弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

昭和大藤が丘病院,5カ月の乳児がうつぶせに寝かせられ脳死状態に(報道)

夕刊フジ「昭和大藤が丘病院」で入院中乳児をうつぶせ放置、脳死状態に… 昭和大「詳細は答えられない」 (2019年1月5日)は次のとおり報じました.

「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)治療のパイオニアとされる昭和大学の付属病院で、口唇口蓋裂治療の手術を受けるため入院中だった当時5カ月の乳児が、担当医にうつぶせの状態で放置され、脳死状態に陥っていたことが分かった。大学側は夕刊フジの取材に事実関係を認めた。

 関係者によると、問題が発生したのは、横浜市青葉区の昭和大学藤が丘病院。2018年5月30日、当時生後5カ月の乳児が、翌日に口唇口蓋裂治療の手術を控え、診察を受けていた。乳児の診察を担当した医師は、乳児を両手で持ち上げて診察し、うつぶせに寝かせた状態で放置したという。その後、巡回中の看護師が全身蒼白(そうはく)の乳児を発見。呼吸停止、心肺停止状態となっていた。

 救命措置を行ったところ、乳児の心臓は再び動き出したが、自発呼吸は確認されず、都内の病院に搬送。同年7月には品川区の昭和大学病院の集中治療室(ICU)に転送された。関係者によると、乳児は同年8月の時点では脳死状態が続いていたという。」
 
「昭和大は夕刊フジの取材に「問い合わせの内容に一致するとみられる事例はあるが、患者の個人情報に関わるので詳細は答えられない」と回答した。」


報道の件は私が担当したものではありません.

自力で寝返りができるようになる時期には個人差があり,5カ月の乳児は微妙な時期です.
このような事案では,うつぶせ寝にしたことと心肺停止の間の因果関係が争われ,窒息かニアミスSIDSかが問題になります.

厚労省は,SIDS の発症リスクを低くするための3点を呼びかけています.
・1歳になるまでは寝かせる時はあおむけに寝かせる
・できるだけ母乳で育てる
・保護者等はたばこをやめる

医師はに合理的な理由がない限り,5カ月の乳児をてうつぶせ寝にしない注意義務がある,と考えられるのではないでしょうか.
報道の件ですが,なぜ 医師は敢えてうつぶせ寝にしたのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村



by medical-law | 2019-01-05 22:39 | 医療事故・医療裁判