弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

立夏

今日は立夏です.

春すぎて 夏来にけらし 白栲の 衣ほしたり 天の香具山         (持統天皇)

春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山

翠に白が映える初夏の明るく爽やかな歌です.白鳳文化の明るさ,力強さ,おおらかさを示す歌です.

天智天皇(中大兄皇子)は娘4人を弟の大海人皇子(後の天武天皇)に嫁がせました.持統天皇(鸕野讚良(うののさらら))はその1人です.大海人皇子を助け弟大友皇子(弘文天皇)と近江朝に対する壬申の乱を成功させ,天武天皇の死後甥の大津皇子に死を賜わり,日本初の条坊制の藤原京(新益京)を作りました.古代律令国家の基礎を作った天皇です.

額田王の「冬木成 春去來者](冬木成もり春さり来くれば)を意識して,万葉の春から夏への推移を,(神の降りる)香来山神官らの衣干したり,と歌ったものと思います.季節の推移と神に守られた新しい時代の到来を歌い上げたのでしょう.
古今集の「衣ほすてふ」(「衣ほすという」の意味)は万葉仮名の誤読ですが,香来山の衣干しが遠い過去のものになっていたからでしょう
繰り返す季節の推移と一回性の時(歴史)の推移を感じます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2021-05-05 22:59 | 日常