弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2015年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

医療安全情報 No.101 薬剤の投与経路間違い

医療安全情報 No.101(2015年4月)「薬剤の投与経路間違い」は,「正しい用法の指示があったにもかかわらず、薬剤の投与経路を間違えた事例が報告されています。」と注意を喚起しています.

事 例 1
リスパダール内用液0.5mLは、皮下注射時に使用する注射器に吸い取られ、針が付いた状態で内服薬用の薬杯の中に準備されていた。看護師は指示を確認しないまま、リスパダール内用液を皮下注射した。翌日の勤務者がリスパダール内用液を患者に内服させた際、患者より「昨日は注射をしてもらった」と発言があった。前日の勤務者に確認したところ、リスパダール内用液を皮下注射したことが分かった。

事 例 2
内視鏡的処置後の患者に、トロンビン液5000単位 1日3回を経口投与の指示が出ていた。看護師は、冷所保存されていたトロンビン液ソフトボトルを内服用薬袋から取り出した。しかし、トロンビン液が経口薬であることを知らず、ボトルの「禁注射」の記載を見て、トロンビン液を注射器に吸い取って静脈注射することが「禁」だと解釈した。その後、指示などを確認しないままボトルを輸液ルートの側管に接続し、静脈注射した。

経口投与のケイツーシロップを静注のために注射器に準備した例,メプチン吸入液ユニットを容器の形から点眼薬だと思った例も報告されています.

私は,薬剤の投与方法を誤った医師の過失を問う裁判を担当しています.その事案では,カルテには古い時代の誤った投与方法(皮下注射)のみが記載されているのですが,被告は訴訟前には「皮下注と同時に筋注した」と説明し,訴訟後には「皮下注と同時に静注した」と主張しています.発生した結果は,皮下注のみの場合に起こります.
投与方法は薬剤が本来効果を安全に生じるため重要です.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-16 21:10

山形県立新庄病院,医療過誤で提訴される(報道)

「内視鏡検査でミス」遺族が山形県を提訴(2015年04月16日)は,次のとおり報じました.

「新庄市の男性=当時(83)=が急性膵炎(すいえん)となり2014年2月に死亡したのは、山形県立新庄病院(新庄市)が内視鏡検査でミスをし、その後の点滴処置も不適切だったためだとして、遺族3人が15日までに、県に2500万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、男性は13年11月、総胆管結石の治療のため入院。内視鏡を使った検査の際、担当医が誤って検査器具で膵臓(すいぞう)の管を傷付けた。男性は急性膵炎を発症して4日後に重症化したが、病院は点滴量を増やすなどの処置を施さなかった。男性は多臓器不全で死亡した。
 遺族側は「病院は内視鏡検査に指導医を立ち会わせず、経験が乏しい4年目の医師に単独で行わせており、注意義務に違反する。その後、すぐに適切な点滴処置を始めれば死亡は避けられた」と主張している。
 山形県県立病院課は「弁護士と相談して対応したい」と話している。」


 ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)の事故は時々あります.そのなかには,手技上のミスが関係する例もあります.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 いだ。」
by medical-law | 2015-04-16 20:02 | 医療事故・医療裁判

バルビゾン派と法律事務所

北海道立帯広美術館は,平成3年9月に開館した美術館です.
西洋の美術作品については,バルビゾン派の作品を中心に田園風景や農村風俗を主題としたを作品を収集しています.
今日4月15日まで,「バルビゾン-19世紀の絵画と写真」を開催しています.

そして,この展覧会の協賛は,地元の法律事務所なのです.
患者側の医療過誤事件も扱っている法律事務所のようです.
法律事務所が美術展の協賛というのは,始めて見ました.
バルビゾン派と法律事務所,どうつながるのか不思議ですが,なにかほのぼのします.

今日4月15日は,バルビゾンの七星の1人テオドール・ルソー氏の誕生日です.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-15 02:38 | 趣味

聖マリアンナ医科大病院、「精神保健指定医」資格不正取得の疑いで調査

読売新聞「指定医資格、不正取得か…聖マリアンナ病院」(2015年4月14日)は,次のとおり報じました.

「同大は弁護士など外部委員も交えた8人による調査委員会を設置し、指定医資格を取得した経緯などを調べたところ、「複数の医師が同じ患者の症例を提出した」などの違反が見つかった。厚労省からは「自分が診ていない症例を提出した疑いがある」との指摘もあった。

 現時点では、既に資格を取得した医師11人と資格を申請中の3人について不正が疑われているが、指導医9人についても、監督責任があるとして、厚労省から調査を求められているという。」



精神保健福祉法第十八条は「 厚生労働大臣は、その申請に基づき、次に該当する医師のうち第十九条の四に規定する職務を行うのに必要な知識及び技能を有すると認められる者を、精神保健指定医(以下「指定医」という。)に指定する。
一  五年以上診断又は治療に従事した経験を有すること。
二  三年以上精神障害の診断又は治療に従事した経験を有すること。
三  厚生労働大臣が定める精神障害につき厚生労働大臣が定める程度の診断又は治療に従事した経験を有すること。
四  厚生労働大臣の登録を受けた者が厚生労働省令で定めるところにより行う研修(申請前一年以内に行われたものに限る。)の課程を修了していること。
2  厚生労働大臣は、前項の規定にかかわらず、第十九条の二第一項又は第二項の規定により指定医の指定を取り消された後五年を経過していない者その他指定医として著しく不適当と認められる者については、前項の指定をしないことができる。
3  厚生労働大臣は、第一項第三号に規定する精神障害及びその診断又は治療に従事した経験の程度を定めようとするとき、同項の規定により指定医の指定をしようとするとき又は前項の規定により指定医の指定をしないものとするときは、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
」と定めています.

 精神保険福祉医は,措置入院,措置入院の解除,任意入院者の退院制限等の職務を行います.
 今回の疑惑は,精神保険指定医申請の際に提出されたケースレポートがその医師が診た例ではなかったという疑いです.
 調査結果を待ちたいと思います.

【追記】
NHK「聖マリアンナ医大病院が会見「弁解の余地ない」」(2015年4月15日)は次のとおり報じました.

「川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院は、医師と指導医の合わせて20人について、「精神保健指定医」の指定を取り消す処分が決まったことを受け、午後9時すぎから会見を開き、「精神保健行政の根幹を揺るがす大変な不祥事で、何の弁解の余地もない」などと謝罪しました。
会見の冒頭で、聖マリアンナ医科大学病院が設けた調査委員会の青木治人委員長は、「精神保健行政の根幹を揺るがす大変な不祥事で、何の弁解の余地もない。心から深く責任を感じている」などと述べ謝罪しました。
病院によりますと、神経精神科では、「精神保健指定医」の資格を取得するために必要な患者のレポートについて、先輩のレポートをUSBのデータで譲り受けるのが常態化していて、自分で診察していないにもかかわらず、内容を少し変えるなどして安易に提出し、国の審査を受けていたということです。今回処分を受けた医師のうち9人の医師が提出したレポートでは、同じ26人の患者について、ほとんど同様の文章が記載されていたということです。
病院によりますと、今回、指定の取り消しが決まった医師が判定して、強制的に入院させた患者は、100人に上るということで、判定が妥当だったかどうか、専門家による検証を行いたいとしています。
病院は、「今後、事案の重大さと指定の取り消しという重い処分を受け止め、学内での処分も厳正に行いたい」としています。」



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-14 20:22 | 医療

訃報,元最高裁判所長官町田顯氏

町田顯氏は,判事補時代青年法律家協会(青法協)のメンバーとして積極的に活動しましたが,青法協をやめたあとは,最高裁事務総局が長く,内閣法制局にも出向し,平成12年3月22日から最高裁判所判事,平成14年11月6日から平成18年10月15日まで最高裁判所長官でした.
町田顯氏が,第15代最高裁長官として,「ヒラメ裁判官はいらない」と訓示したことは有名です.
司法行政改革をすすめ,裁判員制度を導入しました.刑事裁判の経験がほとんどない町田顯最高裁長官だったから,反対を押し切って実現できたといえるでしょう.誰からも嫌われないというのは,人徳のなせるわざでしょう.個々の裁判,判決というより,その司法行政において評価される裁判官の1人と言えるでしょう.
謹んでお悔やみ申し上げます.

【追記】
 故町田顕氏(元最高裁長官、5日死去)のお別れの会
 6月2日午後2時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-13 23:32 | 司法

法学部志願者が減り、医学部志願者が増えています

いまどき弁護士や会計士になったって、働き口もなければ高収入も望めない。僕は成績もそこそこ良かったんで、目指すなら医学部かなと思って入りました。」(現代ビジネス「受験エリートが医学部に殺到!「弁護士・会計士はもう食っていけないから」医者ひとり勝ちの時代、その不幸」)

たしかに、法学部・経済学部の志願者は減り、医学部と経営学部の志願者は増えています.
医療過誤訴訟のために医師になろうとする人が減り医療が崩壊する、と言われることがありますが、それを裏付けるデータはありませんし、むしろ医学部志願者は増えています.
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の小学生の「将来なりたい職業」ランキングでは、男子は1位「サッカー選手・監督」、2位「医師」で、女子は1位「医師」でした.専門家志向は強いと思いますが、10位までに弁護士は入っていませんでした.

どの職業も苦労はつきものですが、医師と弁護士はとくに大変な職業です.人の生命、人生にかかわる重い仕事です.いつも多忙で休みがなく睡眠時間・食事時間を削って患者・依頼者のために働いている、しかも競争は激しい、それが現実です.本当に就きたいと思う仕事に就いているから、こなせていると思います.
成績が優秀だ、偏差値が高い、という理由で医学部に進んでしまい、後で後悔することにならないとよいのですが...

それにしても弁護士不人気はどうしたものでしょう.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 いだ。」
by medical-law | 2015-04-12 02:24 | 日常

最高裁平成27年4月9日判決,民法714条1項の監督義務者としての責任が否定された例(報道)

私が担当した事件ではありませんが,民法の過失責任の原則上重要な最高裁判決がだされましたので,ご紹介いたします.

自動二輪車を運転して小学校の校庭横の道路を進行していたB(当時85歳)が,その校庭から転がり出てきたサッカーボールを避けようとして転倒して負傷し,その後死亡したことにつき,同人の権利義務を承継した被上告人らが,上記サッカーボールを蹴ったC(当時11歳)の父母である上告人らに対し,民法709条又は714条1項に基づく損害賠償を請求する事案で,上告人らがCに対する監督義務を怠らなかったと認定されました.親の民法709条の責任も否定されました.

少年Cの過失を認め,1審では約1500万円,2審では約1100万円の賠償を支払うよう両親に命じましたが,上記最高裁判決は,それを覆しました.

上記最高裁判決の抜粋は以下のとおりです.

「本件小学校は,放課後,児童らに対して校庭(以下「本件校庭」という。)を開放していた。本件校庭の南端近くには,ゴールネットが張られたサッカーゴール(以下「本件ゴール」という。)が設置されていた。本件ゴールの後方約10mの場所には門扉の高さ約1.3mの門(以下「南門」という。)があり,その左右には本件校庭の南端に沿って高さ約1.2mのネットフェンスが設置されていた。また,本件校庭の南側には幅約1.8mの側溝を隔てて道路(以下「本件道路」という。)があり,南門と本件道路との間には橋が架けられていた。本件小学校の周辺には田畑も存在し,本件道路の交通量は少なかった。」

「前記事実関係によれば,満11歳の男子児童であるCが本件ゴールに向けてサッカーボールを蹴ったことは,ボールが本件道路に転がり出る可能性があり,本件道路を通行する第三者との関係では危険性を有する行為であったということができるものではあるが,Cは,友人らと共に,放課後,児童らのために開放されていた本件校庭において,使用可能な状態で設置されていた本件ゴールに向けてフリーキックの練習をしていたのであり,このようなCの行為自体は,本件ゴールの後方に本件道路があることを考慮に入れても,本件校庭の日常的な使用方法として通常の行為である。また,本件ゴールにはゴールネットが張られ,その後方約10mの場所には本件校庭の南端に沿って南門及びネットフェンスが設置され,これらと本件道路との間には幅約1.8mの側溝があったのであり,本件ゴールに向けてボールを蹴ったとしても,ボールが本件道路上に出ることが常態であったものとはみられない。本件事故は,Cが本件ゴールに向けてサッカーボールを蹴ったところ,ボールが南門の門扉の上を越えて南門の前に架けられた橋の上を転がり,本件道路上に出たことにより,折から同所を進行していたBがこれを避けようとして生じたものであって,Cが,殊更に本件道路に向けてボールを蹴ったなどの事情もうかがわれない。
責任能力のない未成年者の親権者は,その直接的な監視下にない子の行動について,人身に危険が及ばないよう注意して行動するよう日頃から指導監督する義務があると解されるが,本件ゴールに向けたフリーキックの練習は,上記各事実に照らすと,通常は人身に危険が及ぶような行為であるとはいえない。また,親権者の直接的な監視下にない子の行動についての日頃の指導監督は,ある程度一般的なものとならざるを得ないから,通常は人身に危険が及ぶものとはみられない行為によってたまたま人身に損害を生じさせた場合は,当該行為について具体的に予見可能であるなど特別の事情が認められない限り,子に対する監督義務を尽くしていなかったとすべきではない。
Cの父母である上告人らは,危険な行為に及ばないよう日頃からCに通常のしつけをしていたというのであり,Cの本件における行為について具体的に予見可能であったなどの特別の事情があったこともうかがわれない。そうすると,本件の事実関係に照らせば,上告人らは,民法714条1項の監督義務者としての義務を怠らなかったというべきである。」


民法714条1項の監督義務者としての責任については,被害者救済の観点から,容易に免責を認めないものと解釈されてきました.1審,2審は,その流れを踏襲し,監督義務者(親)の責任を肯定しました.
しかし,この具体的事案で,監督義務者(親)が何を怠ったかといえるのか,疑問です.1審,2審は,具体的妥当性を見失って従前の判例の流れにしたがったように思います.
最高裁の結論は,適切と思います.

なお,少年の行為に過失があることは争いになっていません.
上記最高裁判決も「満11歳の男子児童であるCが本件ゴールに向けてサッカーボールを蹴ったことは,ボールが本件道路に転がり出る可能性があり,本件道路を通行する第三者との関係では危険性を有する行為であった」と認定しています
.しかし,少年の過失責任を問うより,学校の責任を問題にするほうが適切な事案と言えるかもしれません.
「本件ゴールに向けてボールを蹴ったとしても,ボールが本件道路上に出ることが常態であったものとはみられない」としても,ゴール,道路の位置関係からすると,そのようなことは時々あったのでははないでしょうか.
「本件ゴールにはゴールネットが張られ,その後方約10mの場所には本件校庭の南端に沿って南門及びネットフェンスが設置され,これらと本件道路との間には幅約1.8mの側溝があった」と認定されていますが,ネットフェンスは低く(約1.2m),ボールが道路に飛び出すことを阻止するには十分とは言い難いように思います.
札幌地裁平成27年4月26日判決は,札幌ドームでファウルボールが右目に当たり失明した女性への賠償を認めましたが,それを認めるなら,この件はそれ以上にゴールの設置位置,ネットフェンスの低さから学校の責任が認められるべき事案と言えるかもしれません.
少なくとも,事故の再発防止,同種の事故の防止という観点からは,少年の過失を問うより,事故が起きうるようなゴール,フェンスの設置の責任を学校に認めたほうが,適切と言えるのではないかと思います.

ともあれ,上記最高裁判決によって,今後,高齢の認知症患者がおこした事故について家族が監督義務者としての責任を負わされる場合も制限的に解釈されることになるでしょう.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 いだ。」
by medical-law | 2015-04-10 00:50 | 司法

さいたま地裁,障害者の交通事故被害で賠償拒否認めず(報道)

日本経済新聞「障害者の事故被害を救済 「二重賠償で拒否」認めず」 (2015年4月8日)は,次のとおり報じました.

「さいたま地裁で先月、障害者の交通事故をめぐり関係者が注目する判決があった。脊髄障害のある男性(53)が事故で腕のしびれが生じたとして、車を運転していた女性に約460万円の損害賠償を求めた訴訟で、同地裁(針塚遵裁判長)は女性に約414万円の支払いを命じた。一部は自動車損害賠償責任保険からの支払いを命令。障害者が事故で後遺症が出ても元の障害が原因だとして保険が支払われない事例が多く、関係者は「救済に…」

医療過誤に基づく損害賠償請求でも,同様の問題があります.注目すべき判決と思います.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-09 06:58 | 司法

GNN

NHKのドラマ「その男、意識高い系。」で一条ジョーが「GNN」と言っていました.

「意識高い系」とは、常見陽平氏(北海道札幌南高校の後輩)が自虐的に『「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』を書いてから、広がった言葉です.
意識高い系はたしかにソーシャル時代にはびこるバカヤローで、キックオフMTGって何よと言いたくなりますが、ドラマは、セルフィッシュな意識高い系新入社員一条ジョーに振り回される課長坪倉春子のアジェンダからスキームしてコメディとして成立させています.
課長坪倉春子を演じているのは、あの伊藤歩さんです.
(FYI 伊藤歩さんは、『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』の強いイメージがあり、『花とアリス』では1シーンだけ、『下弦の月〜ラスト・クォーター』『真夜中のパン屋さん』では回想シーンに登場しましたが,そこでも強い印象を残す女優さんです.)
その伊藤歩さんがまったく違う役を演じているところが面白いです.

MTGはmeetingの略です.
FYIはFor Your Informationの略です.
GNNというと新しい感じがしますが、義理人情浪花節の略です.

患者側弁護士には、GNN度の高い人と低い人がいます.経験を重ねてくるとGNN度は低下するような気がします.
いずれにしろ、患者側弁護士は、相談者の話を聞いているとつい情に流されそうになりますが、ぐっとこらえて冷静に医療裁判の厳しい見通しを話せなければならないことが多い辛い仕事です.


GNNは,慶應義塾出身者のなかではよく知られている言葉のようです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-08 02:24 | 日常

東京慈恵会医科大学附属病院,胸腹部大動脈瘤の手術後の死亡事案で提訴される(報道)

朝日新聞「慈恵医大病院を患者遺族が提訴 「未承認機器で手術」」(2015年4月2日)は,次のとおり報じました.

「東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)で大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)の手術を受けて死亡した男性(当時74)の遺族が、医師が十分な説明をせずに男性には適さない未承認の医療機器を使って手術をしたとして、病院の運営法人と手術をした男性医師に、計約8700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。提訴は3月31日付。

 機器は「ステントグラフト」という人工血管の一種。血管の内側に挿入して固定することで大動脈瘤への血流を遮断し、破裂を防ぐ治療に使われる。

 訴状などによると、男性は2011年10月、同病院で胸腹部大動脈瘤の手術を受けた。この際、医薬品医療機器法(旧薬事法)で承認されていないステントグラフトが使われた。この機器は、男性の血管に合わせて特注されたが、正常に挿入されず、男性は血液の循環不全に陥り、2週間後に多臓器不全で死亡した。

 訴状で遺族側は「医師は、他の病院で予定されていた一般的な手術よりも危険性が低いと誤解させる説明をした」と主張。病院の倫理委員会は、患者の同意を得た上で未承認のステントグラフトを使うことは認めているが、遺族側は「必要な説明は受けていない」としている。」


 上記報道で知る限りでは,他の病院で予定されていた一般的な手術よりも安全と考えて東京慈恵会医科大学附属病院で手術を受けることにしたようです.一般的な方法との選択のために必要な説明の具体的範囲,どのような説明を受けたのか,説明義務違反がなければ結果が異なっていたのか,等が問題になるように思います.とくに未承認の医療機器を使用する点は,説明義務の内容に影響を及ぼすものと考えられます.神の手におまかせという時代ではありません.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-04-07 08:11