弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

《シェヘラザード Op.35》

交響組曲《シェヘラザード Op.35》(1888年)は,リムスキー=コルサコフ氏の作品です.オーケストレーションが見事で,魅了されます.

第1楽章 海とシンドバッドの船
第2楽章 カランダール王子の物語
第3楽章 若い王子と王女
第4楽章 バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲

リムスキー=コルサコフ氏は,翌1889年のパリ万国博覧会で自作を含めロシア音楽を指揮しました.このコンサートを聴いたクロード・ドビュッシー氏は,リムスキー=コルサコフ氏を賞賛しています.当時学生だったモーリス・ラヴェル氏も,このコンサートを聴き,強い影響を受け,《シェヘラザード 序曲》(1898年)を作曲しています.
イーゴリ・ストラヴィンスキーは,リムスキー=コルサコフ氏の授業を受け,同氏の娘の結婚を記念して交響的幻想曲《花火 Op.4》(1908年)を作曲しました.

《シェヘラザード Op.35》は,ヴァレリー・ゲルギエフ氏が指揮したキーロフ歌劇場管弦楽団の演奏(現在は「マリインスキー劇場管弦楽団」の名称)が素晴らしいと思います.
同管弦楽団は,リムスキー=コルサコフ氏ゆかりのサンクトペテルブルクのオーケストラです.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ




by medical-law | 2020-06-21 03:00 | 趣味