弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本医療政策機構「2018年 日本の医療に関する調査」, 喫煙可の飲食店 約6割が入店避ける,電気加熱式たばこ 約4割が健康影響に懸念

日本医療政策機構(HGPI)は,8月28日に「2018年 日本の医療に関する調査」(速報版)を発表しました.

「あなたは、行こうとしたお店が喫煙可 (分煙を含まない)だったら、入るのを避けると思いますか」という質問に, 58.1%の人が「そう思う」と回答しました.
「分煙」の店については,28.1%の人が入るのを避けると答え,「禁煙」の店については15.1%の人が入るのを避けると答えました.
「喫煙可」「分煙」の飲食店の経営者に知ってもらいたい数字です.




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-08-29 08:19 | タバコ