弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2015年 08月 ( 39 )   > この月の画像一覧

オハイオ州の名門病院がハンバーガーショップとのリース契約を終了

オハイオ州の名門病院クリーブランド・クリニックはマクドナルドとのリース契約を終了し,マクドナルドの店舗は来月で閉店するとのことです.(CNN「名門病院、マクドナルドを締め出し 米中西部」(2015年8月20日)ご参照)
肥満がハンバーガーのせいか議論はありますが,訴訟は自己責任を理由に敗訴となっているので,ハンバーガーと肥満との因果関係が否定されているわけではありません.訴訟を禁じるチーズバーガー法案は,下院は通過しますが,上院が通過できず,未だ成立していません.
たしかにハンバーガーだけが肥満の原因ではないでしょうが,肥満問題を考えると,病院敷地内にマクドナルドの店舗があるのはミスマッチな感じをうけます.
なお,日本では,或る大学病院内にマクドナルドの店舗があるのですが...


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-21 01:49 | 日常

定家忌

今日8月20日は定家忌です.

藤原定家と式子内親王の関係は真偽不明ですが、「明月記」は、60歳代の定家が50歳代の式子内親王の御見舞いに足繁く通うさまが書かれ、亡くなったことは書かずに1年後の記述になる、思わせぶりな書き方です.
32歳の藤原定家が19歳の式子内親王をみそめ、式子内親王が享年53歳で亡くなるまで両思いが続いたとすると...

たまのおよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする (式子内親王)

こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに やくやもしほの みもこがれつつ (権中納言定家)

の恋の歌に深さを感じます.

定家の執心が定家葛となって式子内親王の墓にからみつくという能(今春禅竹の「定家」)も有名です.

しかし、定家は、現実・写実の歌人ではなく、頭のなかで恋の歌を創作する歌人ですので、すべてはフィクションなのかもしれません.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-20 01:59 | 趣味

大崎市民病院、正常な左卵巣も切除する医療ミス(報道)

河北新報「大崎市民病院が医療ミス 正常な卵巣を切除」(2015年8月19日)は、次のとおり方位j増した.

「大崎市民病院(宮城県大崎市)でことし3月、右卵巣腫瘍摘出の手術を受けた女性患者の正常な左卵巣も切除する医療ミスがあったことが18日、分かった。病院側は女性に謝罪し、現在、損害賠償などについて協議中という。
 同日の市議会全員協議会で報告された。病院によると、女性は県北部の30代後半の既婚者。病院側は「執刀医が両方を切除するものと思い込んだのが原因」と説明。女性は女性ホルモンを補うための通院治療を余儀なくされているという。
 女性は昨年12月に別の医療機関で右卵巣腫瘍が見つかり、大崎市民病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた。事前に右のみの切除と確認していたが、執刀した婦人科医と助手が両方切除と勘違いし、他のスタッフも気付かなかったという。病院側は「次に控えていた手術が両卵巣の切除だったことなどが、思い違いを招いたようだ」と釈明した。
 手術後にカルテの確認でミスが発覚。3月末に病院の医療安全管理委員会が病院側に責任があると判断、当時の病院長と執刀医らが女性と家族に謝罪した。
 病院側はその後、今月5日までに「臓器の左右を確認のための声掛けを何度も行う」など5項目の再発防止の留意事項をまとめた。
 医療ミスの公表が5カ月後になったことについて、病院側は「再発防止策を決めてから公表することを女性側と合意していたためだ」と説明し、「損害賠償について協議中だが、誠意をもって対応したい」としている。」


思い込みは必ずありますので、常に確認が必要です.
卵巣が1つ残っているのと両方とも摘出されるのとは大きな違いがあります.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-20 00:51 | 医療事故・医療裁判

東京地裁平成27年8月19日判決、性感染症に感染と虚偽の診断した医師に損害賠償命じる(報道)

TBS「「性病に感染」とうその診断、新宿のクリニックに賠償命じる判決」(2015年8月19日)は、次のとおり報じました.

「性病に感染している」とうその診断をされ、必要のない治療費を支払わされたなどとして、都内の男性が新宿区内のクリニックに損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は、およそ50万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。

 「ショックでしたよ。人に言えるものでもないですし」(男性〔40代〕)

 19日午後、東京地裁に向かう40代の男性。男性は、おととし、東京・新宿区の「新宿セントラルクリニック」で“血液検査の結果、性病に感染している”と診断されましたが、別の病院を受診したところ“性病には感染していない”ことが判明。

 男性は「クリニックが血液検査の基準値を改ざんし、うその診断をした」として、院長を相手取り慰謝料など、およそ250万円の賠償を求める訴えを起こしていました。

 19日の判決で、東京地裁は、男性は性病にり患していなかったとした上で、「故意による詐欺行為で悪質。男性が必要のない通院および薬の服用を余儀なくされた」として、院長に、およそ49万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。

 「声をあげて良かったと思います」(男性〔40代〕)
 「患者の性病という分野の羞恥心につけ込んだ極めて悪質な医療詐欺。同種の被害を止めるためには今日の判決は大きい」(男性の弁護士)

 このクリニックをめぐっては、同様の被害を受けたとして別の男性2人も提訴していますが、今回の判決に対し、クリニック側は「診察中でコメントできない」としています。」


スポーツ報知「「性感染症に感染」虚偽の診断した医師に損害賠償判決(2015年8月19日)は、次のとおり報じました.

 「性感染症検査の結果を偽って性病にかかっていると診断され、精神的苦痛や損害などを受けたとして都内に住む男性(46)が東京・新宿セントラルクリニックの林道也院長を損害賠償で訴えていた民事訴訟で19日、東京地裁は林院長に治療実費等約50万円を支払う判決を言い渡した。

 男性は2012年10月に同クリニックで性病検査を受診。林院長は独自の検査結果用紙を作成し、男性に「クラミジア、ヘルペスに感染している」との虚偽の陽性結果を伝えた。その後、12月まで投薬を続けられたが、男性が同クリニックの判定基準が厚生労働省の数値と異なり、自身が陰性だったことを知り、14年9月に提訴した。法廷で林院長は「自分の判定基準の方が正しい」と主張。同様の検査結果を数千人に告知したという。

 判決確定後、会見した男性は「病院が詐欺行為を働いていること、自分が性病ではなかったことが認められてうれしかった。ただ、今も被害者が増えている可能性がある。早く行政や警察が動いて、被害を食い止めてもらいたい」とコメントした。

 現在、林院長は同様の訴えを2人から起こされている。新宿セントラルクリニックは診察中として、一切対応しなかった。」


本件に私は関係してませんが、たまたま前後の事件の関係で、判決の場面を傍聴しました.
担当は、医療問題弁護団の先生たちです.松井先生、服部先生、松田先生、三枝先生が原告代理人席にはいっていました.

医師によると数千人に告知したとのことですので、感染症ではないのに感性症と診断され投薬を受けた人が仮に3千人いたとすると、損害は3千人×50万円で15億円になります.本件は、刑事事件も視野にいれるべきものではないでしょうか.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-19 23:55 | 医療事故・医療裁判

厚労省,産科医不足対策で専門家会議立ち上げ

NHK「産科医不足で医療機関再編検討へ」(2015年8月16日)は次のとおり報じました.
 
「産科の医師が主に都市部に集中し地域によっては高齢出産などリスクの高いお産を扱う医療機関が不足していることから、厚生労働省は近く専門家による会議を立ち上げ、医療機関を再編するなど対策を検討することになりました。」

「会議では、生まれる子どもの数の推計などから地域ごとに必要な医療体制を検討したうえで、高齢出産などリスクの高いお産にも対応できるよう産科の医師を特定の医療機関に集めるなど地域の医療機関の再編を目指すとしています。このほか、リスクの低いお産は助産師に担ってもらえるよう医師と助産師の連携についても検討を進める方針です。」


厚労省は,近所の個人医院が扱ってきた出産を,ハイリスク出産を産科医師が多数いる特定の医療機関へ,ローリスク出産を個人院と助産院へ,という2分法を考えているようです.もし,専門家による会議を発足させる前から,厚労省が結論をもっているとしたら専門家会議の意味は少ないように思います.
また,助産院の実態を調査し,助産院の実態に即した安全な体制でなければ,助産院での事故が増えてしまうのではないでしょうか.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-19 06:54 | 医療

救急救命士が心静止と思い込み除細動器を使用せず,乳児死亡(報道)

毎日新聞「救急搬送:心肺停止状態…隊員が判断誤り乳児死亡」(2015年8月17日)は,次のとおり報じました.

「長崎県佐世保市消防局は17日、心肺停止状態となった生後10カ月の男の乳児を救急搬送中に心電図を見誤り、電気ショックで心拍再開を図る除細動器を使用しない救命措置の手順ミスがあったと発表した。乳児は病院到着後に死亡が確認された。消防局は8、12日に遺族に謝罪した。

 消防局によると、7月28日午後9時25分ごろ、佐世保市内の乳児の家族から「ミルクを飲んだ後に子供が反応しなくなった」と119番があった。搬送中に30代の救急救命士が人工呼吸をしながら、心電図を確認した。電極が全て乳児に付いていないうちに、平らな波形を見て心臓が動いていない「心静止」と誤認。50代の隊員が心臓マッサージしながら市内の病院に運んだ。

 いったん乳児の呼吸と心拍が再開したが、29日午前5時ごろ死亡が確認された。

 病院からの問い合わせで心電図をチェックした結果、心静止ではなく、心臓がけいれんしている「心室細動」だったことが判明した。長崎県の心肺停止対応業務手順は、心臓マッサージ中は定期的に一時停止して、心電図の波形の変化を確認しなければならないとしている。50代の隊員は心静止と思い込んで確認を怠り、心室細動の際に必要な除細動器を使わなかった。

 田崎東・市消防局長は記者会見で「再発防止に向け手順の再確認と隊員の教育に取り組む」と述べた。【峰下喜之】」


心室細動については,できるだけ早く除細動器を使用することが必要です.除細動の成功・不成功は分単位です.「心静止」と思い込み,除細動を試みなかったことはとても残念です.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-18 03:45 | 医療事故・医療裁判

懐かしの80年代 “Nothing like the Sun”

シェイクスピアは.

My mistress' eyes are nothing like the sun,
Coral is far more red, than her lips red,
If snow be white, why then her breasts are dun:
If hairs be wires, black wires grow on her head:

と辛辣な詩を書いています.
比喩で飾らない愛というオチがあるのですが...

スティングは、シェイクスピアのこの言葉が気に入っていたようで、アルバムのタイトルになっています.

アルバム“Nothing like the Sun”には、次の曲が収録されています.

The Lazarus Heart
Be Still My Beating Heart
Englishman in New York
History Will Teach Us Nothing
They Dance Alone
Fragile
We'll Be Together
Straight to My Heart
Rock Steady
Sister Moon
Little Wing
The Secret Marriage

昭和の懐かしいアルバムですが、今聴いてもよい曲・歌詞です.


 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-17 02:08 | 趣味

厚労省、三酸化二アンチモンによる健康障害の防止措置を直ちに検討

生労働省の「化学物質のリスク評価検討会」(座長:名古屋 俊士 早稲田大学理工学術院教授)の平成27年度第1回の報告書が公表されました.

「ヒトに対して発がん性の可能性がある」、または「神経毒性または生殖毒性がある」とされている5物質についてリスクの評価を行い、それに基づき、「三酸化二アンチモン」については、健康障害防止措置の検討に着手し、「塩化アリル」については詳細リスク評価を実施するとのことです.

【リスク評価結果】

■「塩化アリル」
 初期リスク評価※1 の結果、一部の事業場で、リスクが高い状況が見られたことから、詳細なリスク評価が必要である。

■「クメン」
 リスクが高い状況は見られず、労働者の健康障害のリスクは低いと考えられるが、有害性の高い物質であることから、関係事業者による自主的なリスク管理を進めることが適当である。

■「三酸化二アンチモン」
 詳細リスク評価※2 の結果、三酸化二アンチモンの製造・取扱いの業務について、適切なばく露防止措置が講じられない状況では、労働者の健康障害のリスクは高いと考えられることから、健康障害防止措置の検討を行うべきである。

■「酸化チタン(ナノ粒子)」
 酸化チタン(ナノ粒子)については、現在、リスク評価を行っている酸化チタン(ナノ粒子以外)の評価結果と併せて、両者の整合を図り、粒子の大きさと労働者の健康障害リスクの関係を踏まえた対応の検討を行う。

■「グルタルアルデヒド」
 事業場間で作業工程に共通すると考えられる高いリスクは認められなかったため、関係事業者が自主的なリスク管理を進めることが適当である。



 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2015-08-16 23:58

俵屋吉富の「五山の三笠 送り火」

俵屋吉富の「五山の三笠 送り火」をいただきました.
明日8月16日までの季節限定のお菓子です.

 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2015-08-15 21:42 | 日常

全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことば

今日の全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことばは,以下のとおりです.

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に70年,戦争による荒廃からの復興,発展に向け払われた国民のたゆみない努力と,平和の存続を切望する国民の意識に支えられ,我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という,この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき,感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み,さきの大戦に対する深い反省と共に,今後,戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,心からなる追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」

On this Day to Commemorate the War Dead and Pray for Peace, my thoughts are with the people who lost their precious lives in the last war and their bereaved families, as I attend this Memorial Ceremony with a deep and renewed sense of sorrow.

Seventy years have passed since the end of the war, and our country today enjoys peace and prosperity, thanks to the ceaseless efforts made by the people of Japan towards recovery from the devastation of the war and towards development, always backed by their earnest desire for the continuation of peace. When I look back on the arduous and sincere steps taken by the people in the course of this long postwar period, I cannot help but be overcome with deep emotion.

Reflecting on our past and bearing in mind the feelings of deep remorse over the last war, I earnestly hope that the ravages of war will never be repeated. Together with all of our people, I now pay my heartfelt tribute to all those who lost their lives in the war, both on the battlefields and elsewhere, and pray for world peace and for the continuing development of our country.


天皇陛下の「おことば」の法的位置づけについては,憲法学説上,議論のあるところです.
政治的な色合いがないよう配慮されてきた「おことば」ですが,近年,護憲の立場から一歩踏み込むことがふえてきました.改憲論,安保法案への危惧が感じられます.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-15 21:18 | 人権