弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2011年 10月 04日 ( 2 )

第16回チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ

第16回チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ_b0206085_824441.jpg

平成23年10月3日,第16回チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループの会議が開かれました.
厚労省は,特定看護師養成のたたき台を提示しました.
資料は,昨日,厚労省のサイトにアップされました.
着々と進んでいますが,特定看護師が医療現場で本当に必要なのか,本当に医療にプラスになるのか,考えてしまいます.医師不足を前提とした特定看護師養成より,医師不足解消に力を傾いだほうがよいように思えてなりません.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-04 08:17 | 医療

海外製薬会社大手が日本事業を強化

海外製薬会社大手が日本事業を強化_b0206085_5451069.jpgWSJ「海外製薬大手が日本事業強化─新たな収入源求め」(2011年 10月 3日)は,ファイザー,メルク,ノバルティス,イーライリリーなどの海外大手製薬会社は,欧米市場での製品ラインの陳腐化と価格圧力の高まりを受け,先進国で最も高齢化が進んでいる日本市場をターゲットとして販売を強化している,と報じています.
日本のほうが欧米より価格圧力が低く,市場として魅力的なのです.
同じ薬剤の副作用報告に対する欧州,米国,日本の対応を比較すると,日本が最も対応が遅く,添付文書の警告も緩いので,製薬会社にとって日本は魅力的なのです.

新薬承認期間が短縮されることで,海外製薬会社は,日本市場への新薬販売がより容易になります.
独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」は4年前の260人から約280人増員しました.その結果,承認期間は2010年度には18.6カ月にまで短縮され,今後さらに短縮されることが見込まれています.

このようにして,製薬企業が売りたい薬については承認の迅速化が進むでしょうが,患者がほしい薬が迅速に承認されるとは限りません.

また,海外とのドラッグラグが解消されると,海外での市販後の副作用集積をみる時間がなくなります.市販されたばかりの薬は,副作用が懸念されますので,慎重な使用を考慮すべきでしょう.とくに,効きがよいとされる薬は,重大な副作用がある可能性が考えられると思います.

谷直樹
下記バナーのクリックを御願いいたします.クリックは一日一回有効です.7日間のクリック数合計が順位に反映します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-10-04 05:31 | 医療