弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

《叙情小曲集》

村上 春樹氏の小説『国境の南、太陽の西』のように《ペール・ギュント》を聴く午後の時間ももちろんよいのですが,エドヴァルド・グリーグ(Edvard Grieg)氏は,ピアノで情景,心情を表現した作曲家と思います.
《叙情小曲集》(Lyric Pieces)66曲は,フェーリクス・メンデルスゾーン氏の無言歌48曲にも匹敵すると思います.本来,もっと評価されてもよい曲なのですが,控えめなところと難曲ではないことが災いしているのかもしれません.もっとも,最近は全曲集が録音されることも多くなりました.標題も曲想も類似のものがありますので,1集ごとに聴くのがよいと思います.

第1集 作品12
アリエッタ
ワルツ
夜警の歌
妖精の踊り
民謡
ノルウェーの旋律
アルバムリーフ
祖国の歌

第2集 作品38
子守り歌
民謡
メロディ
ハリング(ノルウェー舞曲)
スプリング・ダンス
エレジー
ワルツ
カノン

第3集 作品43
蝶々
孤独なさすらい人
故郷にて
小鳥
愛の歌
春に寄す

第4集 作品47
即興的ワルツ
アルバムリーフ
メロディ
ハリング
メランコリー
スプリング・ダンス
エレジー

第5集 作品54
羊飼いの少年
ノルウェーの農民行進曲
小人の行進
夜想曲
スケルツォ
鐘の音

第6集 作品57
過ぎ去った日々
ガーデ
幻影
秘密
彼女は踊る
郷愁

第7集 作品62
風の精
感謝
フランス風セレナード
小川
夢想
家路

第8集 作品65
青春の日々から
農民の歌
憂うつ
サロン
バラード調で
トロルドハウゲンの婚礼の日

第9集 作品68
水夫の歌
おばあさんのメヌエット
あなたのそばに
山の夕べ
ゆりかごの歌
憂うつなワルツ

第10集 作品71
昔々
夏の夕べ
小妖精
森の静けさ
ハリング
過去
余韻

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ




by medical-law | 2020-06-15 01:17 | 趣味