弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

《屋根の上の牡牛Op.58》

《屋根の上の牡牛 Op.58》(Le Boeuf sur le Toit )は,ダリユス・ミヨー(Darius Milhaud)氏が作曲した,100年前のバレエ音楽です.
ブラジルのメロディが用いられ(「詰め込まれ」と言ったほうが正確かもしれません),「屋根の上の牡牛」という酒場にあつまる風変わりな人を描写した,にぎやかな曲です.調性の異なる音楽を同時に演奏するのは,同氏の得意な手法です.
カフェのざわめきを聞きながらほうが勉強,仕事がはかどるという人がいます.この作品は,そのようなざわめきを音楽にしたような感じです.

ダリユス・ミヨー氏は,大好きなチャーリー・チャップリン氏の無声映画のために勝手に《ヴァイオリンとピアノのためのシネマ[幻想曲》を作曲し,同氏に楽譜を送ろうとします.ジャン・コクトー氏は,それをおしとどめ,同氏シナリオのバレエの音楽としてこの曲を使うことを提案し,同意を得ました.このようにして,バレエ音楽《屋根の上の牡牛》ができました.
ジョルジュ・オーリック氏の《さらばニューヨーク》,フランシス・プーランク氏の《円窓》,エリック・サティ氏の《組み立てられた3つの小品》とともに1920年に初演されました.
ダリウス・ミヨー氏指揮シャンゼリゼ劇場管弦楽団のLPがCDになって復活しています. 



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-06-22 03:17 | 趣味