弁護士谷直樹/医療専門の法律事務所のブログ

市立岸和田市民病院,医療情報が記録された個人所有するノート型パソコンを紛失

市立岸和田市民病院は,2013年5月10日,「医療情報を保存したノート型パソコンの紛失に関するお知らせとお詫び」を発表しました.

 「当院に勤務する看護師(40歳代女性)が個人所有するノート型パソコン1台について、平成25年5月2日(木)午後6時頃、紛失していることが判明しました。

 パソコン内には外科・消化器外科の手術部位感染データ999人分の医療情報が記録されていました。記録項目は、患者番号・年齢・性別・病名・術式・入院日・手術日・病棟・術者(医師名)・介助者(看護師名)・手術時間・手術部位感染発生の有無です。氏名・住所・生年月日等、容易に個人を特定できる情報は含まれていません。なお、患者番号とは、当院が各患者さんを識別するため付番しているもので、一般的には個人を識別できるものではありません。
紛失後、パソコンは見つかっておらず、看護師の自宅が空き巣被害にあった可能性があるため、警察署へ被害届を提出しています。

 このような事案が発生しましたことは、誠に遺憾であり、深くお詫び申し上げます。今後、関係職員については厳正に対処するとともに、病院全職員に対して、情報の適切な取り扱いについて改めて指導を行い、再発防止に向けた対策を講じてまいります。」
 

MSN産経「患者情報入りパソコン紛失 岸和田市民病院の看護師 大阪」(2013年5月10日)によると,「同病院は、個人所有のパソコンで業務を行うことを認めているが、患者番号など個人情報は消去したうえで使うよう指示していた。」とのことです.

個人所有のパソコンで業務を行うことを認めるのは,リスクが伴うように思います.
また,「個人の識別あるいは特定できない状態に加工」とは,「単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく,あらゆる方法をもっても情報主体を特定できない状態にされていること」を意味しますが,本件はそのような状態だったのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
# by medical-law | 2013-05-10 22:25 | コンプライアンス