弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

神奈川県弁護士会,横濱刑務所と八王子医療刑務所に警告

神奈川県弁護士会は,令和2年6月11日,横濱刑務所と八王子医療刑務所に警告を行いました.

「横浜刑務所において服役していた申立人について、横浜刑務所がHIV一次検査を実施したところ、陽性であることが判明したが、横浜刑務所は、申立人に直ちに検査結果を告知し、二次検査を実施すべきであったにもかかわらず、採血後一年以上検査結果を告知せず、二次検査を実施せず、申立人は、早期に治療を開始することができなかった。
申立人に対する上記処遇は、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第56条、憲法第13条、憲法第25条により保障された社会一般の保健衛生及び医療水準に照らし適切な保健衛生上及び医療上の措置を受ける申立人の人権を侵害するものであり、今後、上記のような人権制限を行わないように警告する。

「八王子医療刑務所(現、東日本成人矯正医療センター)は、HIV検査のために横浜刑務所で採血された申立人の血液についてHIV一次検査を実施したところ、陽性であることが判明したため、速やかに東京都保健局に二次検査を依頼すべきであったが、検体送付用のジュラルミンケースの購入を失念し、ジュラルミンケースの購入を失念したことに気付いた後も、早急にジュラルミンケースを購入するための措置を講じず、他の医療機関での二次検査を勧めることもなかったため、申立人は、早期に治療を開始することができなかった。
申立人に対する上記処遇は、刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第56条、憲法第13条、憲法第25条により保障された社会一般の保健衛生及び医療水準に照らし適切な保健衛生上及び医療上の措置を受ける申立人の人権を侵害するものであり、今後、上記のような人権制限を行わないように警告する。」


http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/torikumi/jinken/kankoku/pdf/20200619_jinkenkeikoku.pdf


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2020-06-22 12:42 | 人権