弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

患者が不適切な身体拘束による肺血栓塞栓症で死亡したとして,石川県内の精神科病院が提訴される(報道)


朝日新聞「不適切な身体拘束され死亡」 遺族、精神科病院を提訴」(2018年8月27日)は,次のとおり報じました.

「石川県野々市市の精神科病院に入院していた県内の大工の男性(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、男性の両親が病院を経営する社会福祉法人を相手取り、約8630万円の損害賠償を求めて27日に金沢地裁に提訴した。

 死亡したのは大畠一也さん。訴状などによると、大畠さんは25歳のころに統合失調症と診断され、2016年12月6日に入院した。同月14日から手足などの身体拘束が始まり、同月20日に自力でトイレに行った後、死亡したという。

 両親は当初、病院側から死因は心不全と説明を受けたが、司法解剖の結果、エコノミークラス症候群と判明したという。身体拘束の開始時に切迫した事情が存在していなかったなど、精神保健福祉法などが定める要件を満たしておらず、エコノミークラス症候群を発症させない注意義務も怠った、などと主張している。

 金沢市内で27日にあった記者会見で、大畠さんの父正晴さん(67)は「親として大事な命を守ってやれなかったことが悔しくてならない。こういうことは息子で最後にして欲しい」と話した。病院側は「まだ訴状が届いておらず、内容についてはコメントできない」としている。(浅沼愛)」


報道の件は私が担当したものではありません.
医療過誤裁判では,原告に,過失,因果関係,損害の主張立証が求められます.
身体拘束を行った医療者に,患者が肺血栓塞栓症を発症することの予見可能性があったこと,回避義務があったことの立証が問題になるでしょう.
注目したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-08-28 21:33