弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 09月 05日 ( 2 )

無過失補償制度,北海道新聞社説,『医療事故補償 原因の究明あってこそ(9月5日)』 

無過失補償制度,北海道新聞社説,『医療事故補償 原因の究明あってこそ(9月5日)』 _b0206085_17535941.jpg無過失補償制度は,「原因究明と両輪」か,それとも「被害者の口封じ」か,考え方が分かれています。
北海道新聞は,本日の社説で,「補償だけでなく、謝罪や原因追及があってこそ、被害者や家族は心にひと区切り付けられる」「医療界も原因を究明できなければ、再発防止に役立たない」ということから,前者の考えから以下の社説を述べています.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

「医療事故で死亡するか、重い障害が残った患者とその家族に、医師の過失の有無にかかわらず補償金を支払う無過失補償制度の検討が厚生労働省で始まった。

 医療事故は患者側が損害賠償を求め民事訴訟を起こすにしても、立証に時間や労力がかかるのが悩みだ。
裁判を経ずに補償されれば、患者側の負担も減り、支払いも迅速になる。補償条件や金額、手続きなど具体的な制度設計を急ぐべきだ。
無過失補償はあらゆる医療行為が対象となる見込みで、患者側は認定する機関に申請し、基準に基づいて補償金を受け取る。支払いを優先し、事故責任は追及しない方向だ。

 産科の一部では2009年から、無過失補償を導入した。出産をめぐり訴訟になる例が多かったためだ。
出産事故で脳性まひとなった子どもの家族に、3千万円を支払っている。7月末までに192件の補償が決定するなど制度が定着してきた。

 問題は補償の財源だ。
産科では、運営組織の財団法人が出産1件当たり約3万円を保険料として病院から徴収。病院は健康保険の支払いで賄っている。
今回の制度はすべての医療行為が対象となるだけに、産科と同じ仕組みとはいかないだろう。
日本弁護士連合会は、国や医療機関、医療機器メーカーなどからの拠出を提案している。
巨額の財源を想定するならば、関係者が相応の負担をする考えは検討材料の一つになる。ただ、産科が実質、健康保険で補償していることとの整合性をどう取るのか。さらに議論を深める必要がある。

 無過失補償に対しては、患者から「金で口封じされるのでは」との懸念も出ている。産科補償を受けた患者が事実経過の説明が不十分として、提訴した例があるからだ。

 補償に重きを置くあまり、原因究明や再発防止策がおろそかになることがあってはなるまい。

 政府は08年、業務上過失致死で起訴された産婦人科医が無罪となった福島県立大野病院事件を受け、捜査機関によらない「医療版事故調査委員会」を検討した経緯がある。
しかし、カルテ改ざんなど悪質なケースについて、委員会による警察への通報を認めたため、医師の一部が反発し、法案化が棚上げされた。

 補償だけでなく、謝罪や原因追及があってこそ、被害者や家族は心にひと区切り付けられるという。

 医療界も原因を究明できなければ、再発防止に役立たないだろう。

 政府は事故調の権限や内容について医療関係者と早急に議論すべきだ。無過失補償と原因究明は、車の両輪であることを肝に銘じてほしい。」


谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-05 17:42 | 医療事故・医療裁判

旭川市の病院,医療過誤を認め示談(酸素を送るチューブを食道に入れた事案)

旭川市の病院,医療過誤を認め示談(酸素を送るチューブを食道に入れた事案)_b0206085_11422213.jpg◆ 報道

北海道新聞「医療ミスで植物状態に ○○病院、5400万円賠償で合意」(平成23年9月5日)は,次のとおり報じました.

「○○病院で昨年2月、医師が手術直後の男性患者に対し、酸素を体内に送るチューブを誤って食道に入れる医療ミスがあり、患者が植物状態になっていることが4日分かった。損害賠償として約5400万円を患者側に支払うことで合意した。

 市は6日開会の定例市議会に関連議案を提案する。同病院は「あってはならないミスで大変申し訳ない。医師の技術向上を図り、再発防止に努めたい」(事務局)と話している。」

◆ 感想

経管栄養チューブの気管支への誤挿入事故で罰金30万円(盛岡略式命令平成14年12月17日),罰金50万円(富良野略式命令平成16年4月2日)に処せられた例がありますが(飯田英男氏著『刑事医療過誤Ⅱ増補版』),この逆の例をはじめて知りました.逆の場合は,普通すぐに気がつくのではないかと思いますが,本件は酸素がいっていないことに気付くのが遅かったようです.

酸素を体内に送るチューブを誤って食道に入れたことは,注意義務違反にあたります.
その注意義務違反に因っていわゆる植物状態になったのですから,因果関係も認められます.
したがって,○○病院を開設している市には損害賠償義務があります.
このような医療過誤があったことは残念ですが,示談によって早期に解決できたことはよかったと思います.

【追記】
朝日新聞「酸素チューブ誤挿入 ○○病院、賠償」(平成23年9月6日)は,次のとおり報じました.

 「○○病院は5日、医療ミスで男性患者が植物状態になったとして、患者側に損害賠償として約5400万円を支払う方針を明らかにした。市は同日の市議会運営委員会に報告、6日開会の市議会に関連議案を提出する。

 病院によると、昨年2月18日、30代の男性患者が内臓手術を受け、いったん意識が戻った後に突然呼吸困難になった。医師が酸素を送るチューブを気管でなく、過って食道に挿入していたことに気づき、約8分後に気管に入れ直したが、患者は昏睡(こんすい)状態になった。

 患者はその後も意識が戻らず、昨年10月に植物状態である遷延性意識障害と診断された。病院は医療ミスを認め、患者側に謝罪。示談の話し合いを続け、生涯給や慰謝料などを考慮し5476万円を支払うことで1日に合意した。

 事務局長は「医療態勢を強化し、再発防止に努めたい」としている。」


医師には,挿管に際し,(食道ではなく)気管に正しくチューブを挿入するという注意義務があります。挿管が難しいからと言って,この注意義務がないということにはなりません.医師が胸の膨らみ等をみるなど通常の注意を払うことで誤挿入は避けられるはずです.いくら気管と食道の位置が近いといっても,医師はそのことを十分承知しているはずです.
医師がその注意義務に反し誤挿入した場合は,その医師に注意義務違反があると言えます.

いったん誤挿入をしたが,ただちに誤りに気づいて,気管に正しく挿入し,何らの問題が生じなかった,という場合は,医療過誤として責任を問われることはありません.この場合,結果(損害)が発生していないからです.

次に,医師Aが誤挿入をし,医師Bが誤挿入にただちに気づかず気管に正しく挿入し直したが,結果(損害)が生じたという場合を考えてみましょう.

挿管しても,呼吸状態が改善しないという場合,複数の原因が考えられます.誤挿入の可能性も考えねばならないでしょうが,まさか誤挿入しているとはすぐに思えない場合もありますし,挿管やり直しにもある程度の時間がかかります.
誤挿入に気づくまでの時間,挿管やり直しにかかった時間がそれぞれ合理的なものであれば,医師Bに注意義務違反はありません.
この場合,医師Aの誤挿入が結果と因果関係のある注意義務違反となります.

これに対し,医師Bにも注意義務違反が認められる場合は,「医師Aの注意義務違反と結果との因果関係」,「医師Bの注意義務違反と結果との因果関係」がそれぞれ具体的事案に即して問題になります.

ただ,何れにしても,「挿管後に呼吸状態が改善しないときは誤挿入の可能性も含めて確認行為が行われ,誤挿入しても,確認行為後に正しく挿入され直されるから誤挿入自体は注意義務違反ではない」という主張があるとすれば,その主張は誤解を招きかねません.

また,診療契約は準委任契約で,結果を約するものではないから,誤挿入しない,という注意義務がない,という主張があるとすれば,これも謬論でしょう.チューブを挿入するとき注意して気管に入れるという義務があるはずです.気管内挿管で,注意してチューブを気管にいれる注意義務がないとは,私にはとうてい考えられません.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-09-05 11:36 | 医療事故・医療裁判