弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2017年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

生存可能性を質問する鑑定事項についての考察

医療過誤に基づく損害賠償訴訟では,注意義務違反(過失),因果関係,損害の3要件を原告(患者側)が主張立証することが必要です.
因果関係とは,「あれなければこれなし」の関係です つまり,医事裁判では,過失がなければ損害が発生しなかったという関係です.死亡事案では,過失がなければ,本件患者の○年○月○日の死亡が発生しなかったという関係です.そして,因果関係があるか否かは,最終的に法的判断として裁判官が判断することになります.

法的には因果関係が認められてしかるべき事案で,裁判所が因果関係を否定する,あるいは相当程度しかない,という判決を下すことも少なくないように思います. 
それは,鑑定事項の設定も一つの原因として影響しているように思います.
「適切な医療行為が行われていた場合,本件患者の予後が(有意に)変わったか」という鑑定事項が設けられることが多いのですが,その質問に,鑑定人が「予後は変わらない」という回答を行うことが多いため,裁判所が因果関係を否定する,あるいは相当程度しかない,という判決を下すことになっているのだと思います.

そして,裁判所が「(有意に)予後が変わったか」という鑑定事項を設定し続けてきたのは,中本論文が影響している,と思います.

中本敏嗣ら「医事事件における鑑定事項を巡る諸問題-よりよい鑑定事項を目指して-」(判タ1227)は,古いですが,裁判官が参考にしている論稿です.

それには,
「判例(最高裁平成11年2月25日判決・民集53巻2号235頁,判タ997号159頁))により示された不作為の因果関係についての判断枠組みからすれば,『適切な診療行為を行っておれば,本件患者が死亡の時点においてなお生存していたであろうといえますか。また,生存していたであろうといえる場合,どれほどの期間生存し得たといえますか。』などという鑑定事項が考えられる。
しかし実務上,上記のような鑑定事項は余りみかけない。思うに,人間がどの時点で死亡するかを厳密に推定することは不可能であり,『死亡の時点において生存していたかどうか』という質問は,鑑定人にとっては違和感を覚えるものでないかと推測される。
鑑定人に対しては,当該死亡日に生きていたと考えられるかどうかというピンポイントな鑑定事項ではなく,必要な治療がなされていれば,有意に予後が変化したか,(患者が死亡した事例では,延命ないし救命が可能であったかどうか)という点と,仮に予後が変化した(延命ないし救命が可能であった)と判断される場合に,どの程度予後が変化したか,どのような予後が想定されるかについて判断を求めることがきれば,十分であろう。
その上で,上記最高裁判決のいう不作為の因果関係については,法的な因果関係の判断の有無として,裁判官が最終的に判断することとなる。」
(24~25頁)
と書かれています.

たしかに,「死亡の時点において生存していたかどうか」という質問に,医師が違和感を覚えるのはそのとおりです.
それは,医師は,一般に,予後の改善,延命可能性について,1日延命しても,1週間延命しても,有意に予後が変わったとは考えませんし,死亡の時点において生存していたかどうかを検討する機会がないからです。医師は,一般に,有意な予後の変化を月単位,ときには年単位で考えていますので,予後が変わったか,を質問すると,月単位,ときには年単位で変わった場合にしか「変わった」という回答を行わないのです.

ところで,そもそも,因果関係は「あれなければこれなし」の関係ですから,最高裁平成11年2月25日判決を含め判例は,当該患者が死亡の時点においてなお生存していたであろうといえるか,を問題にします 法的には,1日でも変われば因果関係はあり,延命期間の長短は損害評価で判断すべきことです.
ですから,裁判所は,鑑定人に,「適切な医療行為が行われていた場合,本件患者が平成○年○月○日になお生存していた可能性はどの程度あるか。また,どれほどの期間生存し得たといえるか。」と質問すべきなのです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-14 08:49

佐賀地裁平成29年12月11日判決,介護職員が胃瘻カテーテルを外したとするのは合理的疑いありとして無罪

佐賀新聞「胃ろう器具外し、職員無罪 佐賀地裁」(2017年12月11日)は,次のとおり報じました.
 
「佐賀県嬉野市の養護老人ホームに入所していた高齢男性の胃ろう用カテーテルをわざと外し胃の粘膜を傷つけたとして、傷害罪に問われた同県鹿島市の介護職員藤武奈緒美被告(32)の判決で、佐賀地裁は11日、『カテーテルを抜き取ったとするには合理的な疑いが残る』として無罪を言い渡した。検察側は懲役1年を求刑していた。
 判決によると、事件は2014年12月25日、ケアワーカー室で発生。前月から男性のカテーテルが外れるケースが相次いでいたことからホーム側が設置したビデオの映像に、藤武被告が男性=当時(95)=の服の中に手を入れ、腹部付近を触る様子が写っていた。
 判決理由で吉井広幸裁判官は「カテーテルを無理やり引き抜こうとすればある程度の力を込める必要があるが、その様子はうかがわれず、不自然・不合理な点が残る」と結論付けた。
 男性はこの事案の後、次第に衰弱し、15年8月に死亡した。」

報道の件は,私が担当したものではありません.
ビデオでどこまで分かるものなのでしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
裁判所は,胃瘻用のカテーテルが抜けた原因を何と考えたのでしょうか.


by medical-law | 2017-12-14 06:31 | 医療事故・医療裁判

都道府県別生命表発表,滋賀県81.78歳(男),青森県78.67歳,長野県岡山県87.67歳(女)・青森県85.93歳(女)

厚生労働省は,都道府県別生命表を発表しました.

「平均寿命(0歳の平均余命)は、全国の男で80.77年、女で87.01年となっているが、これを都道府県別にみると、男では、滋賀が81.78 年で最も高く、次いで長野の81.75年、京都の81.40年の順となっている。女では、長野が 87.67(87.675)年で最も高く、次いで岡山の 87.67(87.673)年、島根の87.64年の順となっている。」

男性では喫煙率が最も低い滋賀県が最も長命(81.78歳)で,最も喫煙率が高い青森県が最も短命です.喫煙率が最も高い青森県が最も短命(男性78.67歳)です.一般に,喫煙率との関連性がみてとれる結果になっています.
女性は,長野県岡山県は87.67歳・青森県は85.93歳です.
男性では3歳強の,女性では3歳弱の差があります.
喫煙の結果短命となっている面もあり,また健康意識の高いところは喫煙率が低く,長命となっているとも言えるでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-13 21:45 | タバコ

ウサギ座の教訓

フタゴ座流星群は12月13日夜から14日が見ごろです.
フタゴ座の下には,オオイヌ座のシリウス,コイヌ座のプロキオン,オリオン座のベテルギウスで作られる冬の三角形があります.
オリオン座の足下に,オオイヌ座とコイヌ座に追われるように,ウサギ座があります.
ウサギ座は,日本では12月から4月まで観測できます.

神は,気性の荒い狩人オリオンに優しい心をもたせるためウサギを遣わした.
ところが,オリオンは,ウサギを踏みつぶしてしまった.
神は,ウサギを哀れみ,星座にした.

という話のほかに,次の話もあります.

レロス島にはウサギがいなかった.
人々は,妊娠した野ウサギを連れてきて,繁殖させた.
やがて,野ウサギが増え,人に害をなすようになった.
そこで人々は野ウサギを撲滅した.
この教訓を忘れないように,ウサギ座がつくられた.

日本にも同じような話があります.

ニホン島には弁護士が少なかった.
人々は,法科大学院を作り,弁護士を増やした.
やがて,弁護士が増え・・・

教訓;過ぎたるは及ばざるが如し,短慮は功をなさず,でしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-12 23:59

Googleが医療や健康に関連する検索改善

Google は,2017年12月6日,日本語検索におけるページの評価方法をアップデートし,医療や健康に関連する検索結果の改善した,とのことです.

「例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。」とのことです.

医療や健康に関連する検索結果の改善について


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-12 22:18 | 医療

大阪府立登美丘高校ダンス部, バブリーダンス

大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスの再生回数が2300万回を超えています.
これで準優勝というのですから,高校ダンス選手権のレベルの高さには驚かされます.
1986年の紅白のトップバッターをつとめた荻野目洋子さんを最近メディアで見るようになりました.
30年前はこのレベルのダンスはなかったことからすると30年の変化は大きいのですが,懐かしい印象もあり30年は短いようにも思いました.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-12 09:03

茅ヶ崎市立病院1億円医薬品横領事件,元薬剤師に執行猶予判決

余罪を含めると 1億630万5826円になる茅ヶ崎市立病院1億円医薬品横領事件は,被害金額全額を弁済したことなどから,横浜地裁は11日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡しました.
巧妙に犯行が行われたとしても,病院の管理体制の杜撰さは否めない事案と思います.
なお,これは私が担当した事件ではありません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-11 21:51 | 司法

神戸市地裁姫路支部平成29年12月11日判決,受刑者のギプス固定などの処置の医療過誤を認め約2800万円の賠償を命じる(報道)


朝日新聞「服役中の脱臼で後遺症 国に2800万円賠償命令 姫路」(2017年12月11日)は,次のとおり報じました.

「神戸刑務所(兵庫県明石市)で服役中にひじを脱臼した際、適切な治療を受けられず後遺障害が残ったとして、ナイジェリア国籍の男性(41)が国に慰謝料など約4300万円を求めた訴訟の判決が11日、神戸地裁姫路支部であった。惣脇(そうわき)美奈子裁判長は「2年近く放置された」と述べ、国に約2800万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は服役中の2007年3月、運動中に転倒し、左ひじの関節を脱臼。医師のギプス固定などの処置が十分でなかったため再び脱臼したが、痛みを訴えても、その後の診察では見落とされ、左腕の動かせる範囲が狭まったり筋力が低下したりした。」

 


神戸新聞「服役中に骨折し後遺症 国に2800万円賠償命令」は,(2017年12月11日)は,次のとおり報じました.

「判決によると、男性は服役中の07年3月、運動中に転倒して左肘を脱臼し、外部の民間病院でギプス固定などの処置を受けたが、その後に適切な治療がされず、握力が弱まるなどの後遺症が出た。

惣脇裁判長は「ギプス固定の角度が十分でなかった可能性が高い」と指摘。ギプスを外す際も、回復度合いを確認するレントゲン撮影を受けさせる注意義務を怠ったとし、国の責任を認めた。」


報道の件は私が担当したものではありません.

受刑者にも適切医療を受ける権利は当然あります.判決によると,ギプス固定の際とギプスを外す際の2回,ミスがあったことになります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-11 21:31 | 医療事故・医療裁判

12月18日,医療従事者の需給に関する検討会医師需給分科会

医療従事者の需給に関する検討会 医師需給分科会(第16回)が12月18日に開催されます.
前回(11月22日)に医師が少ない区域で勤務した医師を認定医師とし,認定医師になれば利益があるようにする方向でまとまりましたが,具体的な詰めが行われるそうですので,注目したいと思います.
長く議論がされてきましたが,来年には医療法改正案が提出されるようです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-11 09:59 | 医療

鉄鍋餃子

b0206085_10202088.jpg

宇都宮地方裁判所の事件が終わり,しばらく餃子を食べていなかったのですが,最近,福岡地方裁判所の期日があり,博多の鉄鍋餃子を食べました
小さいのですが,ぎっしり具が詰まっており,鉄鍋のため冷めないので,美味しかったです.
柚胡椒がよくあいます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
by medical-law | 2017-12-10 10:21 | 日常