弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

京都地判令和3年11月9日,局所麻酔中毒による呼吸停止,心停止を認定し約6200万円の賠償を命じる(報道)

京都新聞「脱臼治療の局所麻酔で昏睡状態、6200万円賠償命令 医院は昨年解散」(2021年11月9日)は次のとおり報じました.

「脱臼治療の局所麻酔によって妻が昏睡(こんすい)状態になったとして、長岡京市の男性が、同市内の整形外科医院の男性医師と運営法人に対し約8500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、京都地裁であった。長谷部幸弥裁判長は医院側の過失を認め、約6200万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性の妻は2016年4月、転倒して右肩痛を訴えて同医院を受診。脱臼と診断され、局所麻酔を投与されて治療を受けたが、1時間もたたずに容体が悪化して心肺停止となり転院搬送された。低酸素脳症で意識を回復することなく、18年4月に肝臓がんにより69歳で亡くなった。

 原告側は、局所麻酔の中毒によって呼吸や心臓が止まり、低酸素脳症に至ったと主張。麻酔の量や投与の方法、容体悪化後の救護に過失があると訴えていた。医院側は、低酸素脳症の原因は脳幹梗塞などの疑いもあるとして、局所麻酔との因果関係を争っていた。

 判決理由で長谷部裁判長は、麻酔薬の血中濃度などから局所麻酔によって中毒となり、呼吸停止や心停止に至ったと指摘。救急搬送や救護措置を早期に行っていれば呼吸や心臓が止まらなかった可能性は高いとして医院側の過失を認めた。

 原告代理人は「局所麻酔は身近だが使い方によっては怖い面があると判決が示してくれた。不適切な処置の責任を認めていただいたことは意義がある」と話した。

 同医院の運営法人は昨年3月末で解散している。」


共同通信「局所麻酔で昏睡、病院に過失」(2021年11月9日)は次のとおり報じました.

「京都府長岡京市の整形外科医院で2016年、局所麻酔薬を投与された60代女性が医療ミスで昏睡状態になったとして、女性の夫が医院を運営する法人と担当医師に対し、計約8500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は9日、計約6200万円を支払うよう命じた。女性は意識が回復しないまま、18年4月に死亡した。

 判決によると、女性は16年4月、転倒で右肩を痛めて受診。脱臼が確認されたため、医師は局所麻酔薬を注射し、整復手術を行った。その後、女性は心肺停止し、低酸素脳症と診断された。

 長谷部幸弥裁判長は判決理由で「局所麻酔中毒になり心肺停止した」と判断した。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
医療裁判では,被告から他原因の可能性が主張されることがありますが,結果を発生させるに足りる過失行為があれば,他原因が具体的に立証されない限り,過失行為が原因であると認定すべきでしょう.薬剤の感受性には個人差がありますが,投与量や血中濃度等から認定できるでしょう.
なお,医療過誤訴訟では,病院を解説している法人のみならず,不法行為に基づき過失のある担当医を被告とすることができます.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2021-11-10 04:15 | 医療事故・医療裁判