弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

日本医師会の通知「新型コロナウイルス感染症が疑われる者の診療に関する留意点について」

日本医師会の通知「新型コロナウイルス感染症が疑われる者の診療に関する留意点について」(2020年3月11日)は,「基本的に誰もがこのウイルスを保有している可能性があることを考慮して、全ての患者の診療において、標準予防策であるサージカルマスクの着用と手指衛生の励行を徹底すること、また、患者が発熱や上気道症状を有する等の場合であっても、後述の検体採取やエアロゾルが発生する可能性のある手技を実施しないときは、標準予防策の徹底で差し支えないこととされております。 上記について、日本医師会として、新型コロナウイルス感染症に関する知見が得られていない現状では、例えばインフルエンザなどの場合には検査をせずに臨床診断にて治療薬を処方することをご検討ください。・・・」 というものです.

日本医師会は,,標準予防策であるサージカルマスクの着用と手指衛生の励行を徹底すること等を求めています.
感染リスクを減らすために,インフルエンザなどの場合には検査をせずに臨床診断にて治療薬を処方することの検討を求めています.

通知は,医師法第 19 条の応招義務について次のとおり述べています.

「患者が発熱や上気道症状を有しているということのみを理由に、当該患者の診療を拒否することは、応招義務を定めた医師法第 19 条第1項における診療を拒否する「正当な事由」に該当しないため、診療が困難である場合は、少なくとも帰国者・接触者外来や新型コロナウイルス感染症の患者を診療可能な医療機関への受診を適切に勧奨することとされております。」

現場の混乱が眼にうかびます.大変ではありますが,医師会の通知にしたがい頑張っていただきたいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-13 09:55 | 医療