弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2017年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧

診療記録をめぐる3つの課題

医療訴訟では,主に診療記録から事実が認定されます.
かつては,医療事件は,証拠保全によって診療記録を入手することから始まりました
今は,相談者が,カルテ開示の方法で入手した診療記録を持参されますので,相談の段階で,或る程度経過と状況が分かり,方向性を示すことができるようになりました.
しかし,その診療記録については,まだ多くの問題が残されています.

原昌平読売新聞大阪本社編集委員が,「診療記録をめぐる課題」で,カルテの保存義務期間と改ざんの問題を指摘しています

1 保存義務期間
「診療記録に関する法制度には不備が多いのです。法律によって保存義務期間がまちまちなうえ、その期間が短すぎます。早急に法律を見直す必要があると思います。すべての診療記録の法律上の保存義務を、改正民法の内容を踏まえて、少なくとも20年間にできないでしょうか。」と述べています

2 診療記録改ざん
「事実をゆがめる行為がまかり通っていたら、被害者は救われず、社会正義は実現しません。改ざん・隠蔽をなくすには、刑事処罰の明確化に加え、やった側が民事訴訟で不利になる運用を強めること、かかわった医療従事者への行政処分をきっちり行うことが重要です。」
「裁判所の自由裁量にゆだねるのではなく、記録に改ざん・隠蔽の疑いがあれば、それだけで医療側に義務違反や過失があったと推定する(反証がなければ認定する)ルールを導入するべきでしょう。」
文書偽造の罪,電磁的記録不正作出罪では,改ざんの一部しか処罰されません.
「法律を改正するか新法をつくり、改ざんに対する罰則を明文で設けるのがスッキリした解決策です。」
なお,改ざんが認定された判例を紹介していますが,そのなかには私が担当した事件もあります.
私が現在担当している事件には,検査記録が事故直後に破棄された事案もあります.このような改ざん,破棄のために患者側が立証できず敗訴することは本来あってはならないことと思います.

3 診療記録の不記載
原昌平さんの上記2点の問題の指摘と提案は,そのとおりだと思います
さらに,診療記録の問題をもう一点あげるなら,通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていないことがまかりとっていることでしょう.診療に集中するあまり記録を書く時間がない,というより,診療していないので書いていない,ということのほうが多いように思います.診療記録に最低限記載すべき事項ことを医師会が示すことが必要なのではないでしょうか.

医療事故が問題になっている事案なのに,診療記録にほとんど何も記載されていないために,診療記録からは診療経過が分からないこともあります.
観察が行われていないために診療記録に記載がないのに,医療裁判では,異常がなかったから記載しなかった,という弁明が行われることもあります.

通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていない場合は,観察が行われていないと推定すべきと思います.また,通常の医師であれば診療記録に記載する事項が診療記録に記載されていないために病態が不明で,そのため因果関係立証に困難をきたす例もあります.これはいかにも不合理なパラドックスです.立証責任の転換を考えるべきと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-31 12:19 | 医療事故・医療裁判

ロイター,加熱式たばこiQOSの臨床試験にいくつかの不備があったこと

フィリップモリスインターナショナル(PMI)が米食品医薬品局(FDA)に提出した8件の臨床試験中4件は日本で行われました.

iQOSの臨床試験の治験責任医師の1人、杉本雅幸医師は、ロイターの取材に,非喫煙者は治験に参加できないとしながらも「(尿検査の有無に関し)そこまで厳密にやったかどうか」と述べ、「正確な記憶がない」と述べたそうです.

試験を行った別の日本の医療機関では、被験者がインフォームドコンセントにサインする手順が終わる前にサンプル採取を始めたため、被験者56人のデータが廃棄された,とのことです.試験の責任医師だった沖守氏は、この件に関し電話での取材の依頼に「私の専門は泌尿器科で、タバコの方は知識もないし、お話できない」と答えた,とのことです.

責任医師だった東京ハートセンターの遠藤真弘氏はロイターのインタビューで、臨床試験の結果については知らされていないと繰り返し述べ,その翌日、遠藤氏はメールで、事実関係を確認したところ「試験の結果は、総括報告書を受領し、説明も受け、受領書にサインした」と訂正したとのことです.
元FDA長官のケスラー氏は、試験の結果に精通していない責任医師らが署名をしていることは理解し難い、と話したそうです.

元FDA長官デビッド・ケスラー氏は「全体として、彼らには、適切でうまくコントロールされた治験を行うための高度な知識がないことが明らかだ」,「悪意があったと言うつもりはないが、単に高度な知識の欠如がみられる。これは(治験が)PMIの専門とするところではないからだろう」,「丁寧に結果を精査し、査察の対象を拡大する必要があるかもしれない」と述べたとのことです.




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-31 01:31 | タバコ

2015年10月~2017年11月の医療事故報告は東北6県でわずか48件

河北新報「医療事故調査制度 活用進まず 報告48件、東北低調」(2017年12月30日)は,次のとおり報じました.

 医療法に基づく医療事故調査制度の活用が進んでいない。制度が義務付けている「患者の予期せぬ死亡や死産」が起きた際の第三者機関への報告件数が、当初想定の半数以下にとどまり低調だ。制度の未活用は遺族から真相究明の機会を奪いかねず、医療機関の姿勢と患者側への周知が大きな課題となっている。(報道部・横山勲)

 国指定の第三者機関である日本医療安全調査機構(東京)によると、制度が始まった2015年10月~今年11月末の事故報告は全国で計824件で、当初想定の年間1300~2000件を大きく下回る。東北6県では計48件にとどまる。」

「十河弘弁護士(仙台弁護士会)は「制度の本来の目的は予期しない死亡事故の再発防止だ。法的責任が問われる事態になっても医療機関側の真相究明への覚悟や姿勢を示すことで、遺族や他の患者からの信頼獲得につながるはずだ」と指摘する。」


2年余で,東北6件の医療事故計が48件ということはないはずです.
報告されていない医療事故が相当数あるものと考えます.

谷直樹
ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-30 11:16 | 医療事故・医療裁判

吹田徳洲会病院 輸血ミス10月以降2件,マニュアル改める

毎日新聞「吹田徳洲会病院 輸血ミス2件、10月から相次ぐ」(2017年12月30日)は,つぎのとおり報じました

吹田徳洲会病院(大阪府吹田市)は29日、誤った血液型で輸血するミスが10月以降、2件発生していたと明らかにした。うち1件で患者は3日後に死亡。同病院は「輸血ミスと死亡の因果関係はない」としている。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-30 11:00 | 医療事故・医療裁判

富山地裁平成29年12月27日判決,投薬変更を説明しなかった国立病院機構富山病院に330万円賠償命令

朝日新聞「投薬めぐり富山病院に330万円支払い命じる」(2017年12月29日)は,次のとおり報じました.

「国立病院機構富山病院(富山市婦中町新町)に入院していた女児(当時4)が急性腎不全で死亡したのは、医師が誤った判断をしたためだとして、滋賀県守山市の両親が医師らに3240万円の損害賠償の支払いを求めた訴訟の判決が富山地裁で27日に言い渡された。広田泰士裁判長は医師らの責任の一部を認め、医師らに330万円の支払いを命じた。

 判決によると、2009年、医師が入院中の女児に肺炎治療のために投与していた薬を変更。しかし両親には変更を説明していなかった。女児はその後急性腎不全で死亡した。

 判決は変更した薬の投与はマニュアル通りで、原告が不法行為と指摘した他の薬との併用も「医療水準に従ったもの」と判断。ただ、変更した薬には副作用で腎不全を引き起こす可能性があることを両親に説明すべきだったとして、330万円の支払いを命じた。

 両親の代理人弁護士は「判決文を見て控訴するかどうかを検討する」。同病院側は「代理人弁護士と相談していないので現時点でコメントは控える」としている。」


報道の件は,私が担当したものではありません.
300万の慰謝料と弁護士費用30万円の支払いを命じるのは,説明義務違反としては高額なほうです.
投薬により腎不全を引き起こすことがあり得ることは予見できたのですから,併用薬との関係で個別事情を考慮し投薬量をマニュアル通りではなく減量する注意義務があったのではないか,検討の余地があると思います.
ちなみに,最判平成21・3・27 集民230号285頁は,「C医師には,Aの死亡という結果を避けるためにプロポフォールと塩酸メピバカインの投与量を調整すべきであったのにこれを怠った過失があり,この過失とAの死亡との間には相当因果関係があるというべきである。本件において,C医師がプロポフォールと塩酸メピバカインの投与量を適切に調整したとしてもAの死亡という結果を避けられなかったというような事情はうかがわれないのであるから,プロポフォールと塩酸メピバカインの投与量をどの程度減らすかについてC医師の裁量にゆだねられる部分があったとしても,そのことが上記結論を左右するものではない。」「本件の個別事情に即した薬量の配慮をせずに高度の麻酔効果を発生させ,これにより心停止が生じ,死亡の原因となったことが確定できる以上,これをもって,死亡の原因となった過失であるとするに不足はない。」と判示しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-30 10:45

冬来たりなば春遠からじ

西高東低の気圧配置で冷たい西風が吹く寒い日が続いています.

「冬来たりなば春遠からじ」は,英国の詩人Percy Bysshe ShelleyのODE TO THE WEST WIND(西風によせて)の最後の一節を訳したものです.

Make me thy lyre even as the forest is :
What if my leaves are falling like its own !
The tumult of thy mighty harmonies

Will take from both a deep, autumnal tone,
Sweet though in sadness. Be thou, Spirit fierce,
My spirit ! Be thou me, impetuous one !

Drive my dead thoughts over the universe
Like withered leaves to quicken a new birth !
And, by the incantation of this verse,

Scatter, as from an unextinguished hearth
Ashes and sparks, my words among mankind !
Be through my lips to unawakened earth

The trumpet of a prophecy ! O, Wind,
If Winter comes, can Spring be far behind ?



落葉を謳っていることから,季節は秋です.
西風は破壊と創造をもたらす強大な力として描写されています.
The trumpet of a prophecy (預言のラッパ)は,厄災の始まりを告げる7天使のラッパ(ヨハネ黙示録)を想起させます.その次の行で,冬が来たら,春は遠いということがあるだろうか?,と結んでいます.

冬は圧政を,春は民主政を意味するという解釈もあります.
西は太陽が沈む方角ですので死を象徴し,冬はShelleyの相次ぐ子の死亡を意味するという解釈もあります.

疑問符で終わっている原詩を,「春遠からじ」と訳したからこそ,この言葉が原詩を離れて有名になったのでしょう.ただ,原詩は,「春遠からじ」という自若泰然としたものではなく,むしろ荒々しい西風に恐れおののくものです.

季節の春は天体(地球)の動きにより到来しますが,人生の春は人の行動により到来します.
そして,つらいことがあった人に春が来るように,西風に立ち向かうため最大限の手助けをするのが患者側弁護士の仕事です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-29 03:00

岡山県医療労働組合連合会調査,この3年間にミス・ニアミスをしたことがある看護職82・0%

岡山県医療労働組合連合会が5月に行った調査(回答762人)によれば,「この3年間にミス・ニアミスをしたことがある」82・0%,「患者への十分な看護の提供ができていない」50・7%と答えたとのことです.ミス・ニアミスをした理由として79・3%が「慢性的な人手不足による医療現場の忙しさ」を挙げたとのことです.悪い結果が発生する前に回避できたのがニアミス,悪い結果が発生したのがミスです.

「看護職8割がミス・ニアミス経験 県医労連調査、慢性的な人手不足」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-28 09:51 | 医療事故・医療裁判

週刊現代,千葉の有力病院で、院長の手術後に「患者が連続死」の怪

日本の医療過誤の件数は把握されていませんが,医療過誤に基づく損害賠償が行われるのは,その中のごく一部だけ(氷山の一角)と考えられています.多くは,患者或いは遺族が,そもそも医療過誤の疑いをもつことなく,したがって医療専門の弁護士に相談することなく埋もれたまま終わっているからです.

週刊現代は,匿名の茶封筒が本年9月に届いたことから,取材を行い,成田富里徳洲会病院の院長(取材当時)の手術について報じました.

週刊現代「千葉の有力病院で、院長の手術後に「患者が連続死」の怪」2017年12月23日号は,「このケースが恐ろしいのは、遺族は術前の見立ての甘さや手術が原因で患者の死期が早められたことをいまに至るまで知らない点だ。心ある医師が病院に無断でカルテをコピーし、本誌に送りつけなかったら、表沙汰にならなかった話である。そしておそらく、日本各地の病院で、手術の失敗、拙さが原因で亡くなっている患者は無数にいる。」と伝えています.

院長(取材当時)は,「Xさんの件では、術前診断の誤りによって手術が失敗した、死期が早まったという事実はないと考えています」と述べています.
今の段階で医療過誤と決め付けるのは早計でしょう.
結果として手術しなければ良かった,医師の技術が下手だった,というだけでは法的な「過失」があることにはなりませんし,過失と因果関係を証拠で立証しなければ医療過誤裁判は勝訴できませんが,辞めた医師の発言等に鑑みると,この件は手術の適応,適否について,第三者委員を含む事故調査委員会を設け,調査したほうが良いのではないでしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-27 08:44 | 医療事故・医療裁判

福岡高検が検察庁初の事業所内保育所設置へ

福岡高検が,2019年夏以降に移転する「福岡第2法務総合庁舎」に,事業所内保育所を設置する計画を進めているとのことです.周辺住民も利用できるとのことです
ちなみに,厚生労働省5号館保育室(事業所内保育所)にも,19名のうち千代田区民地域枠が5名あります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-12-27 04:07

TIME誌のThe Silence Breakersに腕だけ写っている人

TIME誌は,「ことしの人」にThe Silence Breakers (沈黙を破った人たち)を選びました。
①ハリウッドの大物プロデューサーハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ疑惑を最初に公表した女優アシュリー・ジャドさん,
②スカートの中に手を入れて臀部をつかんだラジオ局勤務のDJデビッド・ミュラー氏からの訴訟に勝った歌手テイラー・スウィフトさん,
③ウーバーUberの最高経営責任者を退任させたエンジニアのスーザン・ファウラーさん,
④カ女性147人の署名を集め、カリフォリニア州政界でのハラスメントの実態を明らかにしたロビイスト,アダマ・イウさん、
⑤上司によるセクハラとストーカー行為を明らかにしたメキシコ出身の果樹園労働者イサベル・パスカルさん(仮名),
そして女性の腕が,TIME誌の表紙を飾りました.

この腕だけ写っている女性は,病院勤務で,実名で訴えることによる影響を恐れて未だ告発できていないセクハラ被害者だそうです.多くの被害者がこれから沈黙を破ろうとしているのでしょう.

Meaning behind anonymous elbow on TIME ‘Person of the Year’ cover explained 


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-12-26 10:01 | 人権