弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

『楽園のカンヴァス』

b0206085_05304628.jpg

『楽園のカンヴァス』は,2000年大原美術館で始まり同年ニューヨーク近代美術館で終わる,原田マハ氏の小説です.
第一章と最終章は早川織絵の視点から,第二章から第十章まではティム・ブラウンの視点から,それぞれ語られます.
第二章から第十章は,1983年のバーゼルが舞台で,早川織絵とティム・ブラウンがニューヨーク近代美術館に所蔵されている,アンリ・ルソーーの「夢」とそっくりの「夢をみた」の真贋を争います.
真贋判定の方法は,革表紙の古書に書かれている「物語」(夢をみた)を一日一章読むこと.
犯人を探す小説ではないのですが,スリリングな心理展開のミステリーです.
ちなみに,弁護士は悪役です.

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-02-26 05:31 | 趣味