弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「産婦人科診療ガイドライン産科編」の推奨に従って急速遂娩を準備実行する注意義務の違反と結果との因果関係 高知地裁平成28年12月9日判決

高知地裁平成28年12月9日判決(裁判長 石丸将利)は、「産婦人科診療ガイドライン産科編」の推奨に従って急速遂娩を準備実行する注意義務の違反と結果との因果関係を認めました.
なお、これは私が担当した事件ではありません.

「(2) 前記前提事実(3)のとおり、脳に十分な酸素が供給されなくなると、脳に障害を来し、脳性麻痺となることがあり、上記(1)のとおり、原告Aは脳性麻痺と診断されていること、上記(1)アの事実に加え、別紙7≪略≫のとおり、原告Aの心拍数の異常の程度が時間の経過につれて大きくなっていき、出生から1分後のアプガースコアは1点で、出生から5分後のアプガースコアは3点であったこと、胎児血のph値が7より小さいと、母体の中で低酸素状態であった可能性があるところ(前記前提事実(3))、臍帯血のph値は6.80であったこと、産科医療補償制度の原因分析報告書においても、胎児の予備能を超えた子宮収縮の負荷が胎児の低酸素状態を引き起こし、これが持続し、徐々に悪化したことによって酸血症に至ったと考えられるとされていることからすれば、本件後遺障害は、分娩中に低酸素状態となり、これが増悪化していったことによって生じたものと推認することができる。
もっとも、別紙7≪略≫のとおり、午後5時10分頃~午後6時頃は、原告Aの基線細変動は減少しているものの、消失しておらず、胎児心拍数も120~150拍/分台であった。そうすると、その頃は、本件後遺障害を負うような危機的な低酸素状態にあったとまではいえず、遅くとも午後6時頃までに原告Aの低酸素状態を解消することができれば、原告Aは本件後遺障害を負わなかったものと推認される。そして、Dが、午後4時40分頃にクリステレル又は帝王切開の準備に着手していれば、被告病院の急速遂娩を行う体制からすれば、遅くとも午後5時35分頃の時点で、原告Aの低酸素状態を解消することができたことになる。したがって、Dが午後4時40分頃の時点で、クリステレル又は帝王切開の実施の準備に着手していれば、原告Aが本件後遺障害を負わなかったものと推認されるから、Dの過失と原告Aに生じた本件後遺障害との間には相当因果関係がある。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2022-01-27 05:35 | 医療事故・医療裁判