弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療過誤事件の時効(民法改正後)

4月1日に施行された改正民法によって,医療過誤事件の時効(権利を行使することができる期間)が変わりましたが,ネット上では一部に古い記述(債務不履行10年,不法行為3年)が残っていて,周知徹底されていないようです.
改正により,人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の時効については,特別のルールが定められました.

債務不履行構成では,権利を行使することができることを知った時から5年以内であり,かつ,権利を行使することができる時から20年以内です.
不法行為構成では,損害及び加害者を知った時から5年以内であり,かつ,不法行為の時から 20 年以内です.なお,2020年4月1日時点で従来の3年時効が完成していない場合は,2年延びて5年になります.


債務不履行構成でも不法行為構成でも,5年以内に権利を行使することが必要です.
いずれにしても弁護士への相談は早めがよいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ




by medical-law | 2020-12-10 10:02 | 医療事故・医療裁判