弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

中津川市民病院ステロイド製剤を投与後の血糖管理を十分行わず患者が死亡した事案について1550万円で和解(報道)

共同通信「市民病院が血糖管理誤り女性死亡」(2018年8月17日)は,次のとおり報じました.

「岐阜県中津川市の同市民病院は17日、糖尿病を患っていた岐阜県の女性患者=当時(76)=に乳がんの抗がん剤の副作用を抑える薬剤を使用した際、血糖管理を十分にせず死亡させたとして、賠償金1550万円を支払うと発表した。

 病院によると、昨年2月、乳がんの進行がみられたため、女性に使っていた抗がん剤を変更した際、副作用を抑える目的でステロイド製剤を投与した。女性は退院2日後に血糖値が急激に上昇して意識レベルが低下し、同3月に死亡した。

 ステロイド製剤は投与すると2、3カ月以内に血糖値が上がる性質がある。女性は糖尿病のため、血糖値が想定より早く上昇したとみられる。」


報道の件は私が担当したものではありません.
ステロイドはインスリン拮抗ホルモンなので,それを投与すると,起床後の空腹時の血糖検査には現れませんが,午後から血糖値が上がってくるステロイド糖尿病を,投与期間に応じて結構高い確率で発症することが知られています.ステロイド製剤投与後は血糖管理を行います.まして糖尿病であれば厳重な血糖管理を行うはずなのですが.
内分泌科の医師との連携が大事だと思います.
最近は,血糖トレンドで連続的に血糖値を把握できます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


# by medical-law | 2018-08-17 23:21 | 医療事故・医療裁判