弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

「喫煙所コミュニケーション」の崩壊

英国で約9000人を12年間追跡したコホート研究で、喫煙者は年齢を重ねるほど非喫煙者に比べてより社会的に孤立して孤独になっていると報告されています。 喫煙は、高齢者の社会的孤立と孤独感の増大と関連しており、喫煙が心理社会的健康の側面に悪影響を及ぼすことを示唆しています。
Relationship of smoking with current and future social isolation and loneliness: 12-year follow-up of older adults in England

石田雅彦氏の「『喫煙所コミュニケーション』の崩壊、喫煙と孤立を考える」は興味深い記事でした。

「孤立している人がタバコを吸い始めるのか、タバコを吸うから孤立するのかはわからないが、何らかの関係があるのは確かだ。」「これから必要になるのは、そうした孤立した喫煙者をどう考えていくべきかだだろう。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



by medical-law | 2024-02-17 14:12 | タバコ