弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

水腎症手術で誤って反対側の尿管を手術(報道)

神戸新聞「腎臓につながる尿管、男児の手術で「左右」誤る 兵庫県立こども病院」(2022年3月24日)は次のとおり報じました.

「兵庫県は24日、2月に県立こども病院(神戸市中央区)で行われた手術で医療ミスがあったと発表した。腎臓に尿がたまる「水腎症」の治療で左側の腎臓につながる尿管を手術するはずだったが、誤って右側を手術した。患者の10歳未満の男児は再手術を受け、経過は良好という。

 県によると、男児は昨年末に来院。泌尿器科の医師は1月に左腎臓の水腎症と診断した。しかし、電子カルテには紹介状の記載をもとに右側の水腎症と登録され、カルテ上の誤りを見落としたまま手術を行ったという。(金 旻革)」


なお,これは私が担当したものではありません.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


by medical-law | 2022-03-24 23:53 | 医療事故・医療裁判