弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

シンポジウム「医療事故調査制度はどうあるべきか-制度施行後3年の実情から考える-」

5月25日,医療事故情報センター主催のシンポジウム「医療事故調査制度はどうあるべきか-制度施行後3年の実情から考える-」が開催されます.

シンポジスト:
永井裕之さん(患者の視点で医療安全を考える連絡協議会 代表)
木村壯介さん(一般社団法人日本医療安全調査機構 常務理事)
平川俊夫さん(公益社団法人日本医師会 常任理事)
廣井透雄さん(国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 副院長・医療安全管理部門長)
伊藤進一さん(一般社団法人兵庫県医師会 医療事故調査支援委員)
日時 2019年5月25日(土) 13:00-16:30 (開場 12:45)
場所 ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 10階1001会議室(定員150名)
事前申込不要・入場無料

谷直樹

  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

by medical-law | 2019-05-16 00:45 | 医療事故・医療裁判