弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

苫小牧市立病院,看護師2人が痰の吸引操作を誤り患者死亡(報道)

北海道新聞「医療ミスで70代男性死亡 苫小牧市立病院」(2008年6月18日)は,次のとおり報じました.

「苫小牧市立病院(382床)は18日、6月上旬に看護師2人が脳疾患で入院中の70代男性のたんを吸引する際、器具の取り扱いを誤り、男性が死亡した医療ミスがあったと発表した。

 松岡伸一院長は「100パーセント病院側の過失。このような事態になりおわび申し上げる」と謝罪した。

 同病院によると、男性はたん吸引のため切開したのどの部分にチューブを挿入しており、看護師2人は、チューブから離して使うべき水蒸気吸入器を誤ってチューブに直接、装着した。男性は呼吸ができなくなり、急性呼吸不全で死亡した。」


西日本新聞「医療ミスで70代男性死亡 北海道・苫小牧市立病院」(2018年6月18日)は,次のとおり報じました

 「北海道・苫小牧市立病院は18日、今月上旬に女性看護師2人が脳疾患で入院中の70代男性のたんを吸引する際、機器の使い方を誤り、男性が死亡したと明らかにした。

 病院によると、男性はたん吸引のため、のどを切開して気管にチューブを挿入していた。看護師2人は吸引に先立ち、粘り気の強いたんを軟らかくするため、空気を気管に送り込む吸入を実施。この際、誤ってチューブの吸排気口をふさぐ形で吸入器を装着した。

 2人は2分ほど病室を離れた後、異常音に気付き、医師が救命措置をしたが、男性は約2時間後に死亡した。

 死因は急性呼吸不全とみられる。」


報道の件は私が担当したものではありません.
痰の吸引は看護師にとって手慣れた日常的な業務ですし,看護師が複数いたのにもかかわらず,このような初歩的な器具の取扱ミスが起きてしまったわけです.しかも吸引実施中に2人ともその場を離れてしまった.
初歩手的ミスであることは確かですが,調査を行ってこのようなことが起きた背景事情,潜在的要因について解明することを期待します.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

# by medical-law | 2018-06-19 08:37 | 医療事故・医療裁判