弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

水戸地裁平成28年1月29日判決、眼科医になりすまし診療した男に懲役3年6月、罰金100万円(報道)

産経新聞「「眼科医なりすまし」に懲役3年6月 水戸地裁「巧妙で悪質」」(2016年1月30日)は、次のとおり報じました.

「ひたちなか市の眼科で、医師でないのに患者を診察したとして、医師法違反(無資格医業)などの罪に問われた、東京都品川区北品川の無職、A被告(52)の判決公判が29日、水戸地裁で開かれ、佐藤弘規裁判長は懲役3年6月、罰金100万円(求刑懲役5年、罰金100万円)を言い渡した。

 佐藤裁判長は判決理由で「手口が巧妙で非常に悪質。被告が起訴内容を全面的に認め反省していることを考慮しても、実刑は免れない」とした。

 判決によると、A被告は、ひたちなか市新光町の眼科など複数の診療所で医師になりすまして患者を診察し、点眼薬を処方するなどして、3つの医療法人から給与をだまし取った。」

これは私が担当した事件ではありませんが、報道で知る限り、実刑は相当でしょう..
名古屋市で派遣業を開業していた男が、派遣を依頼してきた医師から預かった医師免許証の写しをつかって医師になりすまし、別の業者に登録して医師として働き約2000万円の給与を得たという事件です.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-01-31 01:13 | 医療事故・医療裁判

東京有明メディカルクリニックの暴力団組員のNPO法人代表と歯科医師らを末期がん患者に医療行為で逮捕

産経新聞「歯科医が末期がん治療、自作の薬剤投与 無資格行為で逮捕」(2016年1月25日)は,次のとおり報じました.

「医師免許を持たずに末期がん患者に注射などの医療行為を行ったとして、警視庁生活環境課などは25日、医師法違反容疑で、東京都調布市の医療法人「秀真会」理事長で歯科医師、甲容疑者(58)=府中市宮町=と、指定暴力団Y組系組員でNPO法人代表、乙容疑者(42)=港区芝=ら男女3人を逮捕した。

 同課によると、3人は平成26年3月までに患者16人に医療行為を行い、患者1人につき平均157万円、計2500万円以上の収益があったという。

 逮捕容疑は、25年9月~翌26年3月まで、江東区有明にあった診療所で、30代~60代のがん患者ら男女6人に対し、医師免許がないのに計37回にわたり、未承認薬の点滴注射を行ったとしている。

 同課によると、3人はがん遺伝子治療と称して「AJS2010」という自作の薬剤を投与していた。投与された6人は、インターネット上の広告や公人容疑者が集めた末期がん患者で、一部に悪寒やじんましんなどの健康被害が出ているという。

 同課に26年3月、「医師ではない者ががん遺伝子治療と称して治療している」と情報提供があった。甲容疑者は歯科医師の免許しか持っておらず、任意の調べに「口(こう)腔(くう)がん予防のためにやった」と説明していた。他にも関与した者がいるとみて調べている。」



読売新聞「がん無資格治療で逮捕の歯科医、勤務実態ない医師を保健所に届け出」(2016年1月26日)は,次のとおり報じました.

「東京都江東区の「東京有明メディカルクリニック」(閉院)による医師法違反事件で、逮捕された医療法人社団「秀真会」(調布市)理事長で歯科医の甲容疑者(58)らが、勤務実態のない男性医師(40)を同クリニックの管理医師として保健所に届け出ていたことが、捜査関係者らへの取材でわかった。

 医療法で禁止されている「名義借り」の疑いがあり、警視庁は同法違反容疑でも捜査している。

 捜査関係者らによると、同クリニックでは2013年春頃までに医師全員が退職。そこで甲容疑者は同10月、NPO法人「先端医療支援機構」代表の乙容疑者(42)(医師法違反容疑で逮捕)から紹介された男性医師を管理医師に就任させていたという。

 男性医師は当時、別の病院に勤め、同クリニックでの勤務実態はなかったが、月数十万円の報酬を受け取っていた。同庁は甲容疑者らがこの頃から「がん遺伝子治療」と称し、医師資格のない看護師のC容疑者(42)(同)に未承認薬をがん患者に点滴するなどの医療行為をさせていたとみている。

 調べに対し、甲容疑者は「歯科医師免許の範囲内だ」、乙容疑者は「医療行為はしていない」、丙容疑者は「違反ではないと思った」といずれも容疑を否認している。」


全容解明を期待します.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-01-30 06:25 | 医療

医療安全情報No.110「誤った患者への輸血(第2報)」

公益財団法人 日本医療機能評価機構は,医療安全情報No.110「誤った患者への輸血(第2報)」を発表しました.
「輸血用血液製剤を接続する直前に、患者と使用すべき製剤の照合を行わなかった事例が再び報告されています。そのうち13件は、照合に用いる認証システムがあったにもかかわらず、使用しなかった、または使用したが適切でなかった事例です。」とのことです.

「患者から離れた場所で認証システムを使用し、別の患者のところに製剤を持っていった」が3 件,「認証システム使用後に製剤を保冷庫に保管し、投与する際に別の患者の製剤を取り出した」が2件,「認証システムに血液型が異なるというエラー表示が出たが、機械の故障と判断した」が1件,「認証システムの画面が進まない理由を、医師の指示に問題があると判断した」が1件,「投与開始後に認証システムを使用した」が1件だそうです.

院内の輸血マニュアルを必ず遵守してもらうことが必要です.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-29 22:57 | 医療事故・医療裁判

土佐清水市の特別養護老人ホームで誤投薬(報道)

高知新聞「高知県土佐清水市の特養で名前確認怠り投薬ミス 市長が陳謝」(2016年1月23日)は,次のとおり報じました.
 
「高知県土佐清水市が運営する土佐清水市以布利の特別養護老人ホーム「しおさい」(山本弘子園長)で2015年12月、利用者へ間違った薬を投与するミスがあり、泥谷光信市長が22日の土佐清水市議会1月会議で報告、陳謝した。施設では2004~2014年度に薬の誤配が計38件発生し、マニュアル改善などを進めているが、2015年4月にも薬を誤飲させるミスがあったばかりだ。

 土佐清水市の報告などによると、投薬ミス発生は12月16日午後4時半ごろ。4人部屋を訪れた50代の女性臨時看護師が、90代の女性利用者の鼻から胃へ通しているチューブに、粉薬を溶かした白湯(さゆ)が入った注射器状の容器を接続する際、誤って、同じ部屋にいる別の利用者用の容器をつなぎ、中身をそのまま投与した。

 女性利用者に予定していたのは便を軟らかくする薬のみだったが、ミスにより、寝付きをよくする▽血圧を下げ血流を増やす▽鉄分補給▽不安や緊張を緩和する―の4種類を投与された。約10分後に現場に来た別の看護師が誤りに気付き、市内の病院に連絡した。翌朝まで施設内で経過を観察し、体調に大きな変化は見られなかったという。施設側は利用者と家族に謝罪した。

 従来は看護師が1人で投薬する場合、利用者のベッドの名前と、容器ラベルの名前を声に出して確認するよう申し合わせていたが、徹底されていなかった。

 施設側はその後、投薬時は必ず2人でチェックするよう業務マニュアルを変更した。

 施設は2015年4月の薬誤配の後、11月までに高知県から計4回の指導監査を受けている。泥谷市長は市議会本会議で「研修を重ね一定の改善が図られていた中での事故で、深くおわびする」と陳謝した。

 詳細報告を受けた市議会産業厚生委員会では、委員から「命を預かっている認識がない」「家族にとってたまらない問題。年に何回もあっては話にならない」など、ミスを繰り返す施設側に厳しい声が上がった。



特養での投薬ミスは,ときどき報道されます.
土佐清水市に限らず,ダブルチェックが行われていない場合があり,報道された以上に多いのではないか,と懸念されます.
なお,本件は,私が担当したものではありません.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-25 03:14 | 医療事故・医療裁判

ガーゼ置き忘れた病院は2病院のどちらか特定できないが謝罪し補償(報道)

読売新聞「2病院のどちらが?患者体内にガーゼ20年以上」(2016年1月23日)は次のとおりじました

「愛媛県の済生会今治病院(今治市)と愛媛大病院(東温市)は23日、それぞれ1991年と92年に手術をした県内在住の男性患者(40歳代)の右大腿部にガーゼを置き忘れていたと発表した。

 どちらの病院のミスかは不明で、2014年10月に患者が右大腿部の手術を受けた際に見つかり、摘出した。両病院は患者や家族に謝罪しており、今後補償する。

 両病院によると、患者は右の大腿骨を折って91年9月に済生会今治病院で手術を受け、機能回復のため、翌92年3月に愛媛大病院で内視鏡を使った手術を受けた。ともに止血などのためにガーゼが使われていた。

 患者は2014年10月に転倒し、再び右大腿骨を骨折。済生会今治病院で手術を受けたところ、20年以上残っていたガーゼに血液や脂肪などがついた球状の組織が見つかった。組織と接していた大腿骨が細くなっており、骨折しやすい状態だったとみられる。患者は今も右ひざが曲がりにくく、リハビリを続けている。

 両病院は合同の調査委員会で調べたが、どちらの手術で置き忘れたかははっきりしなかった。ただ、使ったガーゼの量などから、済生会今治病院の可能性が高いとみている。

 この日、両病院の院長らが松山市内で記者会見。済生会今治病院の松野剛院長は「患者さんやご家族、地域の方々におわびする」と謝罪。「ガーゼは手術終了時に枚数を確認していたはずだが、何らかの原因で残ってしまった」と述べた。」



法律的には難しい問題がありますが,常識的な解決だといます.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-24 22:24 | 医療事故・医療裁判

『荒地の恋』

毎週土曜日午後10時から WOWOWで『荒地の恋』が放映されています.
原作はねじめ正一氏の小説『荒地の恋』です.

弁護士高田安之助氏の息子の彫刻家高田博厚氏の娘の和子氏は,詩人田村隆一氏の4番目の妻でした(ちなみに,田村隆一氏は5回結婚し,1番目は詩人・評論家鮎川信夫氏の妹康子氏,2番目は作家福島正実氏の従姉妹信子氏,3番目は詩人谷川俊太郎氏と離婚した詩人岸田衿子氏でした)。

田村和子氏は,「小さな誤解から小さなさざ波になり、やがてそのうねりが大波そして嵐に変化していったのだ。あの頃は太郎さんのお宅、そして我が家も大海原に弄ばれる小さなボートだったのではないだろうか。」と書いています(タローさんとサブロー).

「太郎さん」とは,詩人の北村太郎(本名;松村文雄)氏のことです.
鎌倉の精神病院に入院した田村和子氏を足繁く見舞ったのは,夫田村隆一氏ではなく、北村太郎氏でした.
北村太郎氏と田村和子氏の禁断の恋は有名です.

田村隆一氏,鮎川信夫氏,北村太郎氏らは,昭和22年,詩誌『荒地』を創刊しました.
これが戦後日本の詩の出発点です.
鮎川信夫氏は昭和61年に脳出血で亡くなり,北村太郎氏は多発性骨髄腫を患い平成4年に腎不全で亡くなり,田村隆一氏は平成10年に食道癌で亡くなりました.

北村太郎氏の『雨』の冒頭は次のとおりです.

春はすべての重たい窓に街の影をうつす。
街に雨はふりやまず、
われわれの死のやがてくるあたりも煙っている。


田村隆一氏は,『四千の日と夜』で次のとおりうたいました.

一篇の詩を生むためには、
我々はいとしいものを殺さなければならない
これは死者を甦らせるただひとつの道であり、
我々はその道を行かなければならない


鮎川信夫氏の『繁船ホテルの朝の歌』の冒頭は次のとおりです.

ひどく降りはじめた雨のなかを
おまえはただ遠くへ行こうとしていた
死のガードをもとめて
悲しみの街から遠ざかろうとしていた



ドラマ『荒地の恋』は,三田村和子役を鈴木京香さんが,三田村隆一役を松重豊さんが ,北沢太郎役を豊川悦司さんが,北沢治子役を富田靖子さんが,有川信夫役を田口トモロヲさんがそれぞれ演じています。
いずれも演技派の俳優で,年齢のバランスもよく考えられた布陣です.

レトロな時代背景に,純文学独特の雰囲気があふれており,別世界を覗く非常に怖いドラマになっています.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-23 18:07 | 趣味

ハンセン病元患者等による和解一時金の請求期限は平成28年3月31日です

国は,基本合意に基づき,過去にハンセン病にかかったことのある方に,謝罪し,補償金(和解一時金)を支払います.未請求の方が何百人もいると思われます.

すでに亡くなられた方も対象となります。
療養所に入所したことがない方も対象となります。

20年の「除斥期間」の関係で,ハンセン病元患者等による和解一時金の請求(提訴)は,平成28年3月31日です.

相談窓口
・公益財団法人 沖縄県ゆうな協会:098-832-9528 
・法律事務所:098-938-4381 
・厚生労働省(難病対策課):03-5253-1111 内線2369 
訴訟の手続が必要ですので、余裕をもって御相談ください。

厚労省のサイトには,次のとおり書かれています.

」*家に保健所や病院の方が来ることはありません。
*名前が公表されることもありません。
*手紙や電話が突然くることもありません。
*家族・友人に知られることもありません。
*御質問や請求申請をされる方のプライバシーは固く守られます。
*どんなことでも結構です。まずは、お問い合わせください。

ハンセン病は、感染し発病することが、極めて稀な病気です。
優れた治療薬により完治します。元患者の方々の身体の変形は後遺症にすぎません。
早期に治療すれば、身体に障害が残ることはほとんどありません。」


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-20 00:56 | 医療事故・医療裁判

被験者に対する重大な害作用の情報開示が63%でなされていなかった(米国)

薬害オンブズパースン会議のサイトに注目情報「被験者に対する重大な害作用の情報開示が63%でなされていなかった(米国)」が掲載されています.JAMA内科学誌2015年9月号の要旨を伝えています.
それによると,潜在的リスクが医薬品のもたらす便益の程度に比べて非常に重篤であることを示す黒枠情報が336施設中19施設で開示されていなかったとのことです.
被験者を集めるために,正確な危険性情報を提供しない実態があるようです.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-19 02:08 | 医療

和泉市立病院,乳癌見落としで提訴される(報道)

テレビ朝日「乳がん見落とした…患者女性、検査ミスの病院を提訴」(2016年1月16日)は,つぎのとおり報じました.

「乳がんの症状を見落として生存率が低下したとして、患者の女性が病院を相手取って訴えを起こしました。

 原告の48歳の女性は、大阪の和泉市立病院で、組織の一部を採取する「針生検」と呼ばれる検査で、ミスに3人の医師が気付かず、誤って「良性」と診断されました。しかし、その後もしこりが大きくなり、女性は乳がんと診断され、新たに転移も見つかりました。女性は治療開始が遅れてがんが進行し、術後10年間の生存率が1割から2割低下したなどとして、慰謝料など650万円を求める訴えを大阪地裁に起こしました。和泉市立病院は「担当者不在のためコメントできない」としています。」



本件は,私が担当したものではありません.
採取ミスなのでしょうか.上記報道からは事情がよくわかりません.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-19 01:48 | 医療事故・医療裁判

フランスでの臨床試験で脳死等の事故発生

バイアル(Bial)社から委託されたバイオトライアル(Biotrial)社の鎮痛剤の臨床試験で被験者に脳死(その後死亡)を含む重篤な結果が発生したことが報じられています.
5日目に症状がでて,6日目に1人が昏睡,脳死状態になり,5人が集中治療室に入れた,と報じられています.被験者は90人と伝えられています.
臨床試験は,有効性と安全性が確認されていない薬の候補物質を投与するものですから,リスクは大きいと言えます.

AFP「フランス治験事故、脳死の男性が死亡」(2016年1月18日)は,次のとおり報じました.

「フランスで行われた新薬の治験で起きた事故で、深刻な副作用のために脳死状態に陥っていた被験者の男性が17日、死亡した。男性が入院していた病院が明らかにした。

 1週間前に起きた事故では、さらに5人の被験者が入院しているが、仏北西部レンヌ(Rennes)にある同病院の声明によると、いずれの容体も「安定している」という。

 問題の新薬は、痛みと気分障害の治療を目的としたもので、ポルトガルの製薬会社バイアル(Bial)が開発。同社の委託を受けた民間研究機関バイオトライアル(Biotrial)が、「第1相臨床試験」と呼ばれる試験で、初めて人体に対する安全性試験を行った。

 計108人の被験者が治験に参加し、うち90人に異なる量の薬が投与され、残りの被験者には偽薬が与えられた。入院した6人は28~49歳の男性で、最も多い投与量を受けたグループに属していた。

 レンヌの病院のピエールジル・エダン(Pierre-Gilles Edan)神経科部長は15日、このうち3人に「不可逆的である恐れのある障害」が生じ、さらに1人に神経障害が生じたと述べていた。6人目の被験者には症状がないものの、観察下に置かれている。」


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2016-01-18 07:38 | 医療