弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京高裁平成30年3月28日判決,脳の病気を疑いCT検査を行う義務を認め原判決を取り消し約3200万円の支払いを命じる(報道)

朝日新聞「脳ヘルニアで少年死亡、松本市の病院側が逆転敗訴」(2018年3月29日)は次のとおり報じました.

「長野県安曇野市の少年(当時13)が脳ヘルニアで死亡したのは、救急搬送された波田町立○○病院(現・松本市立病院)が適切な検査を怠ったためだとして、横浜市の母親が病院側に約7200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。杉原則彦裁判長は、請求を棄却した一審・横浜地裁判決を取り消し、松本市と担当医師に約3200万円の支払いを命じた。

 判決によると、少年は2009年、頭痛などの症状を訴え、同病院に救急搬送された。担当医師は急性胃腸炎などと診断し、点滴後に帰宅させた。少年はその後に体調が悪化し、別の病院に搬送され、死亡した。

 杉原裁判長は、脳の病気を疑い、CT検査を行う義務があったのに怠ったと認定。遅くとも退院時に検査して治療を始めていれば救命できた可能性があるとし、「限られた治療を受けただけで帰宅させられた苦しみと無念さは察してあまりある」と指摘した。

 市立病院は「判決文を見ていないのでコメントは差し控えたい」としている。」


報道の件は私が担当したものではありません.
頭部CT検査義務を認めた点,及び頭部CT検査義務と結果との因果関係を認めた点で参考になる判決です.
医療事件は,地裁と高裁で判断が分かれることが結構あります.

【追記】
信濃毎日新聞「松本市と医師の賠償確定 波田総合病院搬送の13歳死亡で最高裁上告棄却」(2019年7月18日)は次のとおり報じました.

「○○病院(現松本市立病院)に2009年10月に搬送された男子中学生=当時(13)=が帰宅後、脳ヘルニアで死亡したのは、病院側が必要な検査などを怠ったためとして、横浜市の遺族が松本市と担当医師に計7100万円余の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は病院側の上告を退ける決定をした。16日付。市側と医師に計3200万円余の支払いを命じた二審東京高裁判決が確定した。

 17年6月の一審横浜地裁判決は、医師が通報時にあった頭痛を一過性の片頭痛とみたことは「医学的に不相当だったとはいえない」と請求を棄却。原告側が控訴していた。 18年3月の二審判決は生徒の搬送時、医師は頭蓋内の異常を疑いコンピューター断層撮影装置(CT)検査をする義務があったと認定。「遅くとも生徒の退院時にCT検査などを行って治療を開始していれば救命できた蓋然性(がいぜんせい)を認めることができる」とした。

 市病院局は17日、「正式な通知を受け取るまでコメントは差し控える」とした。」


【追記】
中日新聞「脳ヘルニア死亡で3200万円賠償支払い確定 松本市立病院」(2019年8月7日)は次のとおり報じました. 

「二〇〇九年十月に波田総合病院(現松本市立病院)に搬送された男子中学生=当時(13)=が、帰宅後に脳ヘルニアで死亡したのは必要な検査をせずに医療上の注意義務を怠ったためとして、横浜市の遺族が松本市と担当医師に七千百万円余の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は市側の上告を退ける決定をした。市側に約三千二百万円の支払いを命じた東京高裁判決が確定した。

 決定は七月十六日付。市側は三十一日付で、病院賠償責任保険を通して支払った。

 一審横浜地裁は一七年六月に原告の請求を棄却した。原告側が控訴し、二審東京高裁は一八年三月、市に三千二百六十万円余の賠償を命じた。これを不服として原告、市側ともに上告していた。

 高木洋行院長は「結果を真摯(しんし)に受け止めている。患者の命を救えなかったことは残念であり、改めてご冥福をお祈りする。病院の信頼回復に努めていく」とコメントした。」


これを読むと一審の裁判官はどうして請求を棄却したのだろうと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2018-03-29 16:38 | 医療事故・医療裁判