弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

臨床工学技士が医師の指示で皮膚を縫合した件で訓告処分(報道)


時事通信「医師資格ない技士が縫合 手術中、市立病院で―千葉」(2022年06月29日)は次のとおり報じました.

「千葉市立海浜病院(同市美浜区)は29日、昨年7月に全身麻酔で行われた手術中に、医師資格のない臨床工学技士が皮膚の縫合行為を行っていたと発表した。病院は今年3月、患者に謝罪し、同4月に執刀医と技士を訓告処分にした。患者の体への影響はないという。

 病院などによると、昨年7月、患者の体内に埋め込まれたペースメーカーのバッテリーなどを交換する手術で、傷口を閉じる際、技士が針を複数回抜き刺ししたという。
 今年1月、市に匿名の情報が寄せられ問題が発覚。執刀医は病院側の聞き取りに対し、「技士も皮膚の縫合が可能と勘違いし、教育の目的で行わせた」などと説明しているという。
 医師法は医師資格を持たない者の医療行為を禁じているが、病院側は違法性について「患者に実害がなく、弁護士など有識者に相談した結果、刑事罰の対象にはならないと意見をいただいた」と釈明。吉岡茂院長は「技士が業務範囲を超えた医療行為を行ったことを、当院として非常に重く受け止めている」と謝罪した。」


朝日新聞「「知る機会になる」医師資格のない技士が手術で縫合 執刀医ら処分」(2022年06月29日)は次のとおり報じました.

「千葉市立海浜病院(千葉市美浜区)で昨年7月、全身麻酔で行われた手術中に、医師ではなく、医療機器を操作する臨床工学技士が皮膚の縫合を行っていたことがわかった。医師法は医師資格のない者による医療行為を禁じており、同法違反に当たる可能性がある。病院は今年3月に患者に謝罪し、執刀医と技士を訓告の処分にした。

 病院や関係者によると、問題の行為は、患者の体内に埋め込まれた心臓ペースメーカーの部品などを交換する手術で起きた。臨床工学技士は医療機器の操作を専門とする職種で、ペースメーカーが正常に作動するかなどを確認するために参加した。手術の終盤、皮膚を縫合する際に、執刀医が技士と立ち位置を交代。医師のみが行うことができる皮膚の縫合を、技士が行った。麻酔医や看護師など複数人が立ち会っていた。

 この問題は今年1月、市の情報提供制度である「市長への手紙」を通じて情報が市に寄せられて発覚。病院は2月、外部の有識者を入れた医療事故検討委員会を設置して調査し、事実を確認した。その後、病院は3月に患者に謝罪し、4月に執刀医や技士を訓告の処分にした。病院によると、患者に実害はないという。

 病院は朝日新聞の取材に対し、「執刀医が、体内への埋め込み機器の深さなどを知る機会となるだろうと考え、助手を務めていた医療従事者(臨床工学技士)に行わせてしまった」と回答。違法性については、弁護士など複数の有識者に相談し、「患者に実害がないことや、事案の内容をみるに刑事罰の対象にはならず、立件の対象にはならないという見解をいただいた」と釈明した。この技士は聞き取りに対し、こうした行為を行ったのは「今回が初めて」と説明しているという。」

テレビ朝日「“医師資格なし”で縫合手術 職員の「報告」所属長に伝わらず 千葉市立病院」(2022年06月29日)は次のとおり報じました.

「千葉市の病院で医師の資格がない工学技士が、手術中に皮膚の縫合をしていた問題で、手術に立ち会った職員の報告が病院内で十分に共有されていなかったことが分かりました。
 千葉市立海浜病院によりますと、病院で去年7月に行われた心臓のペースメーカーの部品を交換する手術で、終盤に臨床工学技士が患者の皮膚を縫合したということです。
 技士には、医師資格がありませんでした。

 手術に関わった別の職員がこれを疑問に思い、上司に報告していましたが、所属長には伝わらず、病院内で十分に問題が共有されていなかったということです。
 病院は、技師と執刀医を訓告処分にしています。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
医師法第17条は「医師でなければ、医業をなしてはならない。」と定めています.
平成17年7月26日の医政発第0726005号「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」は、「ここにいう「医業」とは、当該行為を行うに当たり、医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、又は危害を及ぼすおそれのある行為(医行為)を、反復継続する意思をもって行うことであると解している。ある行為が医行為であるか否かについては、個々の行為の態様に応じ個別具体的に判断する必要がある。」としています.
同通知は、医療機関以外の高齢者介護・障害者介護の現場等において判断に疑義が生じることの多い行為であって原則として医行為ではないと考えられるものを別紙に列挙していますが、「皮膚の縫合」はあげられていません.

個別具体的な判断になりますが、「皮膚の縫合」は、刺青とは同様に考えられず、患者としては「皮膚の縫合」を医師以外の人には行ってもらいたくないと考えるのが通常と思いますから、先例はありませんが、「医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、又は危害を及ぼすおそれのある行為(医行為)」に当たる可能性が高いのではないでしょうか.
「皮膚の縫合」について医師以外ができるものと考え技師にさせた医師が現にいたのですから、厚労省の通知で「医行為」の内容をより明確にし、「皮膚の縫合」等「医行為」の例を列挙したほうがよいように思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2022-06-29 23:28 | 医療