弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

東京地裁令和2年6月4日判決,入院患者の呼吸の異常を知らせるアラームがオフになっていたことと患者が植物状態となりその後死亡したこととの因果関係を認め6000万円余りの賠償を命じる(報道)

NHK「日本医科大学病院に6000万円余の賠償命じる 東京地裁」(2020年6月4日)は次のとおり報じました.

「5年前、日本医科大学付属病院で入院患者の呼吸の異常を知らせるアラームがオフになっていたため、植物状態となり、その後死亡したと遺族が訴えた裁判で、東京地方裁判所は病院側の過失を認め、6000万円余りの賠償を命じました。

判決によりますと、平成27年、東京 文京区の日本医科大学付属病院にくも膜下出血で入院していた、当時60代の男性の呼吸が止まって植物状態となり、およそ4年半後に死亡しました。

遺族は、モニターのアラームがオフになっていたため、看護師らが気付くのが遅れたのが原因だとして、病院を開設する大学などに賠償を求めました。

4日の判決で、東京地方裁判所の佐藤哲治裁判長は「病院では、アラームの設定を1日2回、看護師が確認することになっていたのに、急変までのおよそ5日間、設定がオフになっていたことに誰も気付かなかった」と指摘し、病院側の過失を認めました。

そのうえで、大学に対し、6000万円余りの賠償を命じました。

判決について、日本医科大学は「判決文を見ていないので、コメントできません」としています。」

上記報道の件は,私が担当したものではありません.
モニターのアラームをオフにし,その状態に気づかなかったことは,当然,過失にあたります.
このような事案では,患者の具体的な病態を前提に適切に対応しても同じ結果が生じたかが争われ,因果関係が問題になることが多いように思います.上記報道の判決は,因果関係を認めた判例として参考になります.
なお,患者の具体的な病態を前提に適切に対応しても同じ結果が生じたと考えるに足る具体的な事情は,被告側が立証すべき事実のように思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2020-06-04 23:54 | 医療事故・医療裁判