弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

病院が「新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について」を発表

北播磨総合医療センターは,2020年3月22日,「新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について」をサイトに軽視アしました.

「感染が確認された4人の職員と接触した方々はごく少数(特定済:現在健康観察中)であり、当院の患者さん及び職員の多くは接触していません。
 当院職員に対する誹謗中傷・風評被害の事例では、“バイ菌扱い”、“引越時に引越業者からキャンセル”、“タクシー乗車拒否”などがあります。
 酷い場合は、“接触していないのに家族が勤務先から有無を言わさず出勤停止を言われる”、“親族が介護施設の利用を見合わせるよう言われる”の事例もあり、実害も発生しています。
 これら誹謗中傷・風評被害に対しては、行政窓口に相談するとともに、内容によっては、名誉毀損、精神的苦痛、経済的損失に対する問題となる場合もあると考えております。」


感染差別は明らかな人権侵害です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-03-24 07:30 | 人権