弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2016年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

久留米大学病院、冷凍庫の故障により幹細胞が解凍してしまい生着しなかった件で提訴される(報道)

RKB「“4歳児死亡は医療ミス”両親病院提訴」(2016年6月17日) は、次のとおり報じました.

「小児がんの治療中だった4歳の男の子が死亡したのは、病院側の医療ミスが原因だとして、両親が病院側に5600万円あまりの損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴えを起こしたのは、福岡県久留米市に住む40代の夫婦です。

弁護団によりますと、4歳で死亡したこの夫婦の長男は9年前、小児がんと診断され、久留米大学病院に入院しました。

抗がん剤による治療の中で、病院側は男の子の体内から血液をつくる細胞を取り出して冷凍保存し、その後移植しましたが定着せず、男の子は肺炎による多臓器不全で死亡しました。

男の子の両親は、「冷凍庫が故障したため、細胞が一度解凍されてしまった。定着しなかったのは病院の管理ミス」だとしてあわせて5600万円あまりの損害賠償を求めています。

訴えについて久留米大学病院は、「事実関係を確認中」としています。」


これは私が担当したものではありません.

自己末梢血幹細胞採取し冷凍保存→抗がん剤大量投与→自己末梢血幹細胞を解凍し点滴投与,という順で小児がんの自己末梢血幹細胞移植治療が行われますが,この過程で冷凍庫の故障がおきたようです.
冷凍庫の故障が病院の管理ミスにつながる理由については上記報道からはわかりません.
冷凍庫が故障したのは定期的な点検を実していれば病院の責任ではありませんので、故障後の病院の対応に問題があるケースなのでしょう.
なお,日本輸血・細胞治療学会と日本造血細胞移植学会が策定した「院内における血液細胞処理のための指針」は,保存庫には継続的な警報システムが設置されていることが望ましい,警報システムは警告音または効果的な連絡方法を備えていること,現場周囲に作業員がいなくても 24時間体制で代行者が対応できる体制であること,警報の設定は十分な安全域をもって設定すること,万一保管容器が故障した場合に、血液細胞製剤が安全な温度に保てるような方法を講ずること等厳重な保管体制を求めています.


谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-18 01:21 | 医療事故・医療裁判

東京地判平成28年6月16日,獣医の過失とウサギの死亡との因果関係を否定し慰謝料等43万円賠償命じる

毎日新聞「ウサギ賠償訴訟 動物病院に43万円支払い命令 東京地裁」(2016年6月16日)は,次のとおり報じました.

 
「飼っていたウサギが死んだのは動物病院が処置を誤り骨折させたのが原因だとして、飼い主の女性が東京都内の病院運営会社に134万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、慰謝料と治療費など計43万円の支払いを命じた。手嶋あさみ裁判長は「ウサギの骨は軽くて折れやすいのに、獣医師は十分な注意を尽くさなかった」と注意義務違反を認定する一方、主な死因は持病だとして、処置と死の因果関係は認めなかった。

 判決によると、死んだのはネザーランドドワーフ種のオス。女性は5歳だった2011年12月、病院に長くなりすぎた歯の切断を依頼。獣医師がウサギの口を開ける器具を使用した後、下あごの骨が折れた。ウサギは3カ月後に死んだ。

 原告の女性は「ウサギは家族同然だった。事故が二度と起こらないようにしてほしい」とコメントした。【伊藤直孝】」


朝日新聞「ウサギ治療ミスで骨折、動物病院に支払い命令 東京地裁」(2016年6月16日)は,次のとおり報じました.

  
「飼っていたウサギが骨折し、死んだのは動物病院の不適切な処置が原因だとして、東京都内の女性が、品川区の動物病院の運営会社に約135万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、東京地裁であった。手嶋あさみ裁判長は、死亡との因果関係は認めなかったが、病院の処置でウサギが骨折したと認め、約43万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性は2011年12月、この病院で当時5歳のオスのウサギの歯の切断を依頼。院長が口を開く器具を使い、歯を切断した後、別の病院でアゴの骨が折れていたことが発覚。ウサギは食欲不振が続き、12年3月に死んだ。

 判決は、器具で口を開いた際にウサギが骨折したと認定。「麻酔下で処置するのが一般的で、無麻酔で行うなら特に慎重にする必要があったのにその義務を果たさなかった」として、慰謝料8万円や別の病院での治療費などの支払いを命じた。一方、死亡は腎不全が原因だとして、骨折との因果関係は否定した。

 女性の代理人弁護士は「ウサギの治療をめぐる裁判は珍しい。死亡ではなく骨折だけで一定の慰謝料を認めた意義のある判決だ」と話した。女性は代理人を通じ「家族同然だったウサギのために裁判で2年以上闘ってきました。痛ましい事故が二度と起こらないよう、獣医療の質の向上を願います。今でも可愛いウサギの姿は忘れられません」とコメントした。(千葉雄高)」



これは私が担当したものではありません.
動物医療過誤は,以前担当したこともありますが,今は受任していません.

この件は,死亡との因果関係を否定して,傷害の限度で慰謝料8万円と治療費を損害として認めるという判断になったのでしょう.
適切な判決と思います.

谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-16 22:36 | 医療事故・医療裁判

青森市民病院の医師が診療画像をユーチューブに投稿し訓告処分

読売新聞「青森市民病院の医師が診療画像 無断投稿」(2016年6月15日)は,次のとおり報じました.

「青森市勝田の青森市民病院で、医師が患者に無断で患者の診療画像などを動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿し、昨年5月に市から訓告の処分を受けていたことがわかった。14日の市議会一般質問で、市議の質問に答える形で市側が認めた。

 質問した共産党の村川みどり市議や市民病院などによると、昨年1月、動画サイトを見た患者の家族から「うちの家族の患部の画像ではないか」などと病院に問い合わせがあり、事実確認をした結果、同病院の医師による投稿だと発覚した。医師は投稿を認め、「学術的な研究のため、より見やすい環境にしたかった」などと話したという。

 画像は、患者個人が特定できるものではないが、患者の了承を取っておらず、すでに医師が患者に謝罪したという。同病院の安保明彦事務局長は「再発防止に努めたい」と話した。」


報道の件は,医師による投稿であって,病院としての利用ではありません.
また,投稿した医師は,病院に投稿についての許可を得ていないものと思われます.
病院が許可した投稿であれば,医師が訓告処分になることはないはずです.

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,その他の記述等により特定の個人を識別することができるものとされています.他の情報と容易に照合することができ,それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます.
病院としての利用であった場合でも,病院は,「個人を識別あるいは特定できない状態で利用する場合」等を除き利用目的の範囲を超えて利用することはできず,報道の件は,家族が動画を見て特定できたことから,個人を識別あるいは特定できない状態と言い切れる状態だったか,疑問があります.
また,論文に引用する場合とユーチューブに投稿する場合とでは利用の形態が異なり,それは違法性の判断に影響すると思います.


谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-16 09:23 | 医療

千葉県がんセンター,診療報酬の不正請求で19億円返還

NHK「千葉県がんセンター 診療報酬19億円返還へ」(2016年6月14日)は,次のとおり報じました.

千葉県がんセンターで、腹くう鏡を使った手術での診療報酬の不正請求が発覚したことを受けて調査を行ったところ、おととしまでの5年間に、診療報酬の不正請求がおよそ1億8000万円、書類の不備などによる不適切な請求が17億円余り明らかになり、全額を返還することになりました。

千葉県がんセンターでは、腹くう鏡を使った手術を受けた患者が相次いで死亡したことをきっかけに、本来は健康保険が適用されない腹くう鏡の手術を、保険が適用されるものとして、診療報酬を不正に請求していたことが、去年、国の監査で明らかになりました。
これを受けて千葉県がんセンターが、おととしまでの5年間を対象に病院全体で調査を進めた結果、腹くう鏡の手術や手術時の麻酔などに関する診療報酬の不正請求が、合わせておよそ3万7000件1億8000万円、書類の不備などによる不適切な請求が、合わせておよそ18万8000件17億2000万円で明らかになったとしています。
このうち不正請求については、医師や職員の確認不足が主な原因で、水増し請求の意図はなかったとしています。
センターは、健康保険組合などに対し全額を自主的に返還することにしていて、病院の経営への影響はないとしています。
千葉県がんセンターの永田松夫病院長は記者会見で、「批判を真摯(しんし)に受け止めたい。改善を進め、信頼回復に努めたい」と述べました。


医科不正分が約1億8千万円(約3万7千件),医科不当分が約17億1千万円(約18万3千件),
歯科不当分が約1千万円(約5千件)とのことです.

医師をはじめ職員の診療報酬請求に関する知識及び意識が不十分であったこと,診療報酬請求業務の委託事業者に対し、診療録や必要書類の確認等、業務範囲を明確に示していなかったなど、各部門の役割認識が明確でなかったこと, 院内における診療報酬請求の点検の仕組みが十分機能していなかったことが原因だそうです.

一事が万事と思われますので,医療行為の内容・質についても不安を感じます.
お金のことがきちんとしていない人は信用できません,


谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-14 22:29 | 医療

伊勢の神宮の式年遷宮

伊勢の神宮は、式年遷宮が有名です.
3年前の式年遷宮には550億円の費用がかかっています.式年遷宮は壮大な事業です.

「ブラタモリ」で2回にわたって伊勢が取り上げられました.
番組では、建築様式との関係で約20年ごとに建て替える必要があることが語られていました.
もっとも、建物の問題だけなら、建築様式を変えれば定期的に建て替える必要はないわけで、式年遷宮の真の理由はやはり謎です.

神宮は、式年遷宮で注目され、また式年遷宮のために集金システムを作ってきました.
式年遷宮によって、神宮は、建物も人も組織も常に新しい状態を保つことができます.

神宮のサイトによると、オバマ大統領は、次のとおり記帳したそうです.
It is a great honor to visit this sacred place, which has brought comfort and peace to generations.
May the people of the world be inspired to live together in harmony and understanding.

ところで、法律事務所の開設、移転、集散は頻繁に行われます.
これも、常に新しい状態を保つために必要なことかもしれません.


谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-13 02:06 | 日常

順天堂大学付属順天堂医院,強心剤約40分中断し患者が低血圧によるショックで寝たきりに(報道)

「朝日新聞「点滴の電源切られ強心剤中断」寝たきりに 家族が会見」(2016年6月9日)は,次のとおり報じました.

 順天堂大学付属順天堂医院(東京都文京区)で昨年6月、心不全で入院中の岩手県の女性(74)に点滴されていた強心剤が数十分にわたって中断し、低血圧によるショックを起こして寝たきりになったと、女性の家族らが9日、都内で記者会見して明らかにした。家族らによると、看護師が点滴装置の電源を切ったままにしていたと、病院側から説明されたという。

 女性の長女と弁護士によると、女性は手術を受けるために心臓血管外科に入院。強心剤によって血圧が保たれていて、容体が急変したため、点滴装置の電源が切れていることがわかった。強心剤の残量が少なくなり、新しいものを準備中にアラームが鳴るとうるさいので切った、と病院側は話しているという。

 長女らは病院側に損害賠償を求めて提訴する方針。長女は会見で「病院は医療ミスを認めて、正式に謝罪してほしい」と語った。

 病院側は9日、朝日新聞の取材申し込みに対し、「対応できない」としている。


この事件の患者側の代理人弁護士は,オアシス法律事務所中川素充(もとみつ)先生です.
シリンジポンプは並列交換ではなかったようですが,数十分にわたってシリンジポンプの電源を切ったのはどうしてなのか,報道では状況がよくわかりません.
ドブポンシリンジで長時間中断するはずはないので.電源を切ったままにするなどあり得ないことです.単純に,電源をオンにするのを忘れたということなのでしょうか.

【追記】

FNN「順天堂医院に立ち入り検査 点滴中断後「容体悪化」 医療ミスか」(6/10日)は,次のとおり報じました.

「天皇陛下の執刀医が院長を務める病院に、東京都の立ち入り検査が入った。
ベッドで横になり、娘の呼びかけにうなずく、74歳の女性。
順天堂医院の心臓血管外科で治療を受け、現在は、寝たきりの状態だという。
2015年4月、心筋症による心機能の低下と、血液が逆流する弁膜症と診断され、順天堂医院に入院した。
ところが、手術に向けて体調を整えていた、2015年6月17日、突然、容体が悪化。
女性の家族は、「心臓が悪化して、もう本当に、顔をゆがめて苦しそうにしていて、救命をなんとかしようとしているところに、わたしが見に到着して」と話した。
女性の家族は、1週間後に主治医と交わしたやり取りを録音していた。

親族「医療ミスがあったということですね?」
主治医「医療ミスって...、まあ、そうですね」

医療ミスがあったと話す主治医。
どんなミスだったのか。
主治医は、「ドブタミンに行けなかった時間帯があるということは、事実として出てくる」と話していた。
ドブタミンとは、強心剤の一種。
一定期間、絶え間なく点滴で投与する必要があるが、家族によると、容体急変の際、ドブタミンはなくなり、点滴をする機械の電源も切れていたという。
なぜ、投与は止まったのか。
主治医は、「彼女(看護師)は、もう(薬剤を)作成しなければいけないこともわかっていました。でも、自分が(薬剤を)作って戻ってくるまでの間に、(点滴の機械の)アラームがまた鳴ってしまうということを考えて、アラームを消したと」と語った。
家族によると、看護師が、薬剤作りを優先して、点滴の機械の電源をオフに。
そのため、40分前後、投与が止まったという。
4カ月後、順天堂医院は、「入院中に点滴が一時中断していたことから、患者様ご自身へのご負担、ならびにご家族にご心労をおかけしたことについては、誠に申し訳ございませんでした。心臓血管外科 科長 天野 篤」と、女性に文書でおわびした。
女性が寝たきりとなったのは、点滴の中断と関係があるのか。
家族によると、主治医は、女性の心臓がもともと弱かったことを理由に、点滴中断と、病状悪化の因果関係を否定するような説明をしていた。
主治医は、「もうやっぱり、心臓が、心臓自体が、ちょっとずつ、ちょっとずつ弱まっていくと。もともと、そういう病気なのでね」と話していた。
9日、会見に臨んだ家族は、順天堂医院を相手取った訴訟も検討しているという。
女性の家族は、「医療ミスを認めて、天野先生とか、担当の看護師さんに謝罪していただきたいって思います。本当に、母の心臓を返してほしい」と語った。
治療行為に、問題はなかったのか。
順天堂医院は、「現段階としては、患者さまの個人情報もあるので、お答えすることはありません」とコメントしている。
東京都は9日、順天堂医院への立ち入り検査を実施。
今回の医療行為について、くわしく調べる方針。

このニュースに関しては、事実や因果関係について、まだまだ、わからない点がある。
東京都の立ち入り検査、そして、家族が検討しているという裁判の場で、そういったことが明らかになるのか、注目される。」


電源をオンにするのを忘れたわけではないようです.
ますます謎です.
看護師の行動が不可解です.
順天堂医院からの説明を期待します.



谷直樹



ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-10 00:00 | 医療事故・医療裁判

伊勢崎市民病院,内視鏡手術のミスいよる斜視の後遺障害約358万円支払いへ(報道)

上毛新聞「手術ミスで斜視 男性に358万円賠償 伊勢崎市が議案」(2016年6月4日) は,次のとおり報じました.

「群馬県の伊勢崎市民病院で内視鏡手術を受けた、埼玉県本庄市の60代男性に後遺障害が生じたとして、伊勢崎市は3日、男性に損害賠償金約358万円を支払う方針を市議会議会運営委員会に示した。

 10日開会の6月定例会に関連議案を提案する。」


これは私が担当した事件ではありません.
「1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害」を残すもの」は,12級1号の後遺障害にあたります.労働能力喪失率は14%です.後遺症慰謝料は,青本(日弁連交通事故相談センター)の基準で250~300万円,赤本(日弁連高越事故相談センター東京支部)の基準で290万円です.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-07 22:27 | 医療事故・医療裁判

奥州市総合水沢病院、整形外科の手術ミスで約2050万円賠償(報道)

河北新報「手術ミスで奥州市賠償へ」(2016年6月4日)は次のとおりj報じました.

「奥州市は3日、市総合水沢病院で2014年11月にあった手術ミスを巡り、市内の50代男性に2052万8000円の賠償金を支払う方針を明らかにした。
 市によると、整形外科の医師が、しびれや痛みを伴って歩行障害を起こす腰の病気の手術で、誤って腰の神経を傷つけた。男性は歩けるようになったが、排尿機能に障害が生じた。病院はミスを認め、男性と協議してきた。
 市は同日開会の市議会6月定例会に、賠償金を盛り込んだ16年度市病院事業会計補正予算案を提出。小沢昌記市長は本会議で「本人、家族に心から深くおわびする。信頼を損なわぬよう対策を徹底する」と陳謝した。」


これは、私が担当した事件ではありませんので、詳細はわかりませんが、馬尾神経障害ではないでしょうか.
腰の手術で馬尾神経を傷害した場合、責任が認められることが多いと思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-07 00:55 | 医療事故・医療裁判

Mademoiselle Hortensia

関東甲信越は6月5日に梅雨入りしました.

Yvette Giraudさんは、97歳で亡くなりましたが。今年が生誕100年です.
Mademoiselle Hortensia(あじさい娘)は、70年前のシャンソンですが、紫陽花が綺麗なこの季節に聞きたい曲です.仏蘭西語の響きが美しく心地よいです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-06 01:07 | 日常

北九州市立医療センター,電気メスの止血の繰り返しによる脊髄損傷で左半身麻痺の事案で賠償

椎間板ヘルニアの手術で電気メスによる止血で脊髄が加熱で損傷した事故で約3400万円賠償

産経新聞「40代男性の医療事故に3400万円 北九州市が支払いへ」(2016年6月3日)は,次のとおり報じました.
 
「北九州市は3日、市立医療センター(小倉北区)で頸椎の椎間板ヘルニアの内視鏡手術を受け、後遺症が出た小倉北区の40代男性に損害賠償として約3400万円を支払うと発表した。6月議会に関連議案を提出する。

 市によると、男性は平成26年3月に手術を受けた後、左手足がまひした。追加手術を受けたが、症状は改善せず、男性は感覚障害などが続いている。

 市は昨年、電気メスによる止血を繰り返したため「脊髄が加熱で損傷した」と手術中の過失を認め、男性に謝罪していた。」



これは,事故調査委員会が設置された事案で,調査の結果は,平成27年 4月24日に公表されています
過失について ,「主治医が手術ビデオを再度詳細に確認した結果、手術中に硬膜の静脈を止血する際、電気メスを使用して熱凝固を繰り返して止血し、その時間が長くかかったため、硬膜で包まれた脊髄を損傷したという結論に至った。」とのことです.

公表された再発防止策は次のとおりです.
「・ 電気メスによる止血時間を短縮し、神経のダメージを防ぐため、電気メスだけでなく、必要に応じて止血シートを使用し、熱による損傷を防止する。
・ 同様の手術は、事故後に導入したモニタリングシステムの監視下に行う。
・ 院内の全ての医師、看護師等に対し、院長による注意喚起を行う。」


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-06-04 04:58 | 医療事故・医療裁判