弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

医療集中部

医療集中部_b0206085_09150539.jpg

平成13年4月に東京地方裁判所に4か部,大阪地方裁判所に2か部,医療事件を集中的に担当する部が設けられました.
東京地方裁判所の医療種中部は民事14部,30部,34部,35部です.前田順司判事,貝阿彌誠判事,福田剛久判事らが医療集中部の審理スタイルの基礎を築きました.
当初は14部だけ別のフロアーだったのですが,何かと不便だということで,14部も他の部と同じ14階に移り,今日に至っています.

東京地方裁判所医療集中部(民事14部,30部,34部,35部)における事件概況等は,毎年,法曹時報に掲載されています.
令和2年の事件概況等は「法曹時報 第七十三巻 第七号(令和三年七月号)」に掲載されています.

東京地方裁判所が新しく受ける医療事件(新件)が年平均150件で,約400~500件の医療事件が繋属しているとすると,裁判長は約100~125件の事件を審理することになります.大変でしょうが,数多くの医療事件を担当することで,自ずと医療事件の感覚,スジがみえてくると思います.
医療集中部のない地方の裁判所と比べると,医療集中部の審理は合理的で進行が早いと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2021-10-11 00:35 | 医療事故・医療裁判