弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

意識低下の睡眠状態と誤嚥性肺炎の関係(報道)

神奈川新聞「投薬ミスで意識低下、睡眠状態に 横浜の病院を患者が提訴へ」(2021年4月5日) は次のとおり報じました.

「横浜市旭区の○○病院で2019年11月、入院中の男性(76)が多量の抗精神病薬と睡眠薬を誤投与され、一昼夜にわたり意識低下の睡眠状態に陥っていたことが4日、分かった。男性は睡眠中に誤嚥(ごえん)性肺炎を発症したが、病院側は誤投薬との因果関係を否定。男性は病院を運営する医療法人○○会に損害賠償を求め、今夏にも横浜地裁に提訴する方針だ。

 男性は16年4月から、認知症で精神科に入院。男性側によると19年11月26日午後8時半ごろ、統合失調症の患者に処方されていた5種類の錠剤6錠を看護師から誤って投与された。睡眠薬のほか認知症患者に使用が推奨されていない2種類の抗精神病薬が含まれており、男性は意識が低下、約27時間後の28日未明まで眠り続けた。

 病院は男性の代理人弁護士に宛てた書面で「誤薬をしたことは事実」と認めた上で、男性と家族に謝罪した。代理人によると、患者2人の姓が類似し、看護師の見間違いによる「単純ミス」が原因と説明している。

 一方、男性が睡眠中に発症した誤嚥性肺炎について、病院は加齢による飲み込む機能の衰えや気管支炎の既往歴などが原因と主張。事故直後は家族に「誤薬による意識低下による肺炎」と説明していたが、「誤薬によるものと断定するには至っていない」と一転し、賠償責任を否定している。

 男性側は、睡眠中の経過観察が不十分だったと指摘。病院は看護師の巡回は適正だったと反論しているが、看護記録には残されていない。ベッドに寝たまま肺炎治療を余儀なくされ、筋力の低下で歩行が困難になったとの主張についても争っている。」

上記報道の件は私が担当したものではありません.
投薬についての注意義務違反(過失)は争いがなく,因果関係に争いがある事案のようです.
一般に,誤嚥性肺炎と意識障害については,いつも,誤嚥性肺炎によって意識障害が生じたのか,意識障害によって誤嚥性肺炎が生じたのか。という機序の問題があります.報道の件は,クロルプロマジンとレボメプロマジンが投与されたとのことなので,薬剤による意識障害は間違いないでしょう.意識障害によって誤嚥性肺炎のリスクは一般的に増加しますが,報道の事案で意識障害によって誤嚥性肺炎が生じたという具体的な立証が課題となります.
一般的には,誤嚥性肺炎は複数の要因が競合して生じることが多いので,加齢による飲み込む機能の衰えはあるでしょうが,意識低下がなくても,高齢だけで誤嚥性肺炎が生じたのか,というと一般的には否定的に考えられます.
意識障害が誤嚥性肺炎のリスクであり,意識障害により誤嚥性肺炎が生じることも少なくありません.まして,高齢の患者が意識障害に陥ったときは,さらに誤嚥性肺炎のリスクが高まり,意識障害により誤嚥性肺炎が生じる確率があがるでしょう.
この高齢の患者にこの意識低下がなければこの誤嚥性肺炎が生じなかったという立証がすべてなのではないか,と思います.
なお,報道の件で経過観察が不十分というのは,誤嚥性肺炎の発見が遅れたという主張なのでしょうか.
ともあれ,裁判所の判断に注目したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2021-04-06 01:59 | 医療事故・医療裁判