弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

千葉県がんセンター,体内に医療用ガーゼを残すミス(報道)

西日本新聞「手術後患者の体内にガーゼ 千葉県がんセンター、非公表」(2016年4月6日)は2時00分 に
「千葉県がんセンター(千葉市)で昨年12月、腎がんの手術を受けた60代女性が、今年2月に再びセンターを訪れて腹痛や嘔吐などを訴え、体内に医療用ガーゼが残っていたため摘出手術を受けていたことが5日、関係者への取材で分かった。女性は腸閉塞になった可能性があるが、命に別条はないという。

 センターは既に、県に医療事故として報告しているが、摘出手術から約2カ月たっても公表されていない。県の担当者は共同通信の取材に「患者側と相談し、今後発表したい」と回答。センター側は「担当者が不在で分からない」としている」

と報じました.

NHK等も同日朝,同様のニュースを流しました.

同日,千葉県がんセンターは,謝罪会見を行いました.

日本テレビ「ガーゼ体内に…レントゲン検査で発見できず」(2016年4月6日)は,次のとおり報じました.
 
「去年12月、千葉県がんセンターで、患者に手術を行った際、体内にガーゼを残すミスがあったことがわかった。

 千葉県がんセンターによると、去年12月、60代の女性に腎臓がん摘出の腹腔鏡手術を行った際、体内に医療用ガーゼを残すミスがあったという。手術の翌日には、レントゲン検査を行ったが発見できなかったという。今年2月、女性が腸閉塞になり検査したところ体内でガーゼが見つかったということで、病院はガーゼの取り残しが腸閉塞の原因になった可能性があるとしている。ガーゼはすでに取り除かれ、女性は現在、回復傾向にあるという。

 千葉県がんセンターでは7年前にも同様のミスを起こしていたが、公表しておらず、さらに2014年までに腹腔鏡手術を受けた患者11人が手術後、短期間で死亡するなど問題が相次いで発覚している。

 千葉県がんセンター・永田松夫病院長「腹腔鏡下での死亡事故が相次いで起こった。現場の中で浸透した改革の意識なり、本当の意味の対策がまだまだだと反省している」

 千葉県がんセンターは、再発防止に取り組むとしている。」


TBS「体内からガーゼ取り忘れ、千葉県がんセンター謝罪」(2016年4月6日)は,次のとおり報じました.
   
「腎臓がんの手術を受けた女性の体内に医療用ガーゼを残す医療ミスが発覚した千葉県がんセンターが、6日に会見し、謝罪しました。

 「心よりおわび申し上げます」(千葉県がんセンター)

 千葉県がんセンターなどによりますと、去年12月、腎臓がんで腹腔鏡手術を受けた60代の女性が、今年2月に腹痛などの症状を訴えたため、検査したところ、体内に医療用ガーゼが残っていることがわかりました。女性は腸閉塞を起こしていて、摘出手術を受けたところ、体内から長さ15センチ、幅3センチのガーゼが取り出されました。命に別状はないということです。

 千葉県がんセンターは、腸閉塞とガーゼの因果関係はわからないとしていますが、体内に残ったガーゼで炎症反応が起きていたことがわかりました。ガーゼは腎臓の周りを見やすくするために入れたもので、担当医が1枚取り除くのを忘れたということです。

 千葉県がんセンターをめぐっては、腹腔鏡を使った手術を受けた患者が11人死亡したり、検査結果を取り間違えて、直ちに手術の必要がない乳がん患者の乳房を切除したりするなど、問題が相次いでいます。(06日16:28)」


腸閉塞とガーゼ残置との因果関係は不明としていますが,ガーゼ1枚でも腸閉塞になり得ます.
腸閉塞についての責任を認めるべきではないでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-06 21:52 | 医療事故・医療裁判

東京消防庁,「死者のプライバシー」理由に救急記録の交付拒否(報道)

毎日新聞「<東京消防庁>救急記録の交付拒否 不搬送で認知症遺族に」(2016年4月4日)は,次のとおり報じました.

「東京都中野区の路上で倒れているのが見つかりながら救護されず死亡した認知症の男性(当時83歳)の遺族が、男性を救急搬送しなかった東京消防庁に救急記録の写しの提供を求めたところ、「死者のプライバシー」を理由に拒否されていることが分かった。記録の閲覧については4月1日に始めた新制度に基づき認められる見通しだが、全国の20政令市のうち19市の消防部局は写しも提供しており、専門家は「遺族の権利を無視している」と、東京消防庁の対応を厳しく批判している。【銭場裕司】

 ◇「死者のプライバシー」理由に

 男性は2014年8月19日、横浜市のデイサービス施設から行方不明になり、同21日にJR中野駅近くの路上で倒れているのが見つかったものの、駆けつけた中野消防署の救急隊は搬送せず、同23日に近くの公園で死亡した。東京消防庁は「搬送の必要性はあったが本人が拒否した」として、本人署名の同意書を取り、搬送しなかったことが判明している。

 男性の遺族は救急記録の閲覧や写しの提供を求めたが、東京消防庁は「死者のプライバシーの保護」などを理由に拒否し、不搬送の根拠とした同意書すら見せなかった。

 このため男性の長女(52)は個人情報保護条例に基づき開示請求したが、同庁は「あなた(長女)を本人とする情報ではない」として15年7月に却下。却下取り消し請求も東京都が同10月に棄却した。

 一方、死者の個人情報の提供について議論していた都情報公開・個人情報保護審議会は14年10月、請求対象者を「配偶者、子、父母」などとし、情報提供の方法を「口頭による説明、閲覧または写しの交付」とするモデル要領をまとめた。この要領と男性の案件などを受け、東京消防庁は今年3月に「死者に関する個人情報の提供基準」を作成し、4月から運用を始めた。同基準はモデル要領と同様に配偶者と子、父母らを請求対象者としたが、「写しの交付」は認めなかった。

 毎日新聞が全国20政令市の消防部局に死者の救急記録の写しを遺族に提供できるかを尋ねたところ、相模原のみ「ほとんどできない」とし、他の19市は「できる」または「おおむねできる」と回答した。過去約3年の写しの提供は名古屋26件、京都17件などで、相模原と「未把握」の横浜を除く18市で実績があった。

 東京消防庁の担当者は「他の自治体がいかように扱おうとも死者のプライバシーは守るものだという認識がある。提供した紙が第三者に渡れば死者のプライバシーを傷つけることが想定される」と説明。男性の長女は「父が最後に書いた署名を見たかった。ようやく閲覧できるようにはなったが、なぜ写しを提供できないのか」と憤っている。

 ◇処置適否判断に写し提供不可欠

 救急記録の項目は多岐にわたる上、対象者の容体や処置内容を専門用語で書いたものもあり、遺族による閲覧だけでは処置の適否などを判断できない可能性もある。遺族への救急記録開示を巡り、2012年に都に改善を求めた医療問題弁護団副幹事長の五十嵐裕美弁護士は「遺族は身近な人の最期の状況を知る権利があり、医師のカルテは国の指針に基づき提供されている」と指摘。「他の自治体は対応しているのに、都が死者のプライバシーを理由に提供しないのはおかしい。閲覧だけでは書き写しても原本と同じものとは確認できず、裁判などにも使えない」と批判している。」


死者のプライバシーを盾に遺族の知る権利を侵害している東京消防庁の取り扱いについては,司法による是正を検討してもよいのではないでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-04 09:32

山梨県都留市の診療所、前立腺がん検査用の針を使い回し

朝日新聞「前立腺がん検査用の針、洗浄して使い回す 山梨の診療所」(2016年4月2日)は、次のとおり報じました.

「山梨県都留市の診療所「東桂(ひがしかつら)メディカルクリニック」(A院長)が、前立腺がんの検査で用いる使い捨ての生検針を、複数の患者に洗浄したのち使い回し、県の指導後も使い回しの事実を多くの患者に伝えていないことがわかった。生検針の使い回しには、ウイルスや細菌などの病原体が身体に入り引き起こされる、様々な感染症のリスクがある。県は再調査を検討している。

 生検針は先端が2重の筒状で、くぼみがある。肛門(こうもん)から挿入し前立腺の組織を切り取るため出血することもある。製品の説明書で「再使用不可」とされている単回使用器材で、使い回しは禁止されている。厚生労働省の通知でも不適切とされている。

 山梨県は2013年7月の立ち入り調査で生検針の使い回しの実態を把握。診療所に対して、再使用を行ったすべての患者や家族に説明と謝罪をし、血液検査するよう指導した。診療所は同年12月、指摘のすべてを実施したという内容の改善報告書を、県に提出。再使用は診療所を開設した04年から13年3月まで行われ、163人が対象とされている。

 だが、生検針による検査を受けた患者のうち、今年2月時点で朝日新聞が接触できた28人は、使い回しに関する説明や謝罪はこれまで一切受けていないと話している。県内在住の男性患者(64)は、「検査後も何度も院長の診察を受けているのに、一切そんな話は出ていない。裏切られた気持ちでいっぱいだ」と憤る。」


診療所にとっては使い回しをしたほうが利潤があがるのでしょうが、患者にとっては感染の危険があります.
院長は、東京の4つの一流病院に勤務した経歴があり、違法性の認識がなかったはずはありません
「当クリニックは、今回の件を肝に銘じ、今後、厚労省及び保健所等の指導に従い、なお一層安全に十分な注意を払って医療を続けて参ります。」とのことですが、このような医師には、業務停止の処分ができないものでしょうか.
院長はもちろん、診療所の看護師も、不適切な行為であることは認識していたのではないでしょうか.看護師が不適切な行為と知りながら院長の指示にしたがっていたとすれば、それも問題でしょう.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-04 00:40 | 医療事故・医療裁判

「札幌協和法律事務所 1986▶2016 30年のあゆみ」

「札幌協和法律事務所 1986▶2016 30年のあゆみ」を送っていただきました.

札幌協和法律事務所は,私の弁護修習先の事務所でした.
当時,札幌協和法律事務所の弁護士は,藤本明先生,馬場政道先生,伊藤誠一先生,相原わかば先生の4人で,私の指導担当は伊藤誠一先生でした.私は,じん肺被害者の聞き取り,合宿等にもついていき,貴重な経験をさせていただきました.また,他の3名の先生からもご指導を受けました.医療過誤の書面の起案は,藤本明先生からご指導を受けました
相原わかば先生は,現在,福岡の弁護士法人女性協同法律事務所に所属していて,上記冊子に寄稿しています.
ペットの医療過誤などを担当している佐藤光子先生(現在虎ノ門法律経済事務所所属)も寄稿しています.
このように札幌協和法律事務所で修習あるいは実務を通じて学んだ先生は多いと思います.

北海道石炭じん肺訴訟を遂行するために設立された札幌協和法律事務所は,現在,小野真清先生,成田悠葵先生をくわえ5人体制で,発展を遂げています.
離合集散が激しい法律事務所のなかで,創設当時の藤本明先生,馬場政道先生,伊藤誠一先生が変わらず,30年続けてきたことは大変すばらしいことです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-03 17:39 | 事務所

4月1日の裁判官人事

昨日,東京地裁高裁から弁護士会への道を歩いていると,偶然,同期の判事に出会いました、一瞬迷いましたが,転任を明るい表情で言っていましたので,栄転なのでしょう、
ウエストロー・ジャパンに法曹界人事が掲載されています、
判事は,おおよそ3年程度で異動となります.医療事件の審理期間は平均22.6月(平成26年)で,一般の民事事件より長くかかります.そうすると,審理途中で担当裁判官が交替することもおき,転任してきた裁判官は長大な記録を読みかえすことになります.
東京地裁医療集中部(14部,30部,34部,35部)の裁判長には,今回,異動はありません.
千葉地裁医療集中部の裁判長は,東京地裁に異動になりました、後任には東京高裁から43期の判事が赴任します.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-02 09:00 | 司法