弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

COVID-19と胎盤機能異常

時事通信「無事出産でも胎盤に異常 妊娠中の新型コロナ感染で 米大学」(2020年5月26日) は,次のとおり報じました.

「新型コロナウイルスに感染したものの、健康な赤ちゃんを無事出産した母親の胎盤を調べたところ、異常が見つかる例があったと、米ノースウエスタン大の研究チームが26日までに発表した。

 感染患者では血管に血栓が生じるケースが注目されており、胎盤でも胎児との間の血流に障害が生じていたとみられる。

 研究チームは、胎盤の機能には余裕があり、少し低下した程度では影響がなかったとの見方を示す一方で、感染した妊婦については胎児への酸素供給や成長ペースを注意深く観察すべきだと指摘している。論文は米医学誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・パソロジー」電子版に掲載された。

 胎盤に異常が見つかったのは、シカゴにある同大付属病院で出産した15人の母親(23~41歳)。1人は妊娠34週の早産だったが、残り14人は37~40週で出産。赤ちゃんはPCR検査で全員陰性だった。」 



Placental Pathology in COVID-19

Abstract 

Objectives

To describe histopathologic findings in the placentas of women with coronavirus disease 2019 (COVID-19) during pregnancy.
Methods

Pregnant women with COVID-19 delivering between March 18, 2020, and May 5, 2020, were identified. Placentas were examined and compared to historical controls and women with placental evaluation for a history of melanoma.

Results

Sixteen placentas from patients with severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) were examined (15 with live birth in the third trimester, 1 delivered in the second trimester after intrauterine fetal demise). Compared to controls, third trimester placentas were significantly more likely to show at least one feature of maternal vascular malperfusion (MVM), particularly abnormal or injured maternal vessels, and intervillous thrombi. Rates of acute and chronic inflammation were not increased.

The placenta from the patient with intrauterine fetal demise showed villous edema and a retroplacental hematoma.

Conclusions

Relative to controls, COVID-19 placentas show increased prevalence of decidual arteriopathy and other features of MVM, a pattern of placental injury reflecting abnormalities in oxygenation within the intervillous space associated with adverse perinatal outcomes. Only 1 COVID-19 patient was hypertensive despite the association of MVM with hypertensive disorders and preeclampsia. These changes may reflect a systemic inflammatory or hypercoagulable state influencing placental physiology.


COVID-19が全身性の炎症状態または凝固亢進状態をひき起こし,胎盤の生理機能に影響を与えている可能性が指摘できるということですね.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-05-27 07:24 | 医療