弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2015年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

性的虐待の刑事事件の公訴時効及び民法724条の時効・除斥期間の起算点を成人時まで停止すること

釧路性的虐待被害事件原告・同弁護団が次の要望をだしていました.

「1 幼少時、未成年時に性的虐待(児童福祉法違反、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反を含む。)を受けた被害者に対する刑事事件の公訴時効及び民法724条の時効・除斥期間の起算点を成人時(20才)まで停止する趣旨の立法化をはかること。

2 大人を含む性暴力被害に対するいわゆるワンストップセンター(性暴力の被害にあった被害者が相談、刑事事件等の証拠保全、捜査の支援、診療・治療(医療費の無償化を含む)、法律相談、損害賠償等の法的手続の支援)を国として予算化し、全国各地に整備するとともに、特に子どもが性的虐待を受けた場合の相談、対応について、現行の児童相談所とワンストップセンターとの連携を強化する仕組みをつくること。」


時事通信「児童虐待の時効見直し=性的被害対象、成人時まで停止-自民検討」(2015年5月10日)は,次のとおり報じました.

「自民党は、児童虐待に関する時効の在り方の見直しを始めた。幼少時に受けた性的虐待が対象で、民事、刑事両面で成人になるまで時効を停止する案を軸に立法措置を検討する。幼いころに虐待された被害者が、成人しても加害者の責任を問えるようにするのが狙い。支援体制の強化も併せて議論し、政府に提言する。」
「性的虐待の実態に詳しい寺町東子弁護士によると、幼い被害者が虐待の意味を理解するのは早くて思春期以降。加害者が親や兄弟、親族の場合、相談相手もいないことから、表面化していない虐待もあるという。」


加害者とされる側の法的安定にも配慮は必要ですが,基本的に「停止」が正しいと思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-12 01:27 | 人権

尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」

伊藤若冲が生まれた1716年に尾形光琳が亡くなっています.

尾形光琳300年忌記念特別展「燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」が南青山の根津美術館で開かれています.
2015年5月17日(日)までです.あと1週間です.(ただし本日5月11日は休館日です.)

熱海のMOA美術館の「紅白梅図屏風」は、光琳が下鴨神社(賀茂御祖神社)の御手洗川の輪橋と紅梅をモデルに描いたと言われています.
根津美術館の「燕子花図屏風」は、伊勢物語が題材ですので、三河の国の八橋の燕子花でしょう.

ところで,風神・雷神をサイトのトップにしている法律事務所がありますが,外国人受けをねらってのことでしょうか?同じようなサイトが多いなかで,インパクトがあります.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-11 02:22 | 趣味

胃部レントゲン(バリウム)検査中の落下事故で死亡(報道)

読売新聞「胃のレントゲン検査中、台から落下し女性死亡」(2015年5月9日)は,次のとおり報じました.

「8日午前11時25分頃、群馬県沼田市恩田町で、検診用のレントゲン撮影車で胃のレントゲン検査を受けていたブラジル国籍のアルバイト、マスコ・ロザリナ・ケイコさん(58)が診察台から落下し、頭を診察台と車の壁に挟まれて死亡した。」

台をかなり動かされる検査なので,検査を受ける人は落ちないために手すりをしっかり握ってしがみついなければなりません.60歳近くの女性の握力では,からだを支えきれなかったのでしょう.診察台と車の壁の距離等もふくめ,安全確保に問題はなかったのでしょうか.

ちなみに,握力のない私は1回受けて懲りたので,また放射線被爆線量も大きいので,その後は胃部レントゲン検査は受けずに,より精度が高い胃部内視鏡検査(胃カメラ検査)だけを受けています.

【追記】

一般財団法人全日本労働福祉協会胃部エックス線検査事故調査委員会は,平成27年6月26日,「一般財団法人全日本労働福祉協会胃部エックス線検査事故調査報告書」を公表しました.

「平成27年5月8日に発生した胃部エックス線検診中に受診者が透視台から滑落し死亡した事故
の原因は、個々の技師等の検査における注意不足、協会の健診事業に対する医療安全教育の徹底不足、個別の受診者に応じた対応の徹底不足、ならびに想定外の受診者の身体状況など、いくつかの要因が重なったことが考えられる。
健診事業者が受診者の安全・安心を担保していくことは、最も基本的なことであり、今後上記の諸対策を徹底する必要がある。本委員会としては、本事故の原因を明らかにするととともに再発防止策を提案し、全国の同様業務に従事している方々に対して僅少でもお役に立てることを願っている。」

とのことです.

事故要因は,以下のとおりとのことです.

「(1) 検査者側の要因
① Y技師は受診者の状況の目視、あるいは監視カメラによる監視モニター画面での観察を十分に行わなかった。
② 適切な画像を得るためとはいえ、受診者が体位変換の指示に従わなかった(あるいは従えなかった)ことから受動的に体位変換を繰り返し、受診者を疲労させた可能性がある。
③ 適切な画像を得るために、透視台を頭低位でさらに天板を回旋させて撮影し、結果として受診者の頭部方向への滑落を招いた。
④ 受診者が頭部方向への滑落を防ぐための天板の肩当てを外したまま検査を行った。
⑤ 胃部エックス線検査は診療放射線技師と補助者で行っているが、たまたま事故発生時点には補助者Zは胸部エックス線検査の補助をしていたため、胃部受診者の監視補助が十分でなかった可能性がある。

(2) 受診者側の要因
① 透視台が頭低位で天板を回旋させて撮影が行われた後、受診者が手すりを握っていた手が離れ、頭部が天板頭位端を超えて外部へ滑落した。
② 撮影室内の物音はスピーカーによって操作室に聞こえるようになっていたが、撮影技師は、物音、叫び声などの異常な音を感知していない。
③ 胃部エックス線検査中、受診者は撮影技師の指示による体位変換を自力で行うことが出来ず、2回にわたり技師が撮影室に入り、受診者の体位変換を介助して透視撮影を行った。
④ 検査に臨むA氏の状況は以下のとおり特段の問題はなかった。
A氏は糖尿病で薬物治療中であり、また、肥満(身長145.9cm、体重60kg、BMI28.1)があったが、過去7回にわたり全日本労働福祉協会による定期健康診断を受診し、胃部エックス線検査を受けていた。事故当日の健診では、胃部エックス線検査の約30分前に医師の診察を受けており、特段の異常は指摘されていない。医師の診察後、胸部のレントゲンを終え、胃部エックス線検査を受けた。

(3) 検診車の要因
① 透視台の頭位端と検診車の内壁との間隔は天板の傾斜角度によって拡大、狭小化する構造であった。」

事故防止対策は,以下のとおりです.

「(1) 全日本労働福祉協会の職員及び年間契約職員を対象にした注意
① 医療安全に対する教育の徹底。
② 健診事故防止のための医療安全委員会活動を本部・支部合同で実施し、支部における伝達、教育を徹底する。
③ 医療安全活動の再検討。
各部門からのヒヤリハット報告の提出を徹底することにより情報を共有化し、分析、結果のフ
ィードバックを一層努力して実施する。

(2) 胃部エックス線検査を担当する診療放射線技師への注意
① 毎日の始業点検において天板の肩当て設置を必ず確認する。
② 検査中、監視モニターによる受診者の監視を徹底して行う。
③ 頭低位となる透視台の傾斜角度は-30度以内とし、できれば-20度前後までとする。
④ 高血圧、肥満、糖尿病、意識喪失発作の既往者、その他検査上注意を要すると判断される受診者の検査は一層注意深く行い、頭低位検査はなるべく控える。

(3) 胃部エックス線検査受診者への注意
① 従来から待ち時間を利用して実施している胃部エックス線検査の口頭による注意事項の説明に加え、新たにビデオによる説明を実施し、よく注意して視聴するよう受診者に促す。
② 頭低位の場合は、身体が頭位方向にずり落ちる可能性があるので、手すりを保持することが困難あるいは不可能になった場合は、声を出して技師に知らせるように指導する。

(4) 胃部エックス線撮影装置への設備面の配慮
① 頭低位滑落防止のために、透視台を逆傾斜角度-30度でストッパーを設置する。
② 手すりの滑り止めを補強する。
③ 透視台が頭低位となる傾斜時に天板頭位端と検診車内壁との隙間が広がらないように、内壁の構造を補正する。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-10 11:22 | 医療事故・医療裁判

ハンセン病市民学会総会・交流集会in東京・駿河〜当事者運動と市民のかかわり〜「バトンをつなごう」

昨日と本日,第11回ハンセン病市民学会総会・交流集会in東京・駿河〜当事者運動と市民のかかわり〜「バトンをつなごう」が開催されました.

毎日新聞「ハンセン病市民学会:「療養所に人権擁護委設置」を決議」(2015年5月9日)は,次のとおり報じました

「ハンセン病を巡る課題を元患者や支援者らが議論する第11回ハンセン病市民学会が9日、東京都内で開かれ、全国13のハンセン病療養所全てに、入所者の人権問題について調査・勧告する第三者機関「人権擁護委員会」(仮称)を設置するよう厚生労働省に求めることを全会一致で決議した。」
「徳田靖之弁護士は「入所者の平均年齢が84歳に迫り、各療養所の自治会は弱体化している。社会の関心も著しく低下した」と述べ、外部の有識者を加えて療養所から独立した人権擁護委の必要性を訴えた。」
「その後のシンポジウムでは、13療養所で唯一、人権擁護委を既に置いている邑久光明(おくこうみょう)園(岡山県瀬戸内市)の青木美憲(よしのり)園長が報告し、認知症が進む入所者に運転免許証を返納してもらう際に委員会の議論が役立ったことを紹介した。」


ハンセン病市民学会のサイトはコチラ

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-10 10:31 | 人権

日本赤十字社が献血時の採血が原因の神経損傷事案について900万円支払う内容で大阪地裁にて和解(報道)

毎日新聞「日本赤十字社:献血で後遺症 解決金900万円で和解」(2015年5月8日)は,次のとおり報じました.

「献血をした大阪府の40代男性が、採血で腕の神経が傷つけられて後遺症が残ったとして、日本赤十字社(本社・東京都)に約2400万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こし、日赤が解決金900万円を支払う内容で和解したことが分かった。和解は今年4月14日付。

 訴状などによると、男性は2011年5月、大阪府茨木市内の日赤の施設で献血に参加。採血針を左腕に刺された時に激痛を感じ、痛みを訴えたが看護師は採血を続けたという。男性は痛みが治まらなかったため病院で受診し、「左腕の神経損傷」と診断された。

 男性は精密加工機器メーカーで主に金型のメンテナンス作業をしていたが、しびれが残る左腕での作業が難しくなり、同年10月に退社。日常生活でも左腕が上がらず、不便を強いられたという。

 日赤は当初、治療費や見舞金などを支払ったが13年1月に打ち切った。訴訟では「採血は正常に行われ止血措置もした」などと主張して争ったが、最終的に和解に応じた。日赤は取材に対し、「コメントは差し控える」としている。

 厚生労働省が作成した血液事業報告によると、献血時の採血が原因の神経損傷は、▽09年度188件▽10年度188件▽11年度128件。12年度は約525万人が献血し、121件の神経損傷が報告されている。

 一方、献血が原因となった健康被害を巡る訴訟では、採血針で神経が傷つけられ、後遺症で指が動きにくくなったとして北九州市の女性が日赤を相手に提訴し、04年に日赤側が300万円を支払うことで大阪地裁で和解したケースなどがある。【三上健太郎】」


産経新聞「献血で「腕の神経損傷」 男性と日赤が解決金900万円支払いで和解 大阪地裁」(2015年5月8日)は,次のとおり報じました.

 「献血で腕の神経を傷付けられ、後遺症で退職を余儀なくされたとして、大阪府内の40代男性が日本赤十字社(東京)に約2400万円の損害賠償を求めた訴訟で、日赤が男性側に解決金900万円を支払う内容で、大阪地裁(野田恵司裁判長)で和解したことが8日、分かった。和解は4月14日付。

 訴状によると、男性は平成23年5月、大阪府茨木市内で日赤の献血に協力。献血針を左腕に刺された際に激痛を感じて「痛い」と看護師に訴えたものの、採血は中止されなかった。男性は献血後も痛みが治まらず、受診した病院で「神経損傷」と診断された。

 男性は精密加工機器メーカーに勤めていたが、左腕の痛みやしびれで勤務を続けるのが難しく同年10月に退社。日赤は当初、治療費や見舞金などを支払っていたが、「献血とは無関係の障害」と判断して25年2月以降の支払いをやめた。」


 これは,私が担当した事案ではありませんが,参考になるケースと思います.
 一般に,注射による神経損傷の事案は少なくありませんが,(1)注射時に激痛を訴えたか否か,(2)注射が継続されたか中止されたか,(3)障害が生じた部位から合理的に推認される損傷された神経の部位,(4)神経損傷の継続・拡大,重篤化の原因が注射と相当因果関係があるか,(5)損害の金銭評価等の問題があります.
(1)(2)の事実経過について争いがあって立証が難しいケースもあります.深部にある正中神経が障害されたことが認定できれば,通常深部まで針を刺すことはありませんから,注意義務違反を認定しやすくなります.針が神経にあたり損傷しても,月単位の時間で治癒する人もいますので,当該事案における継続・拡大,重篤化の原因がどこにあるのか,争われます.
 注射針による神経損傷の場合,患者の主訴によって病態を認定することになり,その評価の問題,注射との相当因果関係のある範囲の問題等により,立証となると高い壁があります.
 報道された事案は,40代男性で仕事をやめざるをえなかったという被害事情からすれば,900万円での和解は低額とも言えますが,とことん争うと上級審までいくことも考えられますので,1000万円に近い和解金額は適切でしょう.
 私自身は最近注射による神経損傷事案を取り扱っていませんが,神経損傷の件数は多いので,献血で神経損傷がおきその神経損傷が重篤化した場合は,過失の有無を問わず,一定金額が支払われるようシステムを整備したほうがよいのではないでしょうか.そのような補償制度がないと,いずれ献血する人が少なくなってしまうでしょう.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-09 01:54 | 医療事故・医療裁判

伊藤若冲の2つの展覧会+五百羅漢

東京六本木のサントリー美術館で『生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村』展が,京都市上京区今出川通烏丸東入上るの相国寺承天閣美術館で『伊藤若冲と琳派の世界』展が,それぞれ開催中です.

『生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村』展では,白象群獣図(桝目描きは傍で見たほうがよくわかります.丁寧な仕事です.宇多田ヒカルさんの「SAKURAドロップス」のPVにも使われていました.),象と鯨図屏風(巨大でシンプルで愛らしい象と鯨も間近で見たほうがよいです.),石峯寺図などを,『伊藤若冲と琳派の世界』展では,鹿苑寺大書院障壁画,釈迦三尊図,中鶏左右梅図,立鶴図などをそれぞれ見ることができます.
伊藤若冲は,俵屋宗達・尾形光琳と並べるのはわかりやすいと思うのですが,与謝蕪村と並べるのはプロ好みだったのででしょう.渋い蕪村は,私にはまったく頭にはいってきませんでした.

後者は9月23日までですが,前者は5月10日までです.関心のある方は六本木の東京ミッドタウンに急がれたほうがよいと思います.(甲賀市の山中にあるMIHO MUSEUMでも7月4日から8月30日まで開催されます.交通の便が悪いため人が少なく落ち着いて見ることができるかもしれませんが...)

また,伏見の石峯寺の五百羅漢石像もお忘れ無く.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-08 06:41 | 趣味

古都のレトロな喫茶店

木目と布のスピーカーボックス,真空管アンプ,ベルトドライブのターンテーブル,レコード...昭和を彷彿とさせる音響機器は嫌いではありません.むしろ憧れかもしれません.
私が高校生だった頃,医大の学生たちがJBLの鳴っているジャズ喫茶にたむろしているのを,羨望のまなざしで見ていました.
私は,大学生になった年,古本屋街のなかに格式高い時代がかった喫茶店があり,時々行ってはウインナーコーヒーを頼んでいました.喫茶店に入るときは,すこし背伸びした感じがありました.

どこの街にも,retrospectiveな喫茶店はあります.
最近,古都のレトロな喫茶店に入りました.
入ったとたんに後悔しました.
近くにタバコを吸っている人はいないのに,タバコ臭いのです.テーブル上に灰皿が置かれているのです.
高名な画伯の絵があっても,室内のインテリアがどんなに凝っていても,タバコの臭いはNGです.
思い出しました.いつしか,格式高い喫茶店に行かなくなったのもタバコの煙と臭いが苦手だったからでした.

古都のレトロな喫茶店の経験で,今の良さをあらためて認識しました.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-07 21:13 | タバコ

2014年度無煙映画大賞

映画に喫煙シーンがあると,映画自体にも不快感を覚えてしまいます.
その喫煙シーンのために,俳優,スタッフなど本来不必要な能動喫煙・受動喫煙があったと思うと残念でなりません.
かつては,喫煙シーンでタバコが肯定的に表現され,広告の役割を果たしていました.いまでも,喫煙者は喫煙シーンを見ると喫煙を誘導されるとのことです.
そのようなことから,喫煙シーン等のない無煙映画をひろめていきたいと思います.

2014年1月から12月に公開された日本語映画(ただしアニメと時代劇を除く)から選出された2014度無煙映画大賞は以下のとおりです.

無煙映画大賞作品賞 「魔女の宅急便」(実写版) 
無煙映画大賞主演女優賞 榮倉奈々さん 
  出演作品「わたしのハワイの歩きかた」,「ミラクル デビクロくんの恋と魔法」
無煙映画大賞主演男優賞 錦戸亮さん 
  出演作品「抱きしめたい 真実の物語」
無煙映画大賞監督賞 周防正行さん 監督作品「舞妓はレディ」
無煙映画大賞ファミリー賞 「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」
無煙画大賞特別賞  「圧殺の海 沖縄・辺野古」

詳細は「2014年度無煙映画大賞選考理由」ご参照

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-06 05:11 | タバコ

The 15 Highest Paying Companies in America

The 15 Highest Paying Companies in America の2位と8~14位は,Netflix,Mozilla,Good Technology,Altera,VMware,Cadence Design Systems,Google,Synopsysです.高収益のIT関連企業は給与も高いです.

3位,4位,5位,7位は, Booz & Company* (now known as Strategy&),McKinsey & Company,A.T. Kearney,Boston Consulting Groupです.IT関連企業の上をいくのがこれらコンサルティング会社です.当事務所の元事務員も英語力を活かしてその1つに転職しました.

1位はSkadden Arps,6位はSidley Austinです.いずれも法律事務所です.私と修習同期の弁護士もそこで働いています.
法律事務所の提供する法的サービスの質は人で決まります.IT関連企業もコンサルティング会社も同様でしょうが,米国の法律事務所は,優秀な人材を集めるためにどうしても人件費が高くならざるをえない事情があります.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-04 20:52

徳島弁護士会会長上地大三郎先生が語る

徳島新聞の「徳島弁護士会会長に就いた上地大三郎さん」(2015年5月3日)を読みました.

「憲法改正や集団的自衛権など、法の根幹に関わる議論が活発になっている状況に「法ではなく、一部の人による支配が進んでいる」と危機感を募らせている。」
「東電OL殺人事件で、無期懲役判決を受けたネパール人の弁護団に加わったことが一番の思い出。」
「「求めるものは人それぞれ。依頼者の意向を尊重することが最も重要」と、プロセスを重視するようになった。」
「08年にはDV被害者らを支える民間団体「エンゼルランプ」を設立。」


上地先生とは,司法修習の前に一緒にアルバイトをしていましたが,刑法が強いという印象がありました.司法研修所でも,刑裁,刑弁,検察は楽しそうでした.
日弁連でも,人権擁護委員会第一部会(再審部会)部会長でした.
徳島県の石井町の町長がスナックでホステスの顔を殴ったとして徳島検察審査会の起訴議決を受け暴行罪で強制起訴された事件で,指定弁護士(検察官役)をつとめ,1審,控訴審ともに有罪判決をとっています.2015年4月27日付最高裁(3小)決定で有罪が確定しています.
御活躍で何よりです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-05-04 05:18 | 弁護士会