弁護士谷直樹/医療専門の法律事務所のブログ

カルディコット医学博士,子どもや妊婦は高線量地域から速やかに避難すべき,移住費用は国が負担すべき

事故後わずか12ヶ月で,福島県内の18歳以下の子どもの40%以上になんらかの甲状腺異常が見つかっています.

ヘレン・マリー・カルディコットHelen Mary Caldicott 医学博士(Physicians for Social Responsibility(社会的責任を果たす医師団)の創立会長)は,2012年11月19日の東京の記者会見で,これについて極めて稀な数値と指摘し,高線量地域にいる子ども,妊婦,妊娠する可能性のある若い女性は高線量地域から速やかに避難すべき,移住費用は国が負担すべき,と述べました.

OurPlanetTV 「「移住費用は国が負担すべき」カルディコット博士」参照

21日大阪市で記者会見,23日徳島,24日岡山,25日京都で講演会が予定されているとのことです.

木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」参照


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
# by medical-law | 2012-11-21 05:38 | 脱原発