弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

県立病院の医療過誤2件(報道)

神戸新聞「肺がん疑いを見落として患者死亡 兵庫県立尼崎総合医療センター 検査1年後「ステージ4」判明で手遅れに」(2022年9月16日)は、次のとおり報じました。

「兵庫県は16日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)で、男性患者への検査で肺がんの疑いが見つかったのにもかかわらず、担当医が報告を見落とし、後に患者が死亡したと発表した。検査の1年後にミスが判明したが、回復が望めない段階まで症状は悪化していた。県は遺族に賠償金450万円を支払う。
 県病院局によると、2018年5月、副腎腫瘍の治療中だった70代の男性患者=大阪府=にコンピューター断層撮影(CT)検査を実施。放射線科医が肺に2センチ程度のこぶを見つけ「肺がんの疑い」と報告書の所見欄に記入したが、担当する泌尿器科医が電子カルテ上の確認を怠ったという。
 男性は翌19年5月、自動車の自損事故で同センターを受診。その際に担当した別の医師が電子カルテの所見に気づき、再びCT検査を行ったところ、ステージ4の肺がんと診断された。男性は治療を受けたが、20年6月に死亡した。

 また県は、昨年8月に県立がんセンター(明石市)で起きた腎がんの医療事故を巡り、60代の男性患者=神戸市=に賠償金650万円を支払うことで合意したと発表した。腫瘍の位置を見誤って手術し、問題のない腎臓を全摘出していた。(金 旻革)」


上記報道の件はいずれも私が担当したものではありません。
がん自体が多いこともありまsが、がんをめぐる医療過誤も依然として多いようです。
実効的な再発防止策が必要です。

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2022-09-17 00:53 | 医療事故・医療裁判