弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」(報道)

赤穂日報「《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」」(2022年6月28日)は次のとおり報じました. 
 
「○○市民病院(○○院長)で6月28日、2019年から20年にかけて当時在籍していた脳神経外科の同一医師による医療事故に関する記者会見があった。

病院は、約5か月半の間に医療過誤を含む8件の医療事故が相次いだことについて「もっと早く事故に気付ければ被害に遭う方が少なかったのは事実」と非を認め、病院開設者の○○市長や○○・病院事業管理者など病院幹部が「医療事故に遭われた患者、家族の皆様には大変申し訳なく思っている」と謝罪した。

 会見では、これまで「係争中」や「個人情報」などを理由に明らかにしていなかった医療事故8件のリストを公表。今年2月と3月に開催した「院内医療事故調査委員会」で8件とも医療事故であると正式決定したと説明し、医療事故を食い止められなかった要因として、事故報告の遅れや院内ガバナンスの機能不全、不十分な医療モラルなどを挙げた。一方、3月に一旦公表していた「さらに3件の医療事故」については「検証の結果、いずれも医療事故ではなかった」と撤回した。

 事故調が医療事故から2年以上経つまで開かれなかった理由を「医療安全推進室としては(○○)院長に事故調を開くべきと進言していたが、院長の判断で開かれなかった」(○○副院長兼医療安全推進室長)と弁明。それまでは「院長が非公式に検討」を繰り返していたという。2021年3月から6月にかけて「公式的な会議」として「検証会議」を3回開いたと明らかにしたものの、メンバー10人の中に脳神経外科の専門知識を持つ者は一人も「入っていない」とした。

 昨年12月に「8件とも実施した」と発表していた外部検証は「専門性が高い脊椎系」の3件のみで、残りの医療事故は院長や同病院の外科医による内部検証だったことを認めた。外部検証の専門医が「損傷の原因は稚拙で荒いドリル操作につきる」「基本的な確認作業ができていない」などと指摘した2019年10月の医療事故(75歳女性患者の手術中、ドリルで頸髄を損傷)について、「ドリルの操作は確かに稚拙だが、間違った手順でオペを行ったわけではない。過誤と言うほどのものではない」と改めて過失を否定した。

医療事故を起こした男性医師(44)=2021年8月で依願退職=が、手術と侵襲的検査を中止するよう院長から指示された2020年3月1日以降も指示に反して手術1例と複数の侵襲的検査を行っていたことを明らかにし、手術室にいたスタッフらが男性医師が手術や侵襲的検査を禁止されていることを知りながら誰も止める者がいなかったと認めた。また、違反して行われた検査について「総数はピックアップしているが、正確な件数はこの場では伝えられない」「正直なところ、どういう考えでやっていたかは把握できていない」と調査の不十分さを露呈した。

 男性医師を採用した目的を問われ、「当時は脳神経外科の常勤医が2人で、さらに良い治療、例えば救急対応が可能になると考えた」(○○事務局長)と答弁。採用時に男性医師の実績や経験を調査したかどうかについては「個人情報なので回答を控える」として明らかにしなかった。

医療事故の検証結果報告書をめぐり、男性医師の上司にあたる脳神経外科の科長が「虚偽の公式文書を提出した」として、別の報告書を提出したとされる問題では、「二つの文書が存在することは事実」(○○氏)と認め、「医療安全から聞いた話によると、当時診療科長と当該医師との人間関係でかなりトラブルがあった」と語った。

医療事故の患者への説明については、「病院としては説明したものと認識している。もし、不十分であれば、改めて説明するし、不十分と言われる批判は甘んじて受けるつもり」と述べた。また、裁判所に医療事故報告書などを資料提出することや記者会見を開くことを患者側に伝えていなかったことがわかり、「改めるべきであれば改める。今思えば伝えるべきだった」(○○氏)と反省した。

「今後の対応」として、▽リスクマネジメントおよび院内ガバナンスをこれまで以上に機能させるため、医療安全対策実施要項の改訂を行い、全職員への周知と浸透を徹底する▽ガバナンス検証委員会の報告提言を踏まえ、安全安心な医療の提供へ一層の取り組みを行う―と語ったほか、現在係争中となっている医療過誤訴訟について、「すでに過失は認めている。裁判の長期化を回避することで原告の負担の軽減を図ることができるのではないか」などとして和解を申し出る意向を示した。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
医療事故、医療過誤が多発することにも問題がありそうですが、それらに対する対応にも問題がありそうです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2022-07-05 04:06 | 医療事故・医療裁判