(2015年2月8日)は,次のとおり報じました.

「順天堂大浦安病院(千葉県浦安市)と浦安市が、健康な女性が将来の妊娠に備えて卵子を凍結保存するバンク構想を進めていることについて、日産婦の苛原(いらはら)稔・倫理委員長は7日、毎日新聞の取材に「(健康な女性を対象とすることは)推奨しない」との考えを示した。
 苛原委員長は理由として、(1)卵子を凍結保存した場合、将来妊娠できる可能性は高くはなく有用性がはっきりしていない(2)女性が妊娠を先送りすると出産年齢が上がり、医学的なリスクが高まる--の2点を挙げた。」


上記の考えは,徳島大学教授の苛原稔氏の個人的意見というより,日本産科婦人科学会倫理委員会の見解とうけとるべきでしょう.
たしかに,日本産科婦人科学会は,将来の妊娠に備えた独身女性の卵子凍結保存を認めましたが,卵子の冷凍保存,高齢出産を推奨するものではありません.むしろ,無秩序に行われている卵子の冷凍保存に歯止めをかけようという意図があったたはずです.
浦安市は,少子化対策として卵子凍結保存に9000万円の補助金を出そうとしていますが,冷凍卵子の妊娠率は1割程度ですし,卵子凍結保存で出産を先送りすることが少子化対策として有用であるとは考え難いと思います.

浦安市は,合計特殊出生率(TFR,1人の女性が生む子どもの平均数)1.9のフィンランドを手本にしていますが,浦安市長はフィンランドが卵子冷凍保存によって1.9を達成しているとでも考えているのでしょうか.
フランスは合計特殊出生率2.0で,フィンランド以上です.北欧諸国やフランスの特殊出生率が高いのは,婚外子に対する法的処遇が充実していることによるものと思われます.婚姻しないで出産し子育てをするには,日本はフランス,北欧諸国に比べハードルが高いのです.先進国で合計特殊出生率をあげるためには,共同親権,扶養の共同負担など婚外子の法的社会的処遇を向上させ,婚外子を増やす必要があります.婚外子を増やすことをよしとしないなら,すくなくとも,妊娠出産がキャリアにマイナスにならない社会的法的仕組が必要でしょう.フィンランド,フランスなどは公教育費の割合が高いのですが,日本は私教育費の割合が高いなど,子どもを育てるために費やす個人の経済的負担が違います.
浦安市の9000万円は,保育園を充実する,シングルマザーを補助する,若くて収入が高くない人が出産するときに補助するなどもっと有用な使い道があると思います.


 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-08 13:40 | 医療

119番通報をしたのに救急車が出動せず一人暮らしの大学生が死亡した事案で,山形市と遺族が和解(報道)

朝日新聞「救急車出動せず大学生死亡、遺族側と山形市が和解へ」(2015年2月7日)は,次のとおり報じました.

山形市で2011年、アパートで一人暮らしをしていた山形大学2年の大久保祐映(ゆうは)さん(当時19)が死亡したのは、119番通報をしたのに救急車が出動しなかったためだとして、母親が市に約1億円の損害賠償を求めている訴訟の和解協議が6日、山形地裁であった。地裁が和解案を示し、原告側、市側の双方が基本的に受け入れる意向を示した。

 双方の代理人弁護士によると、和解案は①市が和解金を支払う②市がこの問題に関する「総括」を行い、公表する③今回の経緯などを消防本部の救急搬送体制に関する研修プログラムに組み入れる――の3点からなる。和解金の額について双方とも「公表できない」としている。」


市議会に提案する関係で和解金額はいずれわかるのですが...
医事訴訟のうち約3分の2は裁判上の和解で終了します.
和解の場合は,判決と異なり,賠償金額以外のこと(謝罪,再発防止に関すること)も和解条項にもりこむことができます.

 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-07 09:24 | 医療事故・医療裁判