弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

《曇り空の下の積み藁》

《曇り空の下の積み藁》_b0206085_00021091.jpg

《曇り空の下の積み藁》(Wheat Stack under a Cloudy Sky クレラー=ミュラー美術館所蔵)は,フィンセント・ファン・ゴッホ (Vincent van Gogh)氏の1890年の作品です.不吉な鴉の群れがいます.
亡くなる年の作品です.

ゴッホ氏の作品の一部分が白く変化していく現象が起きています.
以前、研究者が「曇り空の下の積み藁」の白くなった部分にplumbonacriteという鉛の成分が含まれていることが分かった,と報じられていました.
ゴッホ氏は,当時新製品の赤色の合成絵の具を使っていました.
plumbonacriteは,その赤い合成絵に含まれ,光に曝されると色を劣化させてしまうそうです.
美術館の展示が薄暗いのは,変色を避けるためなんですね.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2020-06-04 00:03 | 趣味