弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

市立池田病院,CT画像診断の誤りで重症の膵炎患者死亡5000万円で和解へ(報道)

読売新聞「膵炎の症状診断誤り患者が死亡…市立池田病院」(2018年8月31日)は,次のとおり報じました.

「大阪府池田市の市立池田病院は30日、2016年3月に入院した女性(当時67歳)について、急性膵炎の症状の診断を誤り、入院から6日後に死亡したと発表した。CT(コンピューター断層撮影法)の画像診断を若手の医師1人で担当し、重症と判定できず、適切な治療が遅れたためという。
 市側は遺族に5000万円を支払って和解する方針。

 病院によると、女性は16年3月17日、閉塞性黄だんの疑いで入院し、手術後に急性膵炎を発症。翌18日、CT画像では重症の膵炎と判定すべき状態だったが、担当した医師が見落とした。
 この医師は、消化器内科の専門医になるために経験を積む後期研修医と呼ばれる立場だった。
 また同19日には別の放射線科の医師が重症と判定していたが、担当の医師に報告する仕組みがなく、女性は3月23日、転院先の病院で多臓器不全で死亡した。

 池田病院は、CT画像の判定は2人の医師で行うべきだったなどとして内部の体制に問題があったと判断。「命を失う結果となり大変申し訳ない」と謝罪した。」


報道の件は私が担当したものではありません.
CT画像の精度があがっていますので,診断能力と医師の連携体制が整っていれば救命できた事案でしょう.
谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2018-08-31 12:39 | 医療事故・医療裁判