弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

名古屋市立西部医療センター,肺塞栓症を疑わず患者死亡,直腸がんの可能性指摘を読まず患者死亡の2件の医療事故を公表

NHK「西部医療センターで医療ミス2件」(2019年10月23日)は次のとおり報じました.

名古屋市立西部医療センターで、がんの可能性を指摘するMRI検査の報告書の記述を見落とすなどの医療ミスが2件あり、患者2人が死亡していたことが分かりました。

名古屋市立西部医療センターの発表によりますと、平成28年の5月に、入院中の60代の女性患者が、3回、意識を失う発作を起こしましたが、軽度の病気と診断しました。
しかし、その数日後、この女性患者は、再び意識を失う発作を起こし、そのまま、診断された軽度の病気ではなく、肺の動脈に血栓が詰まる病気で亡くなりました。
また、おととし9月には、当時70代の男性患者のMRI検査を行い、直腸がんの可能性を指摘する報告書が作成されましたが、これを主治医が見落としました。
その半年後には、この男性患者が直腸がんを発症していることが判明しましたが、ことし4月に死亡しました。
西部医療センターは、この2件について病院の医療ミスと認め、桑原義之病院長は「元気になりたいと治療を受けている中
で亡くなった2人の患者とそのご家族には心からおわび申し上げます」と陳謝しました。」


報道の件は,私が担当したものではありません.
いずれも少しの注意を払えば防止できたものですのでとても残念です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


# by medical-law | 2019-10-24 09:16 | 医療事故・医療裁判